はじめに・・・

 

この項目はエッセイのような記事集です。
2019/05/31現在、上から60本、50本、50本、10本、5本、計175本の記事が掲載されております。
(最終目標10000本)
各記事のテーマ(タイトル)は一部を除き、サイト管理者が草案、実際の記事の一部はプロのライター集団が書いております。
一部不適切な内容があるかもしれませんが、あくまで話のネタです。
その旨ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。
※topページの画像はフリー素材

 

株式会社インベスの不動産事業関連記事

 

三重県鈴鹿市の不動産売買の現状(2018)

現在三重県鈴鹿市にある住宅数は約75000ほどとなっています。その中では木造住宅が約50000戸となっていて、ほとんどが木造住宅ですが、鉄筋コンクリート増の割合も意外に多いものです。築20年以内の新しい住宅数は約30000件ほどとなっています。地盤改良や建物の強度、耐久性の部分やペアガラスなどの省エネ、快適性を大幅に向上することが普及してきたことはここ20年ほどといえます。そのためまだまだ住宅の質の面では安全で快適な住宅の割合は少ないと言えるでしょう。三重県鈴鹿市の不動産売買の現状としてはまだまだですが、これから少しずつ需要が伸びてくることでしょう。
もしも三重県鈴鹿市で不動産売却をする場合には、実際に利用していられる価値を引き継ぐことを考えることが大切です。住宅を売却する理由は様々ですが、例えば親が住んでいて相続したけれども必要ないため処分する、転勤で引っ越しをする、離婚をするため売却したいなど様々な理由があります。これらに共通していることができるだけ高く売りたいということであり、非常に大きな金額が動くことになるので当然のことと言えるでしょう。高く売却するためには不動産業者ももちろん大きな影響を与えますが、それとともに売却する側の心構えや努力も大きく影響することです。また購入者の立場で考え、自分の家が商品としてどのように映るかを知ることも大切です。購入者は多くの物件で比較しながら真剣に住宅を検討することになります。高く売却するためにはほかの物件に負けないような商品としての価値を作ったうえで、その魅力をしっかりと作る必要性があります。また商品としての価値は周りの状況に大きく左右するといえます。駅からの距離や土地の広さ、小学校までの距離などの環境、建物の築年数や間取り、設備などの要素を基準に総合的に判断することになるでしょう。近年では三重県鈴鹿市でも新築住宅や分譲用地が多数販売されるようになりました。事前に売却する不動産の強みや弱点などを整理したうえで、しっかりと吟味することが求められます。

家を買う時に注意したい事

家を買う際には物件に関する情報収集から着手していく事になりますが、今日において優れた情報を多く手に入れられるのはインターネットのウェブサービスであるため、ポータルサイトなどが運営している不動産に関するウェブサービスを利用しましょう。
ただし、ポータルサイトで取り扱われ掲載されている情報は比較的大手ハウスメーカーの住宅や人口が多いエリアに存在している物件が多い傾向にあるため、地域に根ざした環境を求めているのであれば狭い範囲に対して届けられるチラシの情報を参考にするのも良い手段です。
また、家を買うという事のみは決定しているものの、実情について漠然としている場合は、情報収集を行っていると自然に相場や不動産に関する実情について知識が深まってくるので、新築一戸建てや中古一戸建てもしくはマンションなどへの切り替えもできるようになります。
そして、一言でハウスメーカーとは言っても各社により得意不得意が大きく異なるので、自身や家族が望んでいるデザインや仕上がりを完成させるために一千万円で済ませられるハウスメーカーがある一方、同様のデザインや仕上がりを望んだ場合には費用が数千万円にまで膨れ上がってしまう事例もあります。
そのため、家を買う時にはできるだけ多くのハウスメーカーからカタログを取り寄せるといった事を行うようにし、十分に時間をかけつつ各社の強みと自分達の理想が合致しているメーカーを選ぶようにしましょう。
情報収集により目に付いた物件がある場合、買う家が中古一戸建てであれば実際の物件の中に足を踏み入れて確かめられますし、新築一戸建ての場合でもモデルルームなどでよく似た物件を内見する事ができます。
内見時に注意して確かめるべき事は、現在の住まいで使用している家電や家具のサイズをきっちりと採寸してから訪れるようにする事です。
採寸せずに買ってしまったため、いざ家電やベッドなどを入れようとした時に入れられないという事例は少なくないですし、合わせてコンセントの数や周辺エリアの環境にも抜かり無く目を向けましょう。

日本全国の不動産業界の現状(2018)

日本全国で見た場合の不動産業界の現状はあまりいいものとは言えません。
近年は投資ブームやオリンピックの需要もあり、価値のある不動産は人気をして更なる可地の上昇をしていますが、その一方で人気のない場所は全く手付かずの状態となっています。
たしかに将来的に値が上がりそうな不動産に関しては需要が高まっていますが、値上がりが期待できないような物件に関しては、余っているのが現状です。
不動産の最大のデメリットは換金性が悪いという点にあり、手放したくなった時に手放すことができない不動産は資産ではなく、負債になってしまうおそれがあります。
それだけにすぐに売れる不動産は資産として安心して購入をすることができますから買い手が殺到しますが、逆に売りたくても売れないような不動産は余程のことがない限り売ることが難しくなってしまいます。
このような状況であることから、不動産業界の現状はちょっとしたバブルが到来をしているところと、そうでないところの二極化をしていると言えるでしょう。
また、これはあくまでも現状での話であり、今現在調子の良い地域であってもこれから先の見通しは必ずしも良いものではありません。
少子高齢化社会によって、不動産が余ることを指摘されているだけに、今の状態が続けば不動産の需要はほんの一部だけとなり、どんどん余っていくことが予想されています。
現状では人気をしている場所であっても、10年、20年後にはどうなっているか予想がつかない部分もあり、決して安心をすることができない状況です。
長らく景気が低迷をしていた時期を考慮すれば、日本全国の不動産業界の現状は改善の兆しが見えると言えますが、まだまだ決して先が明るいわけではないというのも事実です。
明るい話題がまったくなかった頃から比べればだいぶ活気を帯びてきましたが、だからといって不動産業界の現状は好転したというわけではないので、楽観視しすぎず悲観しすぎずというのが一番良いでしょう。

売れる不動産、売れない不動産

社会の少子高齢化により従来よりも売りに出される不動産の数が増えていますが、売りに出されてからすぐに売れる物件がある一方で、長年にわたって売れない物件に分かれています。
速やかに売れる物件と売れない物件に分かれる様子は、一度に多くの物件が売りに出される建売住宅でも見られ、建売住宅の場合は特に差異が顕著になります。
たとえよく似た状況である事例でも売れる不動産と売れない不動産には細部に様々な差異があり、販売を開始してから長年にわたって売れないどころかお問い合わせや内見さえ無いという場合は、最初にきっかけになる販売価格が相応しくない可能性が高いです。
販売価格に問題があるため買い手がつかないという事は原因が販売価格にあるので、値下げが問題を解決させるために有効的という事になりますが、不動産の場合安易に価格を下げてしまうのは逆効果に繋がってしまいます。
その理由は売れないからと言って短期間の間に価格の見直しが行われると、消費者にとっては売れ残りの不動産という印象が尚一層強まるためです。
そのため、売りたいという気持ちが強く焦燥感に駆られていたとしても、安易に価格を下げないように注意し下げるのであれば、現状の販売価格が相場など様々な観点から考慮した結果、適正価格ではないと判断した時にしましょう。
そして、一度に同一の物件が多く建築されたのにも関わらず、一部の物件が売れないという建売住宅の現場ならではの問題に見舞われている時は、対象となる不動産が存在している立地が悪影響を及ぼしている可能性があります。
各所により影響は異なりますが比較的多いのは日当たりと風通しが悪い事や、時間帯により高層マンションによって生じる影の中に入る時間帯が多い問題です。
他にも線路が近い場合には電車が通過するたびに騒音や振動、乗客からの視線が気になるため売れない傾向にありますし、鉄粉により不動産や自動車が傷みやすいという懸念材料も持たれやすいです。

不動産売買におけるAIの有効性について

近年では様々な分野でAIが利用されていますが、近年では不動産業界にもAIの浸透の流れが見られます。不動産売買におけるAIの有効性としては、売買価格を適正に算出できることです。まず最初に2017年4月に、AIがマンション売却価格を予想し自動で算出するシステムの提供が開始されました。これはその企業のウェブサイトで利用することができるシミュレーターで、マンションの売却希望者は住所や専有面積などの情報を入力することで、売却予想価格を自動で算出してくれるものです。このことからもわかるように、不動産業界では人工知能やビッグデータなどを活用した動きが急速に広がりつつあります。一般消費者と不動産会社をより身近にするようなサービスも展開されています。チャット型のQ&Aサービスで、不動産の購入や売却などを検討している、希望する顧客の疑問に対し、AIが24時間にわたりいつでも回答してくれるというものです。通常のチャットのように自分で質問を入力するだけではなく、事前に用意されている選択肢の中から自分が必要となる項目を選択することも可能です。不動産会社へのアクセスは心理的なハードルが高いと思われがちですが、導入することによって気軽に実現するサービスにもなります。
さらには不動産仲介にもAIの有効性が重要視されています。これまではインターネットを使った不動産の仲介ができませんでしたが、これは法律により契約の重要事項説明について、店側と顧客が対面で行うことが義務付けられていたからです。しかし2017年10月にインターネットでも説明できるように変更する方針が出ていて、これによりAIの有効性は更なる追い風になるといえるでしょう。AIを導入することによって、不動産業界は利便性の高いサービスが次々と生まれてくるといえます。だれの目にも明らかである客観的なデータにのっとった不動産算定が常識になれば、高い不動産売買にもつながり、顧客にとってはより購入しやすい環境が生まれるでしょう。

不動産業における接客対応の重要性について

不動産業において接客対応は非常に重要です。不動産業はユーザーが望む不動産情報を提供することが不動産業に携わる人の役割と言えます。駅から近くて家賃が手ごろな賃貸を見つけたい、自分の希望に合った手ごろなマンションを見つけたいなど様々な希望を持つユーザーがいることでしょう。不動産業に携わる人たちにとって大きく必要となることは、豊富な不動産に関する知識や情報、そして相談者目線を大切にする接客であるといえます。そのため接客対応の重要性は非常に高いと言えるでしょう。不動産業の接客対応として、元気な挨拶や気持ちの良い笑顔も大きな条件の一つと言えます。しかし一番に求められることは希望に合った、理想に近い住まいを提案することであり、そのためには顧客の条件を聞いたうえで、それに合う物件を探すだけではできません。特にこれまでに一人暮らしの経験がない学生などに対しては、住まい探しについては慣れていないだけではなく、自分にとってどのような住まいが良い住まいなども分からないものです。それに対ししっかりと見極めてあげることも不動産業の務めと言えるでしょう。趣味などを聞き出すことによって、もしもスポーツが趣味であれば近くにスポーツジムがある物件などの隠れたニーズも引き出すことにつながります。不動産に関する質問でなくても、さりげない会話の中からどのようなものを求めているのかを探し出すことも大切な接客テクニックと言えます。
希望する物件や求める条件については人それぞれですが、属性によっても情報が持つ意味は異なります。もしも学生であれば電車やバスなどの交通機関、リーズナブルに利用できる飲食店、落ち着いて勉強できる環境にあたる図書館などの施設情報があれば魅力的なポイントとなります。女性の場合には夜間に道路には外灯が設置してあるのか、ショッピングを楽しめる施設があるのかなどの情報があれば、安心して充実した生活を送ることにつながります。このような属性ごとに的確なニーズを提案し、より良い情報や知識を提供するといったきめ細やかな接客対応を行うことにより、この会社に依頼してよかったと思われることでしょう。

不動産売買のインターネット宣伝、その秘策

不動産を管理取り扱いし不動産売買を行っているものの売買契約が理想的に成長させられない場合には、インターネットを利用してインターネット宣伝を行えば売買契約数を成長させる事ができます。
インターネットは日本国内はもとより世界中と繋がっているため、従来のチラシなどの訴求力を遥かに凌ぐ影響力を有していますし、昨今ではスマートフォンでウェブサイトの閲覧をするユーザーも増加傾向にあるので、スマートフォンに搭載されているGPS機能により、地域に根ざした不動産売買業者がピンポイント的に表示させられるようになっています。
そうしたGPS機能の活用により訴求力が広範囲である一方、地域密着型の不動産売買には適していないという問題点が解消されたので、インターネット宣伝は今日において最も効率的かつ効果的なアプローチ方法です。
ただし、インターネットの世界というのは非常に広いですし、広い世界にあらゆる情報が存在しているため、自社の情報を公開しても目にして頂ける機会が少なくなってしまう恐れがあり、情報を求めている方と届けている方が円滑にマッチングさせられるよう、不動産売買のウェブサービスを利用するのが秘策です。
特に情報を求めている方が利用する傾向が高いのが、検索エンジンや様々な情報を提供しているポータルサイトが一つサービスとして提供している不動産売買のサービスに登録する事です。
ポータルサイト自体が既に高い知名度を有しているが故に多くのアクセス数を誇っているので、インターネット宣伝を開始して間もない不動産売買業者でもすぐに大勢の方々から情報を見て頂けます。
しかも、ポータルサイトは知名度が高い様子から必然的に信頼性も高く感じられており、名が知られているポータルサイトのウェブサービスに登録されている情報であるため、信頼性を高く評価して頂けるきっかけにもさせられます。
さらに、ウェブサイトに限らず各種SNSも活用し積極的かつ楽しい投稿を行い、一つのブランドに成長させる事も高いインターネット宣伝を実現させるための秘策です。

不動産業とオリンピックの関係

オリンピックは開催地やその周辺に大きな経済効果をもたらします。激しい招致合戦の裏にはそのような背景があるのですが、どれだけのプラス効果があるのかは業界によってさまざまです。そのなかでも特に大きく関係している業界として不動産業が挙げられます。オリンピックの候補地となっただけでも変化が生じ始めますが、開催地に決定すると地価の上昇が起こるのが一般的です。メインの競技が行われる場所では、地価の上昇を後押しする要因がたくさんあります。
たとえば、土地の希少価値が一気に高まることもその一つです。競技場を設立したりインフラを整えたりするために、多くの土地が使われることになります。その結果、あまっている土地がほとんどなくなり、必然的に地価は上がっていくことになるのです。また、会場の付近ではいろいろな需要が増えることも大きな要因となっています。開催期間中に宿泊客が増えるのはもちろんですし、食料品をはじめとしていろいろな物の売れ行きが伸びると予想されます。したがって、開催前からビジネスチャンスを狙って多くの人が集まってくるので、早い段階から経済効果が生じることも珍しくありません。もちろん、それに伴って地価も上昇することになります。賃貸物件のニーズが高まって、それまでより遥かに高い家賃水準になることも多いです。
人が少なくて不人気だったエリアも、何らかの競技の開催地に選ばれるだけで人気が高まりやすいです。国内だけでなく、海外の不動産投資家による買い占めが生じることも少なくありません。ただし、このような景気が良い話ばかりではないので注意しなければなりません。オリンピックが閉会したあとは、地価が下がっていく傾向があるからです。マンションの価格が大きく下がってしまうことも問題視されています。不動産業の活性化を一過性のものにしないためには、オリンピックの後の土地や物件の活用について検討していく必要があります。

消費税増税前の不動産購入の注意点について

現在は消費税が8パーセントとなっていますが、平成31年10月に消費税が10パーセントにアップすることが決定しています。住宅を購入することは高額な出費であり、消費税だけのかなりの費用になることから、増税前に不動産購入を考えている人いることでしょう。しかし消費税増税前に購入しなければならないと焦って購入してしまえば、後々後悔することにもなるでしょう。そのためあらかじめ増税前の不動産購入に当たり注意点を把握しておく必要があります。
まず最初に契約書はいつまでに締結すればよいのかということです。消費税は引き渡しの時点で消費税率が適用されることになります。住宅を新築し8パーセントの消費税の適用を受けるためには、消費税増税前に引き渡しを受けなければなりません。しかし平成31年4月1日までに契約が締結されたものに関しては、引き渡しが増税後であろうとも8パーセントの税率が適用されることになるため、大慌てで購入する必要はありません。
そしてそもそも住まいに関する消費税については分かりにくい部分があるため注意が必要です。住宅を購入する際には土地の価格と建物の価格を支払うことになりますが、この場合土地には消費税はかかりません。もしも新築のマンションや建売住宅などを購入する場合には、通常であれば土地と建物の価格が合計された金額となっています。そのうち消費税の対象となるのは建物の価格部分だけです。もしも売買価格が4000万円であり、そのうちの建物が2000万円であるならば、消費税は10パーセントの200万円ということになります。
そして一番大切なことは、増税後の購入でも特に問題はないということです。消費税が上昇すると需要が減少するので価格は減少傾向にあります。また東京オリンピックに向けて現在の建設コストが高めになっているのが実情です。大きな金額を支払うことになる住宅なので、焦って購入することが一番問題であり、資金計画をしっかり立ててからそれに沿ったものであればあわてて購入するよりも非常に安心です。

一生の買い物=家について

若い頃や独身時代には賃貸物件を転々と引越しを繰り返していたという方でも、マイホームを構えるのは一生のうちに一度という割合が圧倒的に高いものです。 つまり、家というのは一生の買い物と言う事ができる大イベントでありますが、大イベントであるのにも関わらず購入に際して十分に話し合いや計画が行われず理想と異なる家に仕上がってしまったり、賃貸物件で暮らしていた時よりも不便な生活を強いられる恐れもあります。 家の満足度が低かったり不便を感じながら日々の生活を営んでいると、人生そのものの満足度が低いものになってしまうため、家を買う場合には一生の買い物であり、これからの生涯を住み続ける場所であるという意識を強く持ちながら購入計画を進めていく事が大切です。 マイホームを購入する方で圧倒的多数派なのは家族連れであり、少なくとも夫婦2人という家族形態なのですが、中には一つ屋根の下で生活を共にしているのにも関わらず、全く家族間での話し合いが行われていない場合も少なくなく、話し合いが行われていない場合はやはり完成後に不満や不便を感じやすい傾向にあります。 そのため、建売住宅ではなく注文住宅を選択し一からを計画を立てて完成を目指すという場合には、おおよそでも構わないので生活する方々のお部屋の広さなどを聞き取るようにしましょう。 また、一生の買い物であるという様子からもわかる通り目先の事ばかりを考えてしまうのは禁物であり、たとえ予算にあまり余裕が無いとしても提示された初期段階の金額のみで判断しないようにするのもポイントです。 一生にわたって住み続ける物件であるという事は、大切に利用し丁寧に生活をしていたとしても、あらゆる要因による経年劣化は避けられません。 経年劣化が生じると手遅れにならないようにできるだけ早くメンテナンスを施す必要がありますが、初期段階の金額が安価である場合はメンテナンス時に相場よりも大きな出費が迫られてしまったり、複雑な工事をしなければならない恐れに見舞われます。

北海道の不動産売買の現況(2019)

日本における不動産売買にて好調なのは、東京などの大都市圏であるという認識が広く一般的に周知されておりデータにも反映されているものの、全国的に見ても唯一無二の不動産売買の現況を見せているのが北海道です。
特に北海道にあるニセコエリアは、2018年に公表された公示地価上昇率においてベスト3を独占しているほどの勢いを見せており、今後も尚一層勢いと人気が強くなっていく事は必至です。
北海道のニセコエリアが公示地価上昇率のベスト3を独占している様子と、今後も人気が安定的に継続する理由は外国人の投資家が有する潤沢な資金が投資されているためです。
1つのブランドとして確立したニセコというのは、ニセコ町と倶知安町の2つの町を跨るようにして存在しているエリアの事を指し、人口はおよそ2万人というコンパクトな町です。
人口がおよそ2万人のコンパクトな町に海外の投資家が中心となり潤沢な資金を投資しているのは、世界的な広い視野で見ても稀有な優れたパウダースノーが関係しています。
ニセコが有するパウダースノーの質については地元の方々には古くから高い評価を得ていましたが、2000年から海外のスノーボーダーやスキーヤーから注目を集めるようになり、講じたインバウンド戦略も効果も相まって国際的な認知度をより一層高めて確固たるものになりました。
そのため、2017年に記録された訪日観光客の数はニセコエリアのみで27万人を記録しているほどであり、27万人もの訪日観光客を収容すべくホテルの建設も活発です。
つまり、北海道のニセコエリアで特徴的なのは移住や別荘を目的とした不動産物件の不動産売買の他に、ホテルなどの宿泊施設への投資も非常に活発に行われている様子です。
また、ニセコは自然が豊かな環境であるものの北海道で最大の規模を誇る札幌市との距離がそう遠くないという事もあり一戸建て物件の不動産売買も活発ですし、同様にニセコへのアクセスを思慮して札幌市に拠点を構えるという需要も高いです。

青森県の不動産売買の現況(2019)

青森県の不動産売買の現況はあまり芳しいものとは言えません。
元々人の多い地域では無いことに加えて、不況を理由に県外に出ていってしまう人が多く、青森県で新たに不動産売買をしようとする人が減ってきているためです。
他の地域に出ていくために所有している不動産を処分したいという人や、高齢を理由に老人ホームなどの施設に入居をするため不動産を手放すことを考えている人の売りはありますが、買い需要は多くありません。

 

もちろん、まったくないわけではありませんから、青森県の中でも需要のある場所の不動産であれば売れないということはありませんが、いくらでも手に入るような場所であるとなると、不動産売買は活発ではない状況となっています。
これは青森県に限った話ではなく日本全国あらゆる地域で言えることではありますが、特に青森という位置を考えると厳しい問題となります。
本州の一番北側にあり、他の地域に比べて利便性に劣る面があります。
青森だからできるというものがそれほど多くなく、県外からわざわざ移住をしてこようとする人や不動産を購入したいという人が少ないことに対して、圏外に出ていこうとする人の数が多いことから、どうしても売りと買いの需要の均衡は取れにくいものとなってしまいます。
東京への一極集中が常に問題視される現代の日本において、その影響を強く受けている地域のひとつだと言えるでしょう。
そのような中でも青森県に対して未来を感じて、不動産を購入したいという人はいますし、青森に生まれ育った人がこの地で生涯を暮らすために不動産売買をする人もいるため、決して需要がないわけではありません。
それでも現況としては厳しいものがあり、予断を許さない状態となっています。
まだまだ、アイデアひとつで不動産売買が活発になってくる可能性がゼロではない状況ではありますが、このままの状況が続くようであれば、本格的に将来を考えなければ行けない時期に差し掛かっているのも事実です。

岩手県の不動産売買の現況(2019)

東北地方の中でも、太平洋側に属している岩手県の不動産売買の現況を見ると様々なことが理解できます。まず、不動産売買の数自体は平成14年あたりからほとんど変わっていません。上昇している傾向は少なく、取引きは縮小している傾向が見受けられます。これは、首都圏に人口が集中していることも一因といえるかもしれません。人口集中しているため、土地を購入したいと考える人が減少してきています。実際に岩手県に限らず個人的に土地を購入する人の多くは20代後半から40代半ばぐらいになります。もちろんそれ以上の年齢でも購入する人はいるかもしれませんが、たいていは住宅を購入する時にたちも一緒に購入するパターンです。それぐらいの年齢の人は、子育て世代と言われている世代ですのでちょうどそれぐらいの年齢層が該当するでしょう。
ところが岩手県の場合は、中心の盛岡市や八戸市などを除けば若い人が減少してきている傾向が見受けられるわけです。そうすると、必然的に土地の売買が少なくなり結果的に土地が売れないといった流れが出てきます。そのため、売却をする場合でもあまり高い金額で取引きされることはありません。裏を返せば、不動産を購入する人にとっては非常に都合が良い状態です。良い物件を安く手に入れることができますので、下手に都心部に行くよりもメリットがあるといえるでしょう。
実際にどれぐらいの金額で売買されているかといえば、岩手県全体の坪単価を見ると、14万円前後になります。もちろんこの金額も、県の平均になりますので県の中心部と農村部では大きく金額が異なることを理解しておかなければできません。例えば、農村部の場合にはその土地を購入する人は農家が中心になるでしょう。農家の数も減少してきていることを考えれば、購入する人もそれほど多くありません。そうすると、一坪あたり1万円未満で取引きされていることも考えられます。
一方で、八戸駅や岩定期など新幹線が停車するような大きな駅前では同じ岩手県内でも一坪あたり50万円以上で取引きされていることも決して少なくありません。

秋田県の不動産売買の現況(2019)

秋田県の不動産売買の現況は、比較的取引き回数の減少傾向が見受けられる地域です。秋田県は、日本の中でも一番人口が減少している地域と言えるでしょう。そのため、全体を通して土地の値段が上がることことはあまり考えにくいです。例えば、秋田県の中心地として秋田市がありますが毎年土地の値段が減少している傾向にあります。もちろんそうはいっても、県内で一番土地の売買がよくおこなわれている地域になりますので、決して不人気とは言いません。ただ、同じ東北でも仙台などと比べてしまうとやはり見劣りしてしまう点は否定できないでしょう。土地の値段としては、一坪当たりおよそ\120000で取引きされているのが秋田市の現状になります。
もちろん、同じ秋田市といっても場所によって大きく土地の値段が変わるため平均値はあくまで参考にしかなりません。例えば、駅前の良い土地ならばその単価30万円を超えて取引きされている可能性が高くなります。ですが、同じ市内でも農村の地域に関しては1万円程度でしか取引きされていない可能性もあります。このように考えれば、平均値はあくまで参考にしかならないためすべてその金額で取引きされていると考えると、全く計算が狂ってしまう可能性は否定できません。
近年の売買状況ですが、中心地を見ていくと平成10年あたりからほとんど横ばいの状況になります。実はこの地域は、1980年代後半から1990年代前半の不動産バブルの時期でも、それほど土地の値段は上がっていません。もともとこの地域は、古くから発展した地域とは言い難いためですしょう。1時期、秋田新幹線が開通した時は盛り上がりましたが、土地の値段にそれほど影響をあたえたわけではありません。
ただそういっても、やはり中心地は交通の便が良い場所になります。購入する側としては、交通の便が比較的容易場所でありながら安く購入できる点は非常にメリットがあるでしょう。裏を返せば、売却する側はあまり高い金額で売却できないことがわかります。農村部に関しては、時間が経過したとしてもあまり価値が付きませんので今のうちに売却しておいた方がよいかもしれません。

栃木県の不動産売買の現況(2019)

栃木県は比較的東京にも近いこともあり、場所によっては不動産売買も活発です。
しかし、栃木県は関東地方では最大の面積を持つ県でもあることから、需要のある場所とそうでない場所がはっきりしている部分があります。
宇都宮市や足利市では、それなりに不動産売買も行われていますが、逆に言えば栃木県の中心となる地域以外の需要はそれほど多くないということです。
首都圏であるということが評価をされているので、そのメリットが少ない場所となると、そのまま不動産の需要も低下をすることになるため、一部地域に需要があるだけでそれ以外は厳しいというのが現況となります。

 

最近は需要のある不動産とそうでない不動産の差が激しくなっている部分がありますから、栃木県内であっても価値の高い場所に関して言えば、それなりに活発に不動産売買が行われていますが、逆に言えばそれ以外の部分に関しては不動産を余している部分があります。
栃木県でなければ駄目だというなにか大きなセールスポイントがあるわけではありませんから、県外から栃木県の不動産を購入しようとする人はそれほど多いものではありません。
周囲の件と比較をしてメリットが大きなものがあれば買っても良いという程度の需要はありますが、栃木県でなければ駄目というものが無いだけに、そのメリットがないとなかなか売れにくいものです。
県内で生まれ育った人間がそのまま生活をし続けるための需要はそれなりにありますが、その一方でより東京に近いところに居を構える人も多いので、積極的に地元に残る人がいないのも、また事実となっています。
全く需要がないわけではないという面では、過疎化が進んで買い手がつかない地域よりはずっとましだと言えますが、安泰というわけでもありません。
それなりの魅力がある地域であるため、需要が完全になくなってしまうことはすぐにはありえないでしょうが、決して余裕を持って構えていることができる現況でもないことを知っておきたいところです。

茨城県の不動産売買の現況(2019)

茨城県の不動産売買の現況は、つくばエクスプレスの開業とともに右肩上がりだったマンションの建設や購入なども落ち着いてきた傾向にあります。まだまだつくばエクスプレス沿線の開発は進んでいますが、大型マンションなどはすでにどこの駅にも多数建設済みですし、当初に比べると不動産売買の勢いはやや落ち着いてきたような状況です。

 

茨城県は、日本全国の中でも比較的人気が無いエリアですが、県南部やつくば市などは十分都心部に通勤することが出来るベッドタウンですのでそういう意味では買い得ということが出来ますし、千葉や埼玉や神奈川県に比較すると値ごろ感のある物件が目立ちます。

 

つくばエクスプレス沿線の周辺では大規模な開発がすすめられているため、人口は増加傾向にありますが常磐線沿線では老朽化した建物が目立ちますし、空き物件なども多数あるのが実情です。他の県と同様高齢化しているという特徴が茨城県にもありますので、誰も済むことが無いまま放置されている住宅も目立ちます。

 

関東の中では比較的不人気で、田舎というイメージがあるのがこの件の特徴ですが都心部に通勤するなら住みやすいエリアですし、都心部へのアクセスも良くでき度に住環境が整った場所ですのでエリアによっては子育てにも適していると言えるのではないでしょうか。;

 

特に、守谷やつくば市などは教育熱心な保護者がマンションに住むというケースが多くあり、高度な教育を受けさせるために文教エリアであるつくば市に物件を買い求めるという人も少なくありません。ライフスタイルに合った住環境を求める人が多くなっているため、教育や治安の面を考えて不動産売買をしている人も目立ちます。茨城は比較的不動産物件の価格が安い場所でもありますので、安い物件を購入して賃貸物件で貸し出すという方法も利益を期待するのが可能です。人気が高くないからこそ、底値に近い価格で購入することが可能ですし利益が期待できます。

神奈川県の不動産売買の現況(2019)

神奈川県の不動産売買の現況は他県と比較をすれば、かなり良好な部類だと言えるでしょう。
東京の隣りにあるというだけでそのメリットは非常に大きなものがあることに加え、神奈川県自体にも日本有数の年である横浜市がある強みがあります。
近年は川崎市の開発も進んできて、川崎の不動産の需要も高まってきていることから、買い手が全く見つからずに土地や建物が余っている他県と比較をすれば不動産売買はかなり活発に行われています。

 

不動産売買の傾向は全国的にも二極化している部分があり、人気のある場所は取り合いになって価格がどんどん上昇をしている部分がある一方で、それ以外のところでは完全に売り一辺倒となっていて、買い手が全く見つからないというケースが多くあります。
神奈川県は前者の部類に入り、現況は悪いものではありません。
人気は高いものの東京よりは、まだまだ安価で購入をすることができますから、庶民が不動を手に入れることも不可能ではなく、現実的な価格で取引が行われているというのもポイントです。

 

投機目的ではなく実需での売買も少なくないのが特徴であり、神奈川県で生活をするために購入をする人も多くいます。
しかし、そこに目をつけて投資目的で購入をする人、投機目的な人が増えてきているのも事実であり、一部地域に関して言えばマネーゲームの様相を見せ始めている時期でもあります。
これが加熱をしてくると実態以上に不動産の価格が上がってしまうことになるので、純粋に不動産が欲しいと考えている人には手を出しづらくなってしまうので、好ましいものではありません。

 

神奈川県の不動産売買の現況は他県と比較をすれば、かなり良好なものではありますが、全く問題を抱えていないというわけではなく、神奈川県なりの問題を抱えているのです。
また、今は良くても高齢化が進む現代の日本ではこの先どのようになっていくのか予想がつかず、いつ苦しい状況になるかもわからないことは頭に入れて置かなければなりません。

愛知県の不動産売買の現況(2019)

愛知県で不動産売買が活発なのは、県庁所在地でもある名古屋市です。
日本で3番目に大きい都市でもある愛知県名古屋市の現況は活発化しており、今後もその傾向は続くとされています。
愛知県における不動産売買の現況が活発なのは、2027年に開業予定のリニア新幹線です。
リニア新幹線が名古屋市まで開通すると、東京まで40分ほどで行くことができます。
40分で東京まで行けるなら、通勤圏内と言っても過言ではありません。
首都圏と名古屋圏を合わせた一大経済圏が、リニア新幹線開通により誕生するともいわれています。
将来的には大阪までの延伸もリニア新幹線は計画されているので、2大都市圏である首都圏と関西圏に挟まれている愛知県は、非常に有望なエリアと言えるでしょう。
そのため不動産売買の現況もリニア新幹線開通前の現在でも活発化しており、巨大経済圏の誕生を見越してホテルや事業用ビルなどは活発に取引されています。
またそれに伴いマンションやアパートなどの住宅用物件の取引も活発化しており、全ての不動産売買が現況では有利と言える状況です。
愛知県の中心である名古屋市内主要駅の地価は上がり続けており、また中心部では再開発事業も行われています。
今後も愛知県のある名古屋市には活発な投資が行われていくと考えられるので、不動産売買の現況が下がるとは考えにくいです。
また中心である名古屋市内の不動産売買が活発化すれば、その効果は周辺エリア全体に広がっていきます。
リニア新幹線の効果で非常に有望な愛知県の現況ですが、不安があるとすれば大阪まで開通したときです。
東京と大阪がリニア新幹線で結ばれると、愛知県はストロー効果により需要が吸い取られる可能性もあります。
現況が活発な不動産売買がリニア開通後も続いてくためには、大阪まで延伸する前に強大な経済圏を築いていく必要があると言えるでしょう。
しかし不安要素はまだまだ先の話なので、現況の不動産売買には問題ありません。

奈良県の不動産売買の現況(2019)

近年では、奈良県内の各地域で積極的に不動産売買が行われています。その現況としては、海外からの観光客が爆発的に増えていることが一つの要因です。富裕層がアクセスが良く移動に便利な奈良県内の土地や建物を購入することによって、多額の資金が動いています。また、最新鋭の設備が充実しているマンションや一戸建て住宅が多く用意されていますので、一年中快適に過ごせる点が大きなメリットといえます。小さな子供がのびのびと暮らせる施設が近隣には並んでいるため、非常に開放的な場所として人気を集めているのです。子育て世代からも絶大な支持を誇っています。
さらに、奈良県の不動産売買では、環境に優しい住宅が大きな注目を浴びています。太陽エネルギーを活用した新築物件やアレルギーにも配慮された木材などを取り入れることによって、子供からお年寄りまで幅広い年齢層から厚い信頼を寄せられているのです。奈良県で不動産売買を行うなら、数多くのリーズナブルな価格の物件が販売されていますので、気軽に相談しやすい点も人気の秘密となっています。口コミによる評価は非常に高く、近隣の不動産会社ではいつでも無料で詳しい見積もりを行なってくれると喜ばれているのです。
最近では観光スポットとされている奈良県エリアの価値が高まっていますので、世界中の人々の関心が寄せられています。ショッピングや観光、飲食も楽しめる素敵な土地は、多くの人々から圧倒的な人気と満足度を誇っているのです。歴史と伝統を存分に堪能することが可能な奈良県は、知名度が高いアクセス抜群の土地として、これからも人気を集めていくことになります。
このように、奈良県内で不動産売買を希望している人にとって、長く快適に暮らしやすい地域は熱狂的な支持を誇っているのです。格安の値段で購入可能なお得な中古物件も見かけるため、定期的にチェックしておくと安心といえます。清潔で緑豊かな街並みは、あらゆる年代からも親しまれています。

和歌山県の不動産売買の現況(2019)

和歌山県の不動産売買の現況は地価が減少傾向にあるので、売却価格が毎年下降しています。特に大阪府や京都府などに人口が流れていく現状を考慮すると、和歌山県の地価が上昇し不動産売買が頻繁に行われる可能性は低いと考えたほうが良いでしょう。マンションの平均売却価格はおよそ1200万円で戸建てを保有している人口が全体の7割を超過している現況を考慮すると、今後もマンションの売却価格は減少していく可能性は高いです。そのため、不動産の売却を考えている方は早めに行っておいたほうが良いでしょう。購入を考えている場合は、築年数と利便性を考慮した上で利用していく方法が重要です。特に大阪府に近い地域は軒並みマンション価格が高めになっている傾向があります。それから和歌山県のメインタウンである、和歌山市は県の人口の40パーセントが居住しているので、和歌山市付近の地価は高めになっています。地価が下降傾向にあるとはいえ、和歌山市の不動産を売却したいと考えている場合は、よく考えて価格設定をしたほうが無難でしょう。最近では大阪府のIR構想やカジノ法案なども考えられており、実現した場合は人口の増加によって不動産価格の向上も期待できます。そのため、和歌山市の不動産を売却したい場合はそれらも含めて考えて売却をしましょう。観光地の白浜市の近くは不動産売買を行っている方だけでなく、観光客からも一定の需要があるので、売却するだけでなく、土地の有効活用や運用なども検討したほうが良いです。基本的には不動産売買の大半は和歌山市と白浜市になっており、これらだけでも和歌山県の不動産売買の半分を占めています。その他の地域は常に買い手市場であり、低価格での販売が余儀なくされることが多いでしょう。特に鉄道やバスなどの公共交通機関やインフラが整っていない地域の土地は非常に低価格なので、これらの地域に移住したり、購入を検討している方に有利と言えます。

大阪府の不動産売買の現況(2019)

日本は少子高齢化の延長で人口減少時代に入っています。
資源は輸入することができても国土には限りがあるため、高度経済成長期には土地の値段は上がり続けて下がることはないという土地神話がありましたが、その前提である右肩上がりの需要が約束できない今、不動産価格も必ず上がり続けるということはできなくなりました。
一方で、都市部の地価は上昇を続けていて、東京都心部のマンション価格はバブル期を超える水準になっています。
都市部の地価が史上空前の水準になる一方で、地方では空き家が社会問題化するなど地価の二極化が進んでいますが、その現象を読み解くポイントは不動産売買の需要と供給のバランスです。
モノの価額が需要と供給で決まるというのは経済の基本ですが、同じものが二つとない不動産ではその傾向が顕著に表れます。
そこで、不動産を持つなら需要の多い都市部ですが、上がりすぎた地価は投資効率に見合わず、下落に転じるリスクがあります。大阪府は関西の商業経済の中心地として、上場企業の本社所在地も東京に次ぐ全国2位の地位にありながら、現況の不動産価額は東京ほど上がりきっておらず、相対的に優れた投資効率が見込めます。
不動産の所有には投資とリスクヘッジの二面性があります。投資の収益には所有している間に享受するインカムゲインと、手放す際に一時に得られるキャピタルゲインがあります。
不動産投資のインカムは家賃収入でキャピタルゲインは売却時の値上がり益になります。所有している不動産の価値が値下がりしたとしても、家賃として安定収入さえ入ってきて、売却しなければ損が出ることはありません。不動産価格には波があるので、下がったときには我慢して持ち続け、値上がりのタイミングがあれば売却することで一時的に高額の利益を得ることもできます。
一番のリスクは利用価値がなくてコストだけがかかることなので、今後、万博などで経済の伸びしろが見込まれる反面、東京に比べて現況では割安感のある大阪は投資好適地です。

広島県の不動産売買の現況(2019)

広島県の不動産売買の現況は、都市部である広島市が中心となって高価買取が期待できます。それだけでなく、最近は都市化が進んで人口が増え続けている福山市も地価が上昇している傾向にあるのです。そのため、これら2つの地域を保有している場合は売却を検討しても良いでしょう。特に広島市は、原爆資料館や宮島などの世界遺産に登録されている観光地がたくさんあります。外国人観光客も毎年大勢来日しており、周辺の店舗では一定の売上を確保できるでしょう。福山市は岡山県に隣接しており、新幹線も留まるので広島市に続いて観光客が多いです。最近は都市化も進んでおり、一定の需要もあるので地価の下降は考えられないでしょう。ただし、最近では地元のデパート等の規模が縮小しているので、広島市ほど勢いがあるわけではありません。現状の価格が維持できる保証もないので、売却を検討している場合は早めに処分したほうが無難です。それ以外の地域であれば、観光地化がされている尾道市を除いて買い手市場になっています。特に庄原市や府中市などは地価の下降が止まらず、人口の流出も問題視されており、これからも買い手が有利な市場になっていくことが予想されます。築20年程度のマンションであれば、2LDKでも家賃は4万円程度で利用できるようになっており、生活しやすくなっています。府中市の場合は周辺にスーパーなどの商業施設も用意されているので一定の需要もあります。以上の点から広島県の不動産売買の現況は中央である広島市と福山市を除いて下降傾向にあります。外国人観光客によって商業施設は一定の売上を確保していますが、地元の方々の流出は避けられないでしょう。尾道市や広島市の北部、因島などは空き家問題も抱えているので、購入する土地によっては火災や土砂災害などの被害も懸念され、非常に低価格での取引になってしまうこともあります。周辺の状況も考慮して売却したほうが良いです。

山口県の不動産売買の現況(2019)

山口県の不動産売買の現況は、過疎化の進行によっては全国的に見ても低価格化が深刻になっています。特に広島県と隣接している地域では土地価格の下降が止まらず、現在進行形で値下げされています。一方で西側は九州に近くなっており、地元住民の流出も問題視されているのです。広島市と九州への人口流出によって空き家問題も深刻になっており、他の都道府県よりも買い手市場になっていると言えるでしょう。過疎化が深刻になっているので、田舎の地域では公共交通機関の廃止も検討されているので、更に生活が難しくなっていくことが予想されます。以上の点から、山口県の土地を売却しようと考えている方は直ちに売却するか、あるいは不動産会社を経由せずに直接売却する方法が良いでしょう。特に田舎地域を魅力に感じている方も多く、若い世代であれば通常よりも高い価格で売却が可能です。これから土地の購入を検討している方はインターネットを利用する方法だけでなく、直接土地を売却しようとしている人と接触することも重要です。また、山口県ではマンションの数が非常に少ないことが問題視されています。マンションの絶対数が少ないので、目当ての部屋を借りたり購入したりすることはできないことが多いです。そのため、不動産の購入を検討している場合はマンションではなく、戸建てを検討したほうが良いでしょう。不動産売買の中でも最も価格が高い地域は下関市です。山口県の西部に位置しており、九州からも近いので、交通の便も良いと言えます。以上の点から山口県の不動産売買の現況は、地域の過疎化が深刻になっており、広島県や九州などへの人口流出が問題になっているだけでなく、空き家もいくらかあるので、他の都道府県よりも買い手が有利な傾向にあります。不動産の売却を考えている方は早めに処分したほうが無難です。一方で、下関市などは企業が拠点を設置することもあるので他の地域よりも高く売却できます。

福岡県の不動産売買の現況(2019)

JR博多シティが誕生した2011年以降、福岡県の不動産価格は高騰しています。
特に不動産価格の高騰が激しいのは福岡県の中心部でもある博多区で、現況は品薄が続いていて売りに出されても値を付けられないこともあるほどです。
こうした状況は郊外にも波及しており、現況では博多区の周辺地域でも不動産価格は高騰しています。
博多区や周辺エリアで不動産売買を行うなら、現況はベストと言える状況でしょう。
高速インターネットを完備し最新鋭の防犯対策がされている賃貸物件なら、広告を打つ前に入居が決まることもあります。
中央区の不動産売買は、現況では物件によって差があります。
新築や特徴的な住宅用物件は高値で不動産売買されているものの、一般的な中古マンションは横ばいか下落傾向です。
中心部や天神北エリアでは投機的な不動産売買も行われており、購入時以上の価格で売却できることもあります。
その他のエリアも基本的には好調で、住宅用だけではなくオフィス用の物件も同じように堅調な現況です。
南区は住宅エリアとして非常に人気があり、人口が増加しているほどです。
西鉄沿線では賃貸物件の供給も増えており、利便性が高く住環境も優れていることから現況の傾向は今後も続くと予想されています。
福岡市の西部地区は慢性的な住宅不足に陥っており、古い物件の建て替えが課題とされている地域です。
また西部地区には主要な大学が3つもあり、学生向けの賃貸マンションやアパートが多くあります。
学生向けの賃貸マンションやアパートが多くある地域ですが、ワンルームの不動産売買をするなら現況は厳しいかもしれません。
厳しいとされる理由は地下鉄開通したことにより、自宅通学をする学生が増えたからです。
そのため学生向け賃貸物件では1年以上空室が続くこともあり、賃貸経営にとって現況は厳しい状況と言えるでしょう。
福岡県の不動産売買は、一部には厳しい点があるものの全体的には好況です。

佐賀県の不動産売買の現況(2019)

佐賀県の不動産売買の現況は、地域の特徴を反映しているとされています。
鳥栖地区は、佐賀県内でも不動産売買の現況が活発とされている地域です。
佐賀県内の他の地域より景気動向指数は高く、特に盛んとされているのは住宅地の需要です。
低金利が続いているうえに住宅ローン減税も行われており、さらに株価も上昇して資産としても魅力的になっています。
そのため鳥栖地区の住宅地需要の現況は高めに推移しており、不動産売買にも影響を及ぼしています。
鳥栖地区の現況に影響を与えているのは、住宅地需要だけではありません。
近年は九州をカバーする物流拠点として注目を集めているので、それに伴い不動産市場にも影響を与えています。
今後も物流拠点として注目を集めると予想されることから、住宅地需要は佐賀県全体でも同様に推移するでしょう。
しかし佐賀県内の不動産市場は、商業地は低調です。
住宅地は佐賀県内全体でも好調を維持し続けていますが、商業地に関しては低迷を続けています。
特に唐津や伊万里地区では低迷の状態が続いており、取引件数では全地域マイナスとなっているほどです。
また不動産売買で重要な中古マンションについても、全体的には低調です。
佐賀県内の調査によると唐津と伊万里地区のみ前年を上回ったものの、その他の地域では横ばいからマイナスとなっています。
将来の予想は、住宅地に関しては今後も好調を維持するでしょう。
一部地域で反動が出る可能性があるものの不動産売買の取引件数は増えるとされ、不動産売買の期待感も現れています。
一方の商業地と中古マンションの不動産売買に関しては、現況と同じく苦しいとされています。
商業地は佐賀北地区ではプラス予想が出ているものの、その他の地域では横ばいからマイナスと予想されている現状です。
また中古マンションに関してもマイナスになると予想されていますが、佐賀北地区は前年を上回るとされ需要が高くなると期待されています。

熊本県の不動産売買の現況(2019)

熊本県の不動産売買は近年非常に活発化しており、その現況は土地の価格が以前に比べて高騰するなど好調な動きを見せています。熊本地震以来、被災地では急ピッチで復旧と再開発が進んでおり、新たな不動産の売買体制が整っていることも、その大きな理由です。
熊本地震では様々な熊本県内の地域が甚大な被害を受けました。そのため、倒壊した家屋や半壊した住宅なども多く、これらの修復等も非常に重要な課題となっていましたが、様々な地域からの技術者の支援も多く、その復旧は速いスピードで行われています。さらに土地改良等も積極的に行われており、地震に強い地盤の整備や、住宅の建築なども多くのところで行われており、これが好調な不動産売買を後押しする要因となっているのです。
熊本県はもともと自然が豊かで、過ごしやすい地域として有名です。南国特有の温暖な気候で他の地域から移住を好む人も多く、地震の前から熊本県の不動産を購入して住みたいと言う人が多くなっている地域でもありました。当時は中古住宅が人気を博しており、都心に比べて坪単価が安いことや、広い住宅が多いことから、快適に生活することができる環境が整っていたのが要因です。しかし、古い住宅であるため様々な生活上の不便さを感じる人も多く、これが伸び悩みの原因となっていました。
熊本地震は様々な地域で甚大な被害をもたらし、その直後は不動産価格も下落し移住する人が少ない状況となりましたが、その後の復興が進むと同時に地震に対する対策も十分に行われていることが多くなっており、これらの住宅は人気が高く価格が高騰しています。同時に従来の住宅も地震に強い住宅と言うことが立証されたと認識されている部分も多く、これらの住宅も以前に比べて価格が高騰しているのです。熊本県は従来から住みやすい地域として人気が高いため、不動産売買は好調な状態となっていましたが、震災以降さらにこれらの対策が十分に行われていると認識されていることから、その現況は以前に比べさらに好調となっているのが実態です。

滋賀県の不動産売買の現況(2019)

滋賀県の不動産売買の現況を見ると、地域によって大きく異なることが理解できます。まず、滋賀県の中でも中心地の大津付近は比較的よく売買がされていることが理解できるでしょう。また、大津から近江八幡にかけての琵琶湖に沿った地域は比較的人気があることから取引きがよくされている傾向にあります。滋賀県の中でも、一番人気といってよい地域になりますので、この地域で土地を売却する場合にはある程度高く売れることが予想できます。とはいえ、大阪の中心部や京都の中心部などと異なり特別に人気があるわけではありません。そのため、売却するといってもそれほど金額が高くなることはないでしょう。逆に、購入する側もそこまで高い金額の取引きになることはないと考えてよいです。
なぜこの地域が人気なのかといえば、京都市や大阪市に行くときに便利だからです。JR東海道線の新快速を使えば、大阪の中心地まで1時間以内に到着することができるため、多くの人がその地域に住みたがっています。このようなことから、利便性を考えればこれからもその人気が続くことがわかるでしょう。
これに対して、琵琶湖の北側などはそれほど人気はありません。比較的安くなっていますので、購入したいならばその地域に限定して調べてみるのがよいでしょう。逆に、売却する側としては、たいしてメリットがないことがわかります。これからどのようになっていくかは明確ではないものの、人口はあまり増えていないことを考えれば横ばいになる可能性も高いです。後は、日本経済によって大きく左右される可能性も否定できません。
ちなみに、滋賀県全体の不動産売買の状況をみると、2002年以降はそれほど取引き価格が変わっているのが特徴になります。ただその中でも地域によって差があることを見逃してはいけません。実は、不動産バブルといわれていた時期でも、首都圏などを比べると土地の価格の開きはそれほど大きくなっていないのが特徴になります。ある意味、安定した地域といえるかもしれません。

AI(ビッグデータ)が不動産売買に与える影響

近年では様々な業界でテクノロジーとの融合が行われていますが、不動産業界も例外ではありません。不動産テックという言葉も登場し、AI(ビッグデータ)が広く活用されていると予想されています。
活用すると顧客の属性情報が自動で蓄積・収集され、解析までを行うことが可能です。その結果、顧客により適した物件を提案できるようになり、不動産売買はスムーズに進められるようになります。ですから、良い影響としては、ビッグデータの解析によって顧客にピッタリの案内ができるという点が挙げられますし、物件の適正価額を瞬時に知ることも可能です。投資をしている人たちにとっては、確実性が高まることやスピードがアップすることも見逃せません。また、蓄積されたデータが大きければ大きいほど、5年後や10年後の利回り、売却価額を予想するのが容易ですし、データの正確性も向上します。
不動産ビジネスの構造が変化する可能性もあり、外部のサービスを取り入れる動きが活発化されることも予想されます。このような動きは、従来型の不動産仲介業者を脅かすという意見もありますが、不動産売買の取引自体が拡大して潜在的な需要を掘り起こすのに寄与するのではないかという期待もあるようです。日本では中古不動産の取引が未だ活発には行われていませんが、ビックデータの活用によって中古不動産の取引が拡大される可能性もあり、それが市場規模を拡大することにもつながります。
こうしたテクノロジーの進歩により、労働生産性が向上するのは見逃せないポイントです。テクノロジーを活用した価格競争が起こり、新たなビジネスモデルが生まれる可能性もあります。日本では人口減少による影響も指摘されていますが、人口が減少しても不動産を最適な形で活用することで経済を下支えすることができます。それを可能にするのがビックデータであり、データの整備が急がれるところです。今後は労働生産性が低いと指摘される不動産業界の形も変わっていくはずです。

台湾の不動産売買の現況(2019)

台湾の不動産売買の現況を見てみると、不動産バブルで絶好調です。
台湾と中国との経済関係が良好なので、中国からの投資が多くなっています。
外国人に対する不動産購入には規制があります。
日本人であれば条件はあるものの台湾の不動産を購入することが可能です。
現在の不動産価格は上昇していて、2001年と比べてみると約3倍弱と価格が高騰しています。
特に首都の不動産価格が高騰したことで、周辺地域に移る人も増えている状況です。
台北に隣接しているベッドタウンでも、不動産の価格が上昇しています。
台湾は北上すると不動産価格が高くなる傾向があり、中部や南部になると比較的不動産の価格が安いです。
不動産の投資ブームが始まった2000年以降に不動産価格の高騰が始まりましたが、贈与税や相続税が下がったことで住宅市場への投資がさらに増えます。
不動産の価格が急激に上昇したことで国民の不満が高まり、台湾政府も価格抑制政策を打ち出します。
投機的な取引を抑制するために、不動産を転売する際は建物と土地の売却益に税金がかかるようになります。
上昇しすぎた不動産価格が原因で、賃貸不動産の利回りが相対的に低くなっています。
日本と同様に台湾も少子高齢化社会が進み、中古物件に投資する人も増えている状況です。
台湾の不動産に興味を持った場合、台湾に住んでいなくても不動産の購入はできます。
土地の用途や場所、面積については法令の制限を受けることがあります。
不動産を購入する場合は、日本と同様に不動産仲介会社を利用する人が多いです。
良い物件が見つかったら手付金を支払い売買契約を行います。
司法書士に登記や税務申請書類を作成してもらい、著名捺印をして支払いをします。
移転登記が完了し、売主が買主に物件を引き渡すと不動産の所有権が完全に移転します。
首都台北の中でも、発展が著しい4区は外国人の人気が高く日本人も多く住んでいます。
英語はもちろん日本語が通じるエリアもありますが、不動産価格は高めです。

福井県の不動産売買の現況(2019)

家の売買を考えるなら誰でもできる価格が高い時期に売却して、価格が低い時に購入したいと考えるはずです。それを実現するためには、その不動産の地域の現況を知る事が最も重要です。

 

福井県の不動産売買の2019年の現況は、国土交通省の発表した公示地価によると2018年度まで地価の下落が続きました。だけど2018年度には地価の下落は止まり、2019年度には都市部を中心に上昇することが予想されます。地価の下げ止まり以外に、訪日観光客の上昇も地価上昇の原因で、ホテルなどの宿泊施設や観光施設の土地需要が地方でも増えている事があります。また福井県周辺の交通インフラとして、北陸新幹線の開通などが呼び水になって観光需要の増加が予想されます。人気観光地の周辺は地価が上昇が予想される反面、それ以外の地域は地価の下落を止める要因が特に無いため下落しつづけると予想されます。簡単に言えば、地価が上昇している観光需要がある地域の不動産は売り時で、逆にそれ以外の地域の不動産は価格が下落しているので買い時だと言えます。

 

他に不動産売買を考える上で重要な事に、金融機関の金利があります。何故かと言えば不動産を購入する時には、お金に余裕があれば一切借りる必要が無いけど、殆どの人はお金を借りて不動産を買うからです。現在は政府と日銀によるマイナス金利政策で超低金利が続いてますが、通常は景気が良く成れば金利が上昇します。だけど日銀総裁が当面はマイナス金利政策や量的緩和政策を存続させると発表しているので、暫くは低金利が続くと予想されます。金利が低ければ、不動産ローンの返済する金額も減少して、その分安く購入する事が出来ます。それ以外にも世界経済の動向も不動産市況に影響を与えます。世界経済はグローバルで見ると超大国同士の貿易戦争が勃発したり、ヨーロッパの経済圏も離脱問題や難民問題で失速していて、新興国も成長に陰りが見え始めていて不況が予想されます。

山形県の不動産売買の現況(2019)

山形県の不動産売買の現況は、ゆるやかですが上昇傾向にあります。
山形県は日本海に面した県で、東北地方の南西に位置しています。
県の8割は産地で、豪雪地帯として知られます。
不動産の売買では、降雪対策が話題になることもあります。
山形県の不動産相場は、全国的な相場に比べるとそれほど高くはないです。
高齢者は一戸建てを好みますが、若い世代になるとマンションを希望する世帯が増えつつあります。
冬の除雪は大変なので、除雪作業が必要ないマンションが人気を集めています。
マンション建設が多いのが山形市です。
県庁所在地の山形市は人口が多く、県内では最も都会化が進んでいます。
仕事やUターンなどで山形県内の一戸建てやマンションを探している場合、効率よく物件を探す方法が複数あります。
山形県では、県が県外に住んでいる移住希望者に代わって希望の物件を不動産団体に照会してくれます。
物件情報が届き次第依頼者に送付されます。
気になる物件があれば、不動産会社に問い合わせができます。
通常は3週間程度で物件情報の連絡が届きます。
山形県宅地建物取引業協会が運営している不動産情報検索サイトも便利です。
一戸建てやマンション、土地を購入したい場合や賃貸で借りたい場合に、充実した検索機能を使ってスピーディーに物件を探すことができます。
空き家バンク登録物件を探している場合は、フリーワードに空き家バンクと入力すれば探せます。
不動産を購入する場合は、事前に知っておいた方が良い知識があります。
不動産ネットワークのハトマークサイトには、住まいを購入するステップごとに知っておくべきことや注意すべきことが丁寧に説明されています。
売買契約の基礎知識や住宅ローン減税制度の手続きについても詳しく掲載されているので便利です。
最近は中古住宅を安く購入してリフォームする人も多くなっています。
サイト内のコンテンツを見れば資金計画やリフォーム事業者の選定、工事に関する注意点についても知ることができます。

宮城県の不動産売買の現況(2019)

宮城県の不動産売買の現況は、観光地化と都市化がされている仙台市を含めて安定した傾向にあります。2011年の東日本大震災の影響で、一時期は地価の減少が止まらず、一方的な買い手市場になっていました。しかし、近年では都市化が進行しており、観光客も大勢押し寄せている点から商業施設を中心に地価の高騰が進んでいます。特にマンションなどの集合住宅は高く売却することが可能です。宮城県は岩手県とは違って土地が狭いので、集合住宅の売買が盛んに行われています。宮城県の中でも仙台市は特に不動産の売買が多いです。東北地方の中でも人口が多く政令指定都市なので、これからも地価の上昇は進んでいく可能性は高いでしょう。購入を検討している方は早めに購入を行い、土地の売却を行おうとしている方は価格の推移を見計らって不動産売買を行う方法がおすすめできます。石巻市は原子力発電所の事故の影響によって甚大な被害を被ってしまいましたが、地元の人達の復興活動や政府の支援もあって元の街を取り戻しつつあります。更に、石巻市は津波による影響を最小限にするために、巨大な堤防を設置しています。再び震災や津波などの被害を最小限にするための対策が徹底されており、災害に強い街作りを目指していることから需要も増えていくことが予想されるでしょう。ただし、仙台市では地元の住民の流出も相次いで問題になっています。特に関東に進出する若者が多く、雇用の少ない地元では生活が不便に感じてしまうことも多いです。そのため、人口の流出も視野に入れて不動産の価格を予想しながら売買することが良いでしょう。以上の点から宮城県の不動産売買の現況としては、東日本大震災の影響で価格の大幅な下落が発生したものの、現在では復興活動や災害対策を徹底しており、災害に強いまちになっていることから価格の高騰が予想されます。しかし、若者の流出問題については解決できていないので、価格高騰もいずれは安定化する見込みです。

福島県の不動産売買の現況(2019)

福島県の不動産売買の状況は、いわゆる東日本大震災後から徐々に回復傾向にあります。実際に、住宅関連における不動産売買の現況をみても従来までとほぼ同じ推移で保っていると回答した業者は平均して50%から60%程度存在しています。この点からも、震災後からのその後の経過が順調であることがわかります。また、商業地域での不動産取引も順調である傾向が見てとれます。例えば、東日本大震災後の商業地における不動産取引では、取引状況が下落したと回答する業者が半数を超えていたのに対して、それから5年後には半数以上が現状維持で保っていると回答しています。つまり、悪い状況にはなっていないことがわかります。こうした不動産取引における内情については、それぞれの地域で大きな違いが存在します。例えば、業者の多くは被災地域からの購入希望者が減ってきていると回答しているものの、若年層での不動産の購入が多くなっていると答えている地域もあります。世代交代が進んでいて、それによって不動産取引の現状維持や回復を期待できる現況が存在します。実際に、県外からの購入希望者が多い地域も存在していて、福島から外部に行っていた被災後当時とは異なって、福島では若い人が入ってきていることも不動産取引の動向で窺えます。これについても、不動産売買を行っている業者はアンケート等に応えています。具体的には、自主避難者などの福島への帰還について不動産市場への影響が考えられるとしている業者は40%以上程度存在します。一方で、不動産売買の中でも特に賃貸物件に関連する取引においては若干下落傾向があると考えられています。これは、福島で作業などを行っていた会社が賃貸物件を売り払う、あるいは出て行って空き家が増えているからです。結局、福島県の不動産売買の現況を総合的にみると東日本大震災以後はそれ以上に取引市場が落ち込んでいるというデータはなく、むしろ若年層からの取引増加を期待できる状況になっています。

新潟県の不動産売買の現況(2019)

不動産売買を行いたい場合、その現況を知ることが重要になります。もし新潟県で不動産の売買をしたいならば現状をよく見ておくことで様々なヒントを手に入れることができるでしょう。新潟県の全体的な取引き量は2010年以降に関して言えば、それほど変化が起きてるわけではありません。おおむね横ばいといえるかもしれません。これは、特に新潟県の人口が増加しているわけでもなく、取引きが増加するような影響を及ぼす何かが発生したわけでもないからです。
人口が増加していないのは、新潟市以外には該当することで大抵のところでは人口が減少している傾向が見受けられます。不動産は、人口が減少すると取引き量も少なくなり土地の値段も下がってくる傾向があるといえるわけです。ちなみに、新潟県の平均的な土地の値段は一坪あたり14万円ぐらいと考えておけばよいでしょう。これは、過去15年間それほど変化をしていません。むしろ、多少右下に下がっている傾向があると言えるぐらいです。
ただ、新潟市に関して言えば、少し状況が異なることを理解しておきましょう。新潟駅前の土地は、一坪当たりおよそ45万円前後になりますので地方都市の平均的な金額といえるかもしれません。取引き量は決して少なくありませんので、売却する場合には有利になる可能性が高いです。逆に購入する場合は、今後どのように変動するかによって購入するタイミングを決めることも可能です。ただ現状から言えば、あまり変動は期待できずしばらくの間は横ばいが続いていくことが想像できます。このように、中心部をしてもたいして大きな変化がないことを考えれば、いつ不動産を売買してもそれほど変わらないことがわかります。
ちなみに、中心部を除けば土地の値段は下がっていく傾向がありますので、購入する側としては早い段階で決めるよりも後になって決めた方がメリットがあるでしょう。これに対して、売却する側は早めに売却をした方が、メリットが高いといえます。

群馬県の不動産売買の現況(2019)

群馬県は日本の中央部に位置し、非常に自然豊かな地域でありながら都心にも比較的近い場所であるため、住みやすい地域として古くから不動産売買が活発となっていました。また早くから新幹線が開通し、都心への通勤圏内であったことも不動産売買が頻繁に行われてきた要因です。この状況は現在でも継続的に続いており、地価が安定している印象が強くなっていました。ただし内陸部独特の気候や天候により、都心に比べて住みにくいと感じる人もいるため急激な人口増加などが起きなかったのは1つの特徴となっています。
しかし近年では地価が比較的高騰しており、都心から多くの人が移住する傾向が強くなっています。その理由は近年の再開発に伴う要因が大きく、都会の要素と田舎の要素が隣接している地域の魅力が非常に顕著になってきたからです。新幹線の停車駅である高崎周辺は再開発が進んでおり、文化の中枢都市としての役割を大きく担うようになってきています。様々な商業施設が発展しているほか、文化施設も次々と設立されており、東京オリンピックの種目の開催候補地としても注目されていることから、その人気が高まっており移住を希望する人が増えているのがその要因です。
現在は都心でも様々な開発が進んでいますが、自然に囲まれた環境の良さと都会的な面が同居している店では群馬県の方が環境が良いと考える人が少なくありません。加えて群馬県では多くの出身者が最終的には地元に戻る傾向が強くなっています。群馬県が住みやすい地域であるというのがその要因ですが、これまで以上に文化的に非常に発展しているため、従来からの住みやすさとこれらの発展が相乗効果を生んでおり、都心に劣らない労働環境や生活環境を維持することができるようになっている点が現在の群馬県の魅力となっているのです。そのため、群馬県の不動産売買の現況はこれまでにないほど好調なものとなっており、地価も高値で安定する傾向があるため、非常に活発な動きを示しているのが実態です。

埼玉県の不動産売買の現況(2019)

埼玉県は関東地方の中央にあり、東京都を中心とした首都圏を構成する県で面積はおよそ3800平方メートルです。面積は小さいものの人口はおよそ733万人で全国5位、人口密度は東京都、大阪府、神奈川県に次ぐ4位となっていますが、昼夜間の人口比率で見ると88パーセントと日中の人口流出量は全国1位で、首都圏のベッドタウンとしての位置付けが強くなっています。埼玉県の不動産売買に見る土地価格の平均値は全国8位で、坪単価52万円と高い上に年々上昇傾向です。その大部分がさいたま市に集中しており、中でも大宮区は突出して高額で坪単価は200万円、少し下がった南区でも120万円、中央区の118万円と何れも平均値を大きく超えています。さいたま市全体で見た場合の不動産相場は坪当たり64万円で、次いで川口市の60万円、所沢市50万円となっており、その何れもが前年度比1パーセント近くの上昇率です。埼玉県の県平均変動率は都心の30キロメートル圏内を中心に上昇傾向にあり、県北部や秩父地域など下落が継続している地域でも下落幅は縮小傾向で、住宅地では0.5パーセントとプラスで推移しています。商業地の場合はJR大宮駅周辺ではオフィスの需要が急激に拡大しているため過去数年上昇が継続中で、浦和駅や武蔵浦和駅周辺でも再開発事業が活発化している関係で上昇しているため、県全体で見ても年々1パーセント前後で地価は高騰を続けています。工業地の場合も同様で上昇傾向にありますが、中でも外環道や国道16号線沿線で著しく上昇傾向にあります。このようなことから、埼玉県における不動産売買の現況としてはさいたま市が中心になっているのは一目瞭然で、大手業者も密集する傾向にありますが、川口市や浦和市、所沢市なども十分に高利益を見込める地域と言えるでしょう。ただし、越谷市や熊谷市といった地域については、夏場に気温が非常に高くなることから不動産売買はあまり活性化しているとは言えず、今後の動向が注目されています。

東京都の不動産売買の現況(2019)

全国的な視野で見ると人口減少に伴い不動産の需要が低下し不動産売買の動向も鈍化もしくは下落しているのが現況ですが、全国で唯一上昇し続けているのが東京都です。
東京都が全国で唯一上昇し続けている理由は、ビジネスの観点で地方から東京に上京する方が安定的に多い事に加え、2020年に開催される東京オリンピックをきっかけとして新たなる街づくりが行われており千葉県や神奈川県、埼玉県など東京近郊からも移住者が増えているためです。
不動産売買においては、マンションの価値は一戸建て住宅に比べると比較的安定的に推移する傾向にありますが、昨今の人口減少に伴い地方の政令指定都市でも価値が低下傾向です。
そのような安定に推移しやすいマンションであっても、低下傾向になり得る昨今において上昇傾向を維持し続けているのはやはり東京都に存在しているマンションであり、地方都市のような不動産売買の鈍化や下落が見られるどころか価値が上昇傾向にあります。
東京都内でも最もマンションの販売価格が低く推移している葛飾区や、足立区においても3600万円から4400万円で不動産売買が行われており、渋谷区や目黒区といった相場が高い地域では9800万円から1億2千万円で不動産売買が行われています。
どちらにおいても新築物件かつ4人の家族が難なく生活できる面積と間取りであるが故に、葛飾区や足立区の価格はファミリー層に根強い人気を誇っており、渋谷区や目黒区といった高価格帯のエリアも少ない家族形態で余裕を持ったスペースを確保しつつ生活をしたいといった方に高い需要が見られます。
一方、今日ではリフォームやリノベーションの技術やデザインが高くなってきているため、取り分けて新築物件に高い拘りを持たずリフォームやリノベーションを施した中古物件を選択肢として選定し、広い間取りを小さな金銭的な負担で手に入れるという需要も高まっています。
そのため、以前建築された高級物件が多い池袋駅の周辺の不動産売買は、広い面積を小さな負担で手に入れたいという方の需要の高まりやアクセスの良さを受けて注目度が高くなっているエリアです。

千葉県の不動産売買の現況(2019)

東京都に向かって多くの電車やバスが整備されており、東京都心部へのアクセスにも優れている様子からベッドタウンとして根強く人気が高いのが千葉県です。
通勤や通学、用事を済ませるべく都心部に出る機会は多いものの、のびのびとした環境で子育てをしたいと考えている方に支持が厚いため、一戸建ての不動産売買が多いです。
東京都はもとより千葉県も人口の絶対数が多いという事を受け、不動産売買が円滑かつ理想的な結果になりやすいという魅力があります。
しかも、県内には有名大学があるため進学に際し多方面から移住をする若年層も多く、大学の通学圏内にアパートやマンションを有していれば空き室に悩まされず、例年安定的に満室状態が維持し続けられます。
そのため、千葉県の不動産売買は一戸建てと賃貸物件の双方において恵まれた環境が整っているので、不動産売買の動向に偏りが無くバランスが良い市場動向で推移しているのが現況です。
もちろん、過去と現況の推移においては僅かに数値に変化が見られるタイミングもありますが、他の地域とは異なり短期間に一時的に変化が見られた後に速やかに再び上昇傾向に転ずるのが千葉県が持つ強みです。
そのような一時的に変化した後に速やかに上昇傾向に転ずるという動向は、世界的に有名で人気が高いアミューズメント施設がある千葉県の浦安市でもピンポイント的に見られます。
千葉県浦安市における過去5年間の不動産売買の動向では、2011年を境にして低くなり始めましたが、僅か4年後の2015年には急速に不動産売買が再び上昇化しています。
一度低下傾向になった不動産売買の市場が上昇傾向になるという事例は稀有であり、全国的に考えても珍しい事象であるが故にいかに千葉県の市場が活気を帯びているのかがわかります。
そうした活気を帯びている現況をさらに裏付けるデータとしてあるのが市川市と船橋市、千葉市において転入が著しく増えているという情報です。
転入の増加は必然的に不動産の需要に直結するため、千葉県の不動産売買は既に加熱している現況よりも輪をかけて能動的になっていきます。

静岡県の不動産売買の現況(2019)

静岡県の不動産売買の現況については、比較的活発だといえるでしょう。静岡県は温暖な地域であり、さらに東京や名古屋などにも新幹線を活用すれば短時間で到着するため、地方で暮らしたいと考える人たちからの高い人気を集めています。静岡市や浜松市などは地方都市としてはかなり規模が大きく、各種公共施設や商業施設などが充実した暮らしやすい街となっています。これらの地方都市の郊外では分譲を目的とした宅地や建売住宅などの整備が活発に行われており、実際に現地を訪れる購入希望者の数が増えているようです。

 

さらに静岡県には熱海などの観光名所もあり、これらのリゾート地に別荘やマンションを購入したいと考える人なども多くなっています。長引く不況によりこれらリゾート物件の取引は停滞してた期間が長かったのですが、近年では投資として不動産を購入する若い世代が増えており、東京から近く訪れやすい静岡県のリゾート物件は投資の対象としても注目を集めているのです。静岡県の不動産物件を手軽にチェックしたい人は、インターネットの不動産情報サイトを活用してみましょう。様々な物件に関する情報を自宅などに居ながら入手することができますし、その相場などを別の地方の物件などを比較することも可能となっています。

 

静岡県の場合には都市部郊外の物件や観光地の物件などの人気が高くなっており、物件を売りたい人にとっては有利な状況となっています。一方で都市部を離れた地域には割安な物件が多く、できるだけ安価に自宅などを手に入れたい人や、田舎暮らしを体験してみたい人などにとっては狙い目だといえるでしょう。近年では地方への移住が多くの人たちの間で注目を集めていますが、地方にはそれぞれ独自の文化や風習などがありますので、まずは実際に馴染むことができるかどうか試しに暮らしてみることをおすすめします。静岡県の場合には戸建て住宅の賃貸物件なども数多く見つかりますので、まずはこれらを試してみてはいかがでしょうか。

山梨県の不動産売買の現況(2019)

山梨県の不動産売買の現況は、相変わらず好調です。
東京都と神奈川県に近接している山梨県は、交通アクセスがよいことでも知られています。
人口は約80万人で、住居以外の土地利用も多いです。
昔から甲府盆地は農業が盛んなエリアですが、最近は果物の栽培で有名になっています。
外食産業も盛んで、ファミリーレストランが多い地域でもあります。
JR中央線や中央自動車道を利用すれば都心から60分で大月に到着することができます。
都会に近く自然が豊かな山梨は、富士山や南アルプスをはじめとする雄大な山々でも有名な県です。
ワインや果物など自然の恵みも多く、豊かな自然を求めて都会から移住する若いファミリーも増えています。
山梨県への移住や定住を考えている場合は、便利なポータルサイトがあります。
移住相談の窓口は、山梨県での暮らしに興味を持っている人が気軽に相談できるようになっています。
電話やメールでの相談も受付けています。
快適な住居を探すには、まず住みたい地域について知ることが重要になります。
移住を考えて不動産を購入する予定がある人でも、移住してから快適に暮らせるか心配な人はいます。
そのような人のために、県と協力して住宅情報を提供している団体があります。
住宅情報だけでなく短期的に滞在できるお試し住宅も案内しています。
お試し住宅とは、移住を希望する人が宿泊体験できる住宅のことです。
お試し住宅を利用するには、各市町村が定めている一定の要件をクリアする必要があります。
山梨県は優れた不動産会社が多いので、直接不動産会社に情報を提供してもらう人もいます。
東京都や神奈川県に住んでいても、インターネットを活用すれば簡単に優良物件を探すことができます。
様々な条件で不動産会社と物件を絞り込み、気になる物件があれば詳しい情報を提供してもらいます。
物件情報を調べて購入したい家があった場合は、実際に現地の不動産会社を訪れて物件をチェックし売買契約へと進みます。

長野県の不動産売買の現況(2019)

長野県の不動産売買の現況は、引き続き好調です。
長野県は、日本の中央部に位置しています。
人口は200万人を超え、自然が多く住みやすいエリアとして全国的に有名です。
都心から家族で長野県に引っ越す若い世代も増えています。
新幹線や高速道路が整備されたことで、交通アクセスの面でもメリットがあります。
別荘地としては昔から有名で、現在でも新しい別荘やリゾートが次々と建てられています。
長野県の不動産事情をチェックしてみると、県庁がある長野市とその周辺地域は人気があります。
アルプス周辺や軽井沢は、別荘地として根強い人気があります。
長野県は移住や定住を希望する人に、住まいの情報をきめ細かく提供しています。
土地によって特徴があり需要も異なっているので、地元で実績のある不動産会社を利用すると良い物件を見つけやすいです。
県や市町村、長野県宅地建物取引業協会が協力して設置しているのが楽園信州空き家バンクです。
楽園信州空き家バンクを利用すると、古い民家風の家や畑付きの家など好みの条件で空き家を検索することができます。
信州への移住に関する情報をまとめたポータルサイト楽園信州では、県内市町村の情報や助成金についての情報など役立つ情報を提供しています。
不動産の相場や取引動向を知るための情報をチェックできるのが、不動産ネットワークのハトマークサイトです。
土地や一戸建て、マンションなど物件の種別ごとに各地域の市場動向や特定の地点の不動産価格について紹介しています。
不動産は同じ物件が存在しないので、立地条件や特性などを踏まえて個別に価値を判断することになります。
特定地点の土地の価値を知りたい場合は、地価公示や都道府県地価調査、相続税評価などが役立ちます。
各地の市場動向を知りたい場合は、国土交通省が提供している不動産価格指数が便利に活用できます。
新築マンションを買いたい人は、不動産流通推進センターが提供している不動産業統計集をチェックすると各地域の市場動向を知ることができます。

富山県の不動産売買の現況(2019)

富山県に住む場合やこれから売却をする時には、不動産売買の現況が参考になるでしょう。まずどのようになっているかを見ていくと、坪単価はおよそ16万円が平均的な数値になります。県全体の平均ですので、富山市とそれ以外の市町村では大きな開きがある可能性が高いです。富山市の場合は、坪単価が20万円ぐらいになっていますがその中でも駅前になるとその2倍から3倍になる可能性も否定できません。それ以外の地域は、坪単価が20万円ぐらいと考えて売買した方がよいでしょう。ただし、売却する時はもう少し低い金額での取引きになります。
今後の変動はどのようになるかですが、未来を予想に当たり過去の変動を見ておいた方がよいです。もちろん過去の変動通りに未来が動くわけではありませんが、何もないよりは参考になるところです。過去の流れから考えると、2010年あたりからほとんど金額の変動がありません。これは言い換えれば、需要と供給のバランスがほとんど変わっていないことを意味しています。これは富山市などの人口が多い所に見られる現象になりますが、それ以外の地域では土地の価格が安くなっているところも少なくありません。そうだとすれば、早い段階で物件を手に入れるよりもある程度時間をかけで物件を手に入れてもそれほど問題ないことが理解できます。
逆に、売却する立場としては、早い段階で売却したほうが高く売れることが予想できるわけです。このように、未来を見るためには過去を見ていくといくらか参考になることが多いですので一度検証してみると良いでしょう。取引数に関しては、地域によって大きく変動しています。富山市の駅前と山村などでは取引きの量は全く異なります。山村に関しては、後を継ぐ人もあまりないため安い金額でも売却するのは難しいこともあります。つまり、供給はあっても需要がほとんどない状態です。逆に市街地の場合には、ある程度供給量があってもそれ以上に需要がありますが東京23区などと比較しても特別多いわけではありません。

石川県の不動産売買の現況(2019)

石川県の不動産売買は、二極化している現況です。
たとえば県庁所在地でもある金沢市内では、外国人観光客が増加している影響もありホテル用地が足りていません。
不動産売買でメインとなるマンション用地についても同様の傾向が見られて、一般的な相場よりも高値で取引されている傾向があります。
この傾向は商業地や住宅地ではなく、オフィス用の物件でも同様に起こっています。
人気があるエリアがある一方、郊外では土地価格の下落が続いています。
高齢化の影響で空き家も増え供給が需要を上回る状況になっていますから、郊外の不動産売買の現況は苦しいと言わざるを得ません。
今後も石川県では二極化は続くと考えられているので、現況は大きく変わらないと予測されます。
石川県で活発に不動産売買が行われているのは、観光客が集まる金沢市や温泉地である加賀市などです。
つまり外部から観光客が多く流入するエリアは不動産売買の現況も良く、今後にも期待できるとされています。
また加賀市では現在新幹線の開業に伴う工事が行われていて、賃貸住宅には多くの工事関係者が滞在しています。
その影響もあり加賀市の賃貸住宅には多くの需要がありますが、工事が完了すれば関係者は退去してしまうので、現在の状態が長く続くことは期待できません。
退去後は空き家が増え土地価格の下落も予想されているので、不動産売買では注意しておきたいポイントです。
その他にも不動産売買で注目したいのは、かほく市です。
かほく市は子育て支援や定住促進策が充実しているとされ、石川県内でも若い世代に人気があるエリアとなっています。
そのためマイホームとして一戸建てやマンションを求める若い世代も増加しており、不動産売買も活発に行われています。
石川県の現況は金沢市内を始めとした活発なエリアがある一方、過疎化や高齢化が進み空き家問題に直面しているエリアもある状況です。
今後もこの流れは変わらないとされ、二極化はますます進むでしょう。

岐阜県の不動産売買の現況(2019)

岐阜県の不動産売買の現況は、地域ごとによって違いがあります。
岐阜地域では前年から現状は大きく変わっておらず、横ばいと言える現況です。
地域の特徴としては相続に伴う不動産売買が増えているとされ、消費税増税に伴う建築業者の購入も増加しました。
また加納地区の土地価格については上昇を続けており、売り手にとっては有利な現況です。
西濃地域は土地の需要がここ数年同様変わらず多く、売り手市場になっています。
住宅地については好立地とそれ以外との差が広がっており、条件次第では有利に不動産売買を行うことができるでしょう。
ただし新築は売れにくく、1,000万円以下の取引が売れやすくなっています。
事業用不動産に関しては動きが見え始め、今後は需要の拡大を見込んでいます。
中濃地域の土地も西濃地域の住宅地同様価格差が広がりつつあり、地区ごとの高低差がハッキリしてきました。
新規登録される物件の数も減りつつあり、現況は低迷しつつある状況です。
また賃貸物件に関しても東海北陸自動車道白鳥から清見間の工事が完了したため、関係者の退去が始まりつつあります。
以前の賃貸物件は100%近い入居率でしたが、完成引き渡し後は低下すると予想されています。
東濃地域は高齢のために土地を手放す所有者が増加しており、また地場産業が低迷しているため人口の流出も激しくなっています。
特に瑞浪市は人口の減少に歯止めがかからない状況が続いており、需要の増加を見込むことはできません。
その一方供給は増え続けているので、需給バランスが悪化している現況です。
飛騨地域は高山市での投機目的の不動産売買は落ち着きを見せ始め、下落傾向にあります。
また分譲マンションは多少供給不足とされていて、不動産売却をする人には有利な現況です。
しかし集合住宅の建築は増加傾向にあり、今後は供給過多に陥って賃料の下落を心配する声も上がっています。
岐阜県内の現況は、地域によって異なる状況です。

京都府の不動産売買の現況(2019)

1200年を超える歴史を有し日々大勢の観光客が訪れ観光を楽しんでいる京都府は、古風な町並みの美しさと確固たるブランド力によって不動産売買が活発に行われています。
世界規模で年々観光客が増加傾向にあるという事もあり、2019年も相変わらず収益物件を求める方やお譲りしたいという方が数多い様相ですが、京都府の不動産売買が活発なのは世界的な観光地である事に加えて、京都府内に位置している教育施設や企業の存在も関係しています。
京都府と言えば多くの方々が古風な町並みや各所に点在している数多くの寺院をイメージしますが、実は全国規模で見ても突出して府内にある大学の数が多いという特徴があります。
大学と言えば高校を卒業し、進学を機に親元を離れて初めて一人暮らしをするという方が多いため、一人暮らし用の物件のニーズが高く、学生に特化した賃貸アパートや賃貸マンションの不動産売買が活発です。
また、大学を卒業した学生は京都府内の企業に就職する事例が多いので、大学を卒業しても変わらず不動産売買は活発ですし、尚一層活発にさせているのは京都府内には地元企業が数多い事に加えて、日本や世界に認知されている名だたる企業が多い様子も関係しています。
知名度が高い大企業の本社が京都府内に多く存在しているため、学生時代は府外で過ごしたものの就職で引っ越してきた新社会人や、転勤で引っ越してきたといった社会人も不動産を求めるので、元来は望んでいても実現させるのが難しい学生と社会人の双方に需要をもたらすという事が、難なく実現させられるのが京都府の不動産売買の強みです。
しかも進学や就職、転勤などで訪れて生活をし始めた方は以後定住するという事例が多い様子から、定年退職を迎えた方や家族形態の変化に伴い欲する一戸建て住宅の不動産売買も活発です。
このような京都の不動産売買の市場に外国人観光客のインバウンド需要も相まって、現況はこれまでで最も不動産売買における利点が多い様子になっています。

兵庫県の不動産売買の現況(2019)

兵庫県は近畿地方に位置する県で、人口は約550万人、面積は約84万平方キロメートル、そして近畿では最大の面積を持つ県として知られています。兵庫県は日本海と瀬戸内海の2海に接し、南部には近畿では最大の工場数をもつ阪神工業地帯があります。兵庫県は大阪のベットタウン的な役割も持っていたと言われてきたこの県の中心都市である神戸市に人口が集まっており、県北部は近年では人口減少が起こっているという状況になっています。そのため、過密地域と過疎地域の両方を持ち、不動産売買の価格などにも人口密度は関わっています。
この県では政令指定都市でもある神戸市が不動産取引においても最大のシェアをもち、姫路市や西宮市、芦屋市などの不動産売買も兵庫県では活発です。基本的な兵庫県の不動産取引件数の現況については、市町村ごとに比較すれば神戸市が圧倒的に多くなっています。また、姫路市や西宮市、明石市などでも不動産売買数は他の市町村と比較すると多い傾向があります。
その他にも尼崎市や宝塚市などでも多く行われており、この県では神戸市以外にもマンションなどがまんべんなく分布していると言われていますので、売る側から見ると全体的には他の都道府県と比較してよりよい相場で短期成約が期待されます。
県庁所在地でもある神戸市は人口密度は全国8位で、県内でも圧倒的に不動産売買の需要が高いエリアです。中央区や垂水区、北区や東灘区、そして西区などでは県内でも活発な取引が行われており、各区での取引数は宝塚市などで行われる取引数と謙遜ない数です。そのため、これらのエリアをあわせた神戸市全体的な取引数は県内でも圧倒的な状況になっています。
このように、兵庫県の不動産売買の現況については、人口集中の高いエリアほどより活発な不動産取引が行われており、全体的に見ると神戸市が他の兵庫県の市町村と比較すると圧倒的という特徴があります。また、姫路市や西宮市なども他のエリアと比較すると活発です。

岡山県の不動産売買の現況(2019)

岡山県の不動産売買の現況は、概ね良好です。
岡山県は昔から独自の文化を築きあげてきた県で、現在でも中国地方と四国地方の交通の要衝として知られます。
県庁所在地の岡山市は全国で18番目の政令指定都市です。
岡山県に本社を持つ上場企業も多く、農業をはじめ金融業やサービス業も周辺の地域に比べて盛んです。
中国地方では広島県に次ぐ大きな都市なので、不動産価格の相場も比較的高めです。
不動産会社も多いですが大規模な不動産会社は少なく、ほとんどが地元密着型の不動産会社になります。
様々な理由で一戸建てやマンションなどを岡山県で探す場合、便利なのが不動産情報サイトです。
県下最大規模の不動産情報サイトは、約1700社が加盟している岡山県宅地建物取引業協会と岡山県不動産協会が合同で運営しています。
ライフスタイルに応じた様々な条件で物件を探すことができるので便利です。
移住や定住を考えている人向けの支援物件や、田舎暮らし向けの物件など様々な物件を紹介しています。
話題の空き家バンク物件やお試し住宅もあります。
空き家バンクのコンテンツを見ると、空き家情報流通システムでサポートされている物件がすぐにチェックできます。
空き家情報流通システムは、県内市町村が実施している空き家の情報提供を官民が協力して支援しているものです。
マンションや一戸建てを購入する予定がある人の中には、地域の情報を詳しく知るためにお試し住宅に入る人もいます。
お試し住宅は、格安の料金で短期間住んでみることができるので便利です。
実際に住んでみて、快適に暮らせることがわかってから一戸建てやマンションを購入することができるので、入居後のトラブルを防ぐことも可能です。
すぐに物件を購入したい場合は、地元で実績のある不動産会社を利用すると地域の情報を含めて優良物件を案内してくれます。
最近は地方の不動産会社でも自社サイトを持ってる会社が多く、物件についての情報のやり取りはメールでも可能です。

鳥取県の不動産売買の現況(2019)

鳥取県は中国地方のなかでも日本海側に位置し、新幹線をはじめとした交通インフラの面でも瀬戸内海側の山陽地方と比較すれば立ち遅れが目立つことから人口の集積は少なくなっています。特に全国47都道府県で見た場合の人口規模は最下位に位置付けられることもあって、全般的に鳥取県内での不動産売買は低調であり、西日本レインズで公表している県別の不動産売買の成約件数では、中古戸建住宅と中古マンションはともに月間で数件から十数件程度にとどまっています。大元の取引件数が少ないため、大型案件がひとつでも登場すれば価格・件数・面積といった統計数値に影響が及びやすく、時系列での傾向を把握するにも慎重を期する必要があります。その上での2019年時点での最新動向としては、前年2018年から価格帯や面積が前年比で下回る月が多くなっているいっぽうで、取引件数自体は横ばいかむしろ増えている月が目立っています。県内でも最近は管理者がいないか、いても適正な管理ができていない空き家が目立つ状況となってきており、かつての人口増の時代から一巡して、当面は所有者としても利用の必要がなくなった土地や建物を不動産売買というかたちで放出する動きが強まるいっぽうで、築年数の経過などの要因から高値で売却することはできず、低価格での売却を余儀なくされている事情がうかがえます。このような現況にあって、鳥取県では住宅新築に対して最高で100万円、改修の場合であっても最高50万円を交付する公的な支援事業を創設して県内での定住促進に努めているところであり、取り組みが成果を収めれば、不動産売買市場にもプラスの影響が及ぶことが見込まれます。特に定住促進に向けた県の事業は、県内人口の増加に加えて、県産材の利用促進や県内建設業の育成支援といった多方面の目的を企図している部分があることから、不動産業界だけにとどまらないさまざまメリットを誘発することが期待されます。

島根県の不動産売買の現況(2019)

島根県の不動産売買は、全国の地方と同じような現況です。
相続による空き家や売却の相談が増え、島根県の中心部以外は人口の流出が増加し供給過多に陥りつつあります。
そのため不動産価格も全体的に低調に推移しており、現況は苦しいと言わざるを得ません。
今後も人口減による供給過多の状況は続いてくと考えられますから、現況を短期間で改善するのは厳しいとされています。
しかし島根県でも松江市など比較的人口が多い地域では、不動産価格も横ばいが続いています。
住宅地・商業地とも一定の需要があり、中古マンションに関してもその他の地域に比べたら現況は良いです。
その他の分野でも郊外に比べたら需要はありますから、現況が苦しい島根県内でも状況は良いと言えるでしょう
つまり全国の地方と同じく、島根県内の不動産市場も中心部と郊外で二極化が進んでいると言えます。
二極化の傾向も続いていくとされており、松江市など比較的人口が多いエリアでは不動産売買も上手くいく可能性がありますが、それ以外の地域では売却に時間がかかるなど問題点が発生するかもしれません。
島根県で不動産売買を考えている場合は、それぞれの立場から問題点を頭に入れておくべきでしょう。
現況は不動産売買には厳しいと考えられる島根県ですが、今後もその傾向には変わりありません。
政府は地方再生を掲げさまざまな政策を行っていますが、どれも有効性に欠け若い世代の人口流出は止まりません。
地元の高校大学を卒業しても大阪や東京の学校に進学したり就職する若者は増えるので、県内の住宅を所有する人々は高齢化が進み、賃貸・戸建てともに住宅需要の増加は見込めないでしょう。
また店舗やオフィスなどの物件も同様に中心部以外では回復が見込めず、ますます厳しい状況になっていきます。
島根県の不動産売買の現況を変え改善していくためには、人口の流出を食い止め不動産の需要を喚起するところから始めなければいけません。

愛媛県の不動産売買の現況(2019)

四国の中でも、観光地として人気があるところが愛媛県にあります。温暖な気候としても知られており温泉などもあることから多くの観光客でにぎわっている土地です。近年は、交通の便も良くなっており首都圏からも比較的容易に現地に行くことが可能になります。
そこで、愛媛県の不動産売買の状況を見てみると、現況では一坪当たり23万円程度を維持しているのが特徴になります。これは、全国平均でみると、25万円安くなりますのでお買い得と言えるでしょう。ただ、東京や大阪の一部の地域が爆発的に土地の値段を上げているだけですので、都会の一部を除けば、そこまでやすいとは言い切れません。
取引きの回数は、価格によって変わるといえますがここ10年ぐらいはそれほど変わっていません。ただ、緩やかな右下下がりになっていますので、購入する立場としてはそれほど焦らずに購入してもよいでしょう。一方で、売却する立場とすれば、何か特殊な事情がない限り今後土地の値段が上がることはなかなか想定しにくいといえます。そうすると、早い段階で売却したほうがある意味得と言えるでしょう。ただもちろん、その地域の特殊な事情もありますので必ずしも早ければよいとも言い切れませんので後は運になるといえます。
愛媛県の中でも、一番人口が多い松山市は平均的な坪単価が41万円と全国平均にかなり近づいて来ているのが特徴です。市内でも、中心部は土地の値段が上昇しておりこの地域に関しては売却は少し待った方がよいかもしれません。逆に購入する立場は、早めに購入した方がよいとも言えます。
それ以外の地域は、ある程度人口が多い今治市などは中心部の松山市に比べると土地の取引きはそれほど行われていません。若干下落の傾向もありますが大幅に下落しているわけではありません。それ以外の地域は、2010年あたりからの土地の価格を見る限り比較的土地の値段が下落しており、取引き量も減少している傾向が見受けられます。

香川県の不動産売買の現況(2019)

四国の北東部に位置する香川県は、面積がおよそ1877平方キロメートルと全国で一番小さい県でありながら災害が少なく、都市の利便性と瀬戸内海を含めた豊かな自然を併せ持っていることが特徴です。人口はおよそ97万人で、農業と水産業を中心とした第一次産業と、瀬戸内工業地域の一翼を担い造船業や鉱業が盛んな第二次産業、面積の大部分が平地で占められているため県内全域に人口が分布していることから、商業施設などの第三次産業がバランスよく発達している県と言えます。しかしながら人口は年々減少傾向にあるため、不動産売買の現況を見ると中心は政令指定都市の高松市と、それに次ぐ丸亀市に集中しており、他の市町村では価格は低めに推移しています。高松市は四国の玄関口としても栄えている地域で、企業の支店などが集中する経済拠点で高層ビルなども多く、特に高松駅周辺はオフィス街の機能に加えて商業エリアとしての機能も有しているため、不動産の需要も高く今後も高目で推移していくと考えられます。丸亀市の人口は横ばい状態が続いており市の中心部の勢いは失われつつありますが、郊外に大型ショッピングセンターが相次いで開業するなど、ベッドタウンとして注目を集めています。香川県全体の不動産平均価格は住宅地は1平方メートル当たりおよそ33000円が相場ですが、高松市の場合は平均48000円とかなり高目で、次いで丸亀市の36000円、宇多津町の34000円と続きます。商業地の場合は県全体が74000円が相場であることに対して高松市は110000と突出して高額で、次いで丸亀市の71000円と観音寺市の65000円となっています。全体的に分析すると、高松市の不動産価格は上昇傾向が強く、他の地域は横ばいもしくはやや下落傾向にあり、三豊地区や小豆地区、大川地区などは下落傾向が強めに出ているため、不動産売買の現況としては投資や賃貸経営には不向きであると言うことができます。

高知県の不動産売買の現況(2019)

高知県の不動産売買の現況は、上昇傾向にあります。
四国の中でも太平洋側にある高知県は、四万十川があり坂本龍馬の生まれ故郷としても有名です。
昔から漁業が盛んですが、農業も活発に行われています。
高知県は他の県に比べて少子化が進んでいたこともあり、他県よりも早く移住施策を実施したことで知られます。
2012年の移住者は225人と少なかったものの、2016年には1000人以上になっています。
移住施策を抜本的に強化したことで、2013年から一気に移住者が増加しています。
大幅に移住希望者が増えた理由のひとつが、都市部への情報発信です。
高知の良さを知ってもらうために積極的にプロモーションを行い、移住ポータルサイトを充実させます。
情報発信を強化したことで、若い世代の中にも移住を希望する人が増えつつあります。
都市部に相談窓口を開設し、気軽に相談できる環境を整えたことも移住者の増加につながっています。
田舎暮らしにあこがれる人は多いですが、実際に住んでみると様々な課題が出てきます。
高知県では田舎暮らしを体験できるお試し滞在施設を整備しています。
一戸建てやマンションを購入する場合、大きな出費になります。
住んでみてから合わない環境であることがわかるケースもあります。
お試し滞在施設や賃貸住宅を利用することで、様々なリスクを避けることができます。
高知県への移住新規相談者数が増えていますが、就業希望先は4割が企業です。
農業に就業することを希望する人も3割います。
高知県では農業に従事したい移住希望者をサポートすために、研修制度やスクールを整備しています。
高知県の不動産取引データをチェックしてみると、高知市での取引が多いです。
都市はマンションの売却相場も高いので、都市部のマンション需要が伸びています。
高知県は、新築物件だけでなく中古物件も需要が高いです。
中古物件を安く購入し、リフォームする若い世帯が増えています。

徳島県の不動産売買の現況(2019)

徳島県の不動産売買の現況としては、一戸建ての売却価格が減少傾向にあり、マンションの数が少なくなってきているので、買い手市場であると言えるでしょう。特に徳島県は四国の中でも土地の取引が少ないことから、不動産売買は盛んに行われていません。更に、徳島県民のほとんどは戸建てを保有しているので、マンションの絶対数が全国平均よりもかなり低い傾向にあります。そのため、不動産売買を徳島県で行う場合は、なかなか売却できないことが予想されるでしょう。特に今後消費税増税によって更に実売価格が高くなってしまうと、土地や建物を購入したいと考えている方は減少していきます。しかし、観光地化がされている徳島市の場合は別で、毎年夏の時期に観光客が訪れることから一定の需要があります。特に阿波踊りの開催地区付近の不動産価格は他の地域よりもやや高めになっていることが多く、短期で利用できるウィークリーマンションなども他の地域より高めに設定されているのです。そのため徳島市周辺の地域は売却する際の価格に十分注意しましょう。その他の地域では空き家問題も報告されており、若者の流出も影響して、地価の減少は今後も深刻化していくことが予想されます。売却を検討している場合は一刻も早く手続きを済ませたほうが無難です。以上の点から徳島県の不動産売買の現況としては、マンションの絶対数が少なくなっていることや、人口流出問題に加え、空き家問題や過疎化などの影響で今後も不動産価格は下落傾向になると予想されます。更に徳島県は四国地方の中でも南海トラフ地震による影響を受けやすく、買い手が見つからないことも多いです。他にも西日本豪雨災害で土砂災害や洪水などによる影響を受けている地域もあります。それらの震災による被害が深刻な地域の場合は、無理をして売却するのではなく、有効利用していく方法で活路を見出したほうが良いでしょう。購入する際にも県のハザードマップを確認したほうが無難です。

大分県の不動産売買の現況(2019)

九州地方の中でも、比較的歴史の古い場所として大分県があります。宇佐神社をはじめとして、古くからの建物があるだけでなく別府温泉などの観光地としての魅力もあり人気の場所になります。実際大分周辺に住むとすれば、土地の売買の変動が気になるところです。そこで、大分県の不動産売買の現況を見ていくとさまざまのことがわかります。まず、2012年あたりから不動産売買の状況はそれほど変化していません。土地の売買の量もそれほど変わっていないだけでなく、値段も変わっていないのが特徴になります。ちなみに大分県の平均的な一坪あたりの地価ですがおよそ20万円となっているのが特徴です。
この土地の値段は、日本平均と比べると半分程度になりますのでかなり求めやすい金額と言えるでしょう。購入をする立場からすれば、またとない絶好の機会と言えます。これは、大分県全体が市街地よりも農村の地域が多くあまり高い価値がつきにくいのがポイントになります。九州の中でも、福岡県のようにある程度人口が集中している所ならば土地の値段も高く維持することができますが、大分県の場合はそのような傾向はないため特に爆発的に人気が上がることもあまり考えにくいです。
では、一番の中心地の大分市はどうでしょうか。大分市を見ていくと、一坪の平均価格が25万円となっているため大分県全体から比較するとやはり高い傾向が見受けられます。当然その分だけ、土地の取引きも頻繁に行われていることが理解できるでしょう。とはいえ、過去10年ほどは横ばいになっているかやや右下下がりになっている傾向が見受けられます。ですが例外的に、駅前などの一部の地域は土地の値段が上がっている傾向があります。この理由は明確ではないものの、開発が進んでいることなどが考えられます。
今後新幹線などが開通する予定があれば、土地の値段は上昇する可能性も出てきますが現状のところはしばらく横ばいが続くと予想できるでしょう。

長崎県の不動産売買の現況(2019)

不動産売買における長崎県全体の現況は、基準地価が21年連続下落しており厳しい状況です。
しかし下落幅は前年比1.0%と縮小しており、若干改善の傾向が見られます。
商業地の基準地価は前年からマイナス0.3ポイントとなっており、下げ幅は縮小しました。
下げ幅が縮小したのは、長崎市や大村市などで基準地価が上昇したからです。
長崎県の中心部ではマンション用地の需要が高く、またJR長崎駅周辺は新幹線の整備や県庁移転で整備が進み地価が上昇しています。
今後もJR長崎駅周辺は地価の上昇を期待できるので、長崎県全体をけん引していくと考えられます。
住宅地は商業地よりも下落幅は大きくなっていますが、こちらも前年に比べると縮小しました。
離島では現在でもマイナスの傾向は続いていますが、それ以外の地域では改善しつつあります。
今後も大村市・長与町・時津町・佐々町では住宅需要が好調なので、縮小傾向は続くと考えられています。
長崎県の東部地区ではJR長崎駅から大波止地区の土地価格が上昇しており、不動産売買の状況も好転しつつあります。
東部地区行われているその他の再開発事業も順調に進み、マンション需要も増えつつある現況です。
長崎県の西部地区は二極化が進み、電車通り近辺は改善しているものの交通が不便なエリアは高齢化が進んでいて、空き家が増えるなどの問題が発生しています。
南部地区は新築・中古ともにマンション需要が好調に推移しており、不動産売買も活発な現況です。
今後も中心部では再開発事業が行われ利便性が高まると予想されるので、現況は今後も続くと考えられています。
しかし南部地区も斜面地や高台では高齢化が進んでいて、空き家が増えて下落傾向にあります。
長崎県の不動産売買の現況は、中心部では活発であるものの不便な土地や離島を含むその他のエリアは低調です。
今後も現況の傾向は続いていていくとされており、二極化がますます進行していくでしょう。

宮崎県の不動産売買の現況(2019)

宮崎県の不動産売買の現況は、住宅地と商業地は県央・県北では横ばいもしくは改善傾向、それ以外の地域では厳しい状況が続いています。
最新の調査結果からは二極化しているとされ、その傾向は顕著になっています。
不動産売買で重要な中古マンションも住宅地と商業地と同じく、現況は大きく変わりません。
地域によって現況は二極化しており、不動産売買もエリアによって有利不利は変わってきます。
賃貸物件については住宅地・商業地ともに悪化傾向にあり、特に築年数の古いアパートやマンションは新築に押され気味で家賃を下げなければ入居者を確保できない状況です。
業務用の賃貸物件についても宮崎県内は供給過多の現況にあり、賃貸市場は苦しい状況が続いていると言えるでしょう。
宮崎県内ならではの特徴としては、沿岸部では高台の物件を求める傾向にあることです。
大淀川の河口付近など宮崎県の沿岸部は、将来必ず起きると言われる南海トラフが大地震を引き起こすと、大津波が押し寄せ大きな被害が発生するとされています。
2011年に発生した東日本大震災でも、東北地方から茨城県にかけての沿岸部には大津波が押し寄せて、大きな被害をもたらしたくさんお命や財産が失われてしまいました。
南海トラフで大地震が発生したときにも、宮崎県では同様の被害が発生する恐れがあります。
そのため人々は沿岸部から離れた津波の危険性が低い高台の物件を求める傾向があり、海沿いの低地にある物件は売りにくくなっている状況です。
その他の特徴としても相続による売却や空き家などの相談が増えつつあり、住宅用の物件は低調な取引です。
その一方で都城市ではインターチェンジのそばの地区は不動産売買が増えつつあるなど、特定の条件が揃っている物件の取引は活発です。
今後も宮崎県の不動産売買は現況のとおり厳しいとされていますが、津波による被害の危険性が低い高台や交通の便が良い場所など特定の条件を満たせば、活発に推移されていくでしょう。

鹿児島県の不動産売買の現況(2019)

鹿児島県の不動産売買の現況は、前年度と同様に好調です。
鹿児島県は世界遺産の屋久島があり、自然が豊かで産業も活発です。
豊富な資源を有している県で、火山があることから温泉の数も多いことで知られています。
県内の入浴施設はほとんどが温泉で、観光客も多く訪れます。
本土と呼ばれているのが薩摩と大隈地方で種子島や屋久島、奄美地方などの薩南諸島は離島と呼ばれています。
農業や畜産業も盛んで、全国的に有名なブランドがあります。
鹿児島県の不動産相場は、九州地方の中では比較的高めです。
特に鹿児島市周辺は不動産価格が高いです。
都市部と郊外では不動産物件の査定額にかなりの差があります。
多くの不動産会社が鹿児島市の周辺にあります。
鹿児島県では公社の分譲宅地を購入した人が地域優良住宅を建築するためにフラット35を利用した場合、償還のスタートから5年間にわたり融資残高に対して1%相当の利子補給金が交付されます。
仕事や移住などで鹿児島県に一戸建てやマンションを購入する予定がある場合、不動産ネットワークを活用すると条件に合った物件を速やかに探すことができます。
公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会が運営しているハトマークサイト鹿児島は、特に有名です。
公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会は、国民の住生活の向上と宅地建物取引に係わっている者の資質向上を図り一般の消費者を保護するために公益事業を行っています。
全国47都道府県に約10万の会員を有する国内最大の業界団体で、不動産業界に関わる事業を行っています。
勝者が安心して不動産取引を行えるように、様々なサポートをします。
鹿児島の不動産業界も時代と共に変化しています。
不動産のビジネスモデルも多様化し、新たな課題も次々と生まれています。
ハトマークサイトは一戸建てやマンションなどの不動産を購入する場合や借りる場合に、便利に活用できるサイトです。
優れた検索機能があり、条件を入力すれば条件にマッチした住宅や土地を見つけることができます。

沖縄県の不動産売買の現況(2019)

沖縄県の不動産売買の現況は、前年に引き続き好調を維持しています。
沖縄県本島は、3つのエリアで構成されています。
北部は自然に恵まれ、沖縄の豊かな自然を満喫できます。
人口は少ないものの、希少価値の高い植物や生物が多いので昔から人気があります。
中部エリアは米軍基地を有するため、沖縄とアメリカの文化が混ざった独特の雰囲気があります。
異国情緒があるエリアなので、観光客も多いです。
那覇市を含む南部地域は海が近くて生活するのにも便利なので、人気が高いエリアとして知られています。
地方都市なので東京などの首都圏と比べても生活のギャップを感じることがなく、県外から移住する人も多いです。
沖縄の不動産で人気が高いのは、県庁のある那覇市です。
市内には那覇空港と那覇港があり、モノレールや路線バスが整備されています。
那覇市の商業地区にはショッピングモールや企業のオフィス、ホテルがあり日本全国からビジネスや観光で多くの人が訪れます。
最近は高層マンションも次々と建設されています。
那覇市周辺では宜野湾市の人気が高く、不動産や賃貸物件の数が豊富です。
那覇市は人気が高いだけに土地や一戸建て、マンションの価格が他のエリアに比べて高くなっています。
宜野湾市など近隣のベッドタウンは、那覇エリアに比べて賃料を抑えることができるため若い世代にも人気があります。
米軍基地の関係者が多い沖縄本島中部の嘉手納町や北谷町は、アメリカ色の強いレストランやショップが多い地域です。
北谷町は空港からのアクセスもよく、観光客に人気があるエリアでもあります。
嘉手納町の北側にある読谷村は、国道を使って沖縄市や北谷町へスムーズにアクセスできます。
通勤にも買い物にも便利で海も近く、住地区が広いために物件が豊富です。
沖縄市は沖縄県第二の都市で、那覇市の次に人口が多い市です。
国際色が豊かで、不動産物件も個性的な物件が多く若い人にも人気があります。
魅力が豊富な沖縄県は移住ブームもあり、現在はかなり不動産情報が充実しています。

三重県の不動産売買の現況(2019)

三重県は伊勢湾に面している地形的には細長い形をしているのが特徴で、そのため地域によって気候が大きく変化している点が特徴となっています。東側に伊勢湾が存在し、海産物などで有名なものが多いことや、その一方で西側には様々な山脈が存在していることから山の幸にも恵まれており、自然に囲まれて生活することができる場所として人気の高い地域でもあるのです。また商業都市にも比較的近く、通勤などにも便利な場所となっていることから古くからベッドタウンとして住宅を購入する人も多くなっているのが特徴です。この傾向が近年でもあまり変わらず、不動産売買は安定的に推移しているのが現況となっています。
三重県がベッドタウンとして非常に栄えている理由にはその他にも大きなものがあり、細長い形であることから様々な地域と面しておりとの交流が深いことがあるのです。これらの地域の文化も取り入れやすいことから非常に様々な文化が交流しており、都心などから移住する人にとっても地元の人との交流が深めやすいことが大きな要因となっています。
近年では田舎暮らしがブームとなっており、様々な地域に移住すると言う人も多いのですが、その中には地元の環境に馴染めず結局は戻ってしまうと言う人が少なくありません。これは文化的に様々な県と隣接していないことから他県の人間を受け入れない潜在的な気質が影響してしまうことが多いのですが、三重県の場合にはそれにこれらを受け入れる環境が整っていることから、移住した人が非常に住みやすいものとなっており、これらの人が定住するとともにさらに新しい仲間を呼び込むこともあり、不動産売買が顕著になっている点も大きな要因となっています。
三重県の不動産売買の現況は従来に比べて大きな推移は見られないと考えられますが、その状況は堅調に推移しており、非常に安定的な状況となっているのが特徴です。今後もこの状況が続くものと考えられ、安定的な不動産売買が続くと見込まれます。

中国の不動産売買の現況(2019)

中国の不動産売買の現況をみてみると、相変わらず好調です。
中国では2000年以降都市化が進んだため、不動産投資が活発になっています。
世界の中でも中国の経済成長率は群を抜いている状態で、すでに日本のGDPを抜いています。
アメリカに次ぐ経済大国となり、これからさらに経済的な発展を遂げると予測されます。
10億人以上の人口を抱えている中国は、不動産市場も活発に動いています。
不動産バブルの崩壊を心配する人もいますが、現在のところは不動産バブルが崩壊する兆候はないです。
以前は毎年20%の驚異的な伸び率を見せていた不動産投資は、だいぶ落ち着いてきています。
不動産投資は引き続き好調で、ゆるやかではあるものの成長は続いている状況です。
国家統計局が発表したデータをチェックしてみると、2018年1月から6月までの不動産投資は前年と比べて10%弱増えています。
現在も投資額の増加は続き、中国の不動産に興味を持つ外国の投資家は多いです。
不動産バブルが長かった中国では、住宅が供給過剰となっている地域もあります。
内陸部の都市ではゴーストタウンになっている地域もあり、日本のメディアでも度々報じられています。
大都市の北京や上海、広州などは人気が高いため不動産価格に大きな落ち込みは見られない状態です。
住宅の供給は不足している状態なので、相変わらず不動産価格は高いままになっています。
広大な土地を持つ中国では、地域や都市によって住宅の価格が異なります。
一部のデータを見ただけでは、国全体の不動産事情を把握することは難しいです。
中国では土地に私有権がなく、使用権が認められています。
使用権が認められていることで不動産の売買ができるわけです。
外国人が土地の使用権を取得したい場合は、不動産投資で物件を購入する場合とプライベートで居住用の住宅を購入する場合とでは購入条件が違ってきます。
外国人投資家が不動産投資をする場合は、外商投資企業を設立する義務があります。

インベス,カーブス,元気広場,ワンツーワン,コインランドリー,情報,仮面ライダー,北海道,青森,岩手,宮城,秋田,山形,福島,茨城,栃木,群馬,埼玉,千葉,東京,神奈川,新潟,富山,石川,福井,山梨,長野,岐阜,愛知,三重,滋賀,京都,大阪,兵庫,奈良,和歌山,鳥取,島根,岡山,広島,山口,徳島,香川,愛媛,高知,福岡,佐賀,長崎,熊本,大分,宮崎,鹿児島,沖縄,材木,木材,製材.サークルK,すまけい,鈴鹿,生桑,ハローワーク,求人,介護,時給,オープニング,介護予防,通所,看護師,PT,OT,マッサージ師,柔道整復師,生活相談員,アイスランド共和国,アイルランド,アゼルバイジャン共和国,アフガニスタン・イスラム共和国,アメリカ合衆国,アラブ首長国連邦,アルジェリア民主人民共和国,アルゼンチン共和国, アルバニア共和国,アルメニア共和国,アンゴラ共和国, アンティグア・バーブーダ,アンドラ公国,イエメン共和国,グレートブリテン及び北アイルランド連合王国,イスラエル国,イタリア共和国,イラク共和国,イラン・イスラム共和国,インド,インドネシア共和国,ウガンダ共和国,ウクライナ,ウズベキスタン共和国,ウルグアイ東方共和国,エクアドル共和国,エジプト・アラブ共和国,エストニア共和国,エチオピア連邦民主共和国,エリトリア国,エルサルバドル共和国,オーストラリア連邦,オーストリア共和国,オマーン国,オランダ王国,ガーナ共和国,カーボベルデ共和国,ガイアナ共和国,カザフスタン共和国,カタール国,カナダ,ガボン共和国,カメルーン共和国,ガンビア共和国,カンボジア王国,ギニア共和国,ギニアビサウ共和国,キプロス共和国,キューバ共和国,ギリシャ共和国,キリバス共和国,キルギス共和国,グアテマラ共和国,クウェート国, グルジア,グレナダ,クロアチア共和国,ケニア共和国,コートジボワール共和国,コスタリカ共和国,コモロ連合,コロンビア共和国,コンゴ共和国,コンゴ民主共和国,サウジアラビア王国,サモア独立国,サントメ・プリンシペ民主共和国,ザンビア共和国,サンマリノ共和国,シエラレオネ共和国,ジブチ共和国,ジャマイカ,シリア・アラブ共和国,シンガポール共和国,ジンバブエ共和国,スイス連邦,スウェーデン王国,スーダン共和国,スリナム共和国,スペイン,スリランカ民主社会主義共和国,スロバキア共和国,スロベニア共和国,スワジランド王国, 赤道ギニア共和国,セーシェル共和国,セネガル共和国,セルビア共和国,セントクリストファー・ネイビス連邦,セントビンセントおよびグレナディーン諸島,セントルシア,ソマリア,ソロモン諸島,タイ王国,大韓民国,タジキスタン,タンザニア,チェコ,チャド,中央アフリカ共和国,中華人民共和国,チュニジア,朝鮮民主主義人民共和国,チリ,ツバル,デンマーク,ドイツ,トーゴ,ドミニカ共和国,ドミニカ国,トリニダード・トバゴ,トルクメニスタン,トルコ,トンガ,ナイジェリア,ナウル,ナミビア,ニカラグア,ニジェール,日本,ニュージーランド,ネパール,ノルウェー,バーレーン,ハイチ,パキスタン,バチカン,パナマ,バヌアツ,バハマ,パプアニューギニア,パラオ,パラグアイ,グアラニー,バルバドス,ハンガリー,バングラデシュ,東ティモール,フィジー,フィリピン,フィンランド,ブータン,ブラジル,フランス,ブルガリア,ブルキナファソ,ブルネイ,ブルンジ,ベトナム,ベナン,ベネズエラ,ベラルーシ,ベリーズ,ペルー,ベルギー,ポーランド,ボスニア・ヘルツェゴビナ,クロアチア,ボツワナ,ボリビア,ポルトガル,ホンジュラス,マーシャル諸島,マケドニア共和国,マダガスカル,フランス語,チェワ語,マリ共和国,マルタ,マレーシア,ミクロネシア連邦,南アフリカ共和国,ズールー,南ンデベレ,ペディ,ソト語,スワジ語,ツォンガ語,ツワナ語,ヴェンダ語,コサ語,南スーダン,ミャンマー,メキシコ,モーリシャス,フランス,モーリタニア,フランス,モザンビーク,モナコ,モルディブ,モルドバ,モロッコ,モンゴル国,モンテネグロ,ヨルダン,ラオス,ラトビア,リトアニア,リビア,リヒテンシュタイン,リベリア,ルーマニア,ルクセンブルク,ドイツ,ルクセンブルク,ルワンダ,レソト,レバノン,ロシア,アブハジア,ロシア,ドニエストル共和国,モルドバ,ウクライナ,北キプロス,トルコ共和国,クック諸島,コソボ,セルビア語,西サハラ,スペイン,ソマリランド,中華民国,ナゴルノ・カラバフ共和国,ニウエ,パレスチナ国,南オセチア共和国,amazon,比較,ランキング,2ch

 

株式会社インベスのフランチャイズ事業:カーブス関連記事

 

青森県のカーブスの現況(令和元年・2019)
あなたは最近体を動かしていますか?ちょっとした段差につまずきやすい、階段の上り下りがつらいといったような日常の変化を感じたあなたは、もしかして運動不足かもしれません。運動不足は筋力の低下をまねき、ケガのリスクを高めることにもつながります。いつまでも元気な体で毎日を送るために継続的に運動することはとても大切です。かといって激しい運動や、負荷の多い運動は3日坊主になりがちです。特に、ある程度年齢を重ねた体には、自分の年齢に見合った体の動かし方が求められます。一般的なスポーツクラブではハードルが高いと感じている方も多いのではないでしょうか。カーブスでは、コーチが体調に合わせてトレーニング内容やペースを確認してくれるので、自分に合った運動をすることができます。決まったプログラムの流れに沿って筋力トレーニング、有酸素運動、ストレッチを行うことで効果的な運動につながります。脂肪も燃えやすくなるので、ダイエット目的で運動したい女性にも適したプログラムといえるでしょう。スタッフや会員は女性のみなので、男性の目を気にすることなく体を動かすことができます。カーブスの魅力は、充実したプログラム内容に加えて通いやすく、続けやすいという点にあります。予約不要なので、いつでも思い立った時に立ち寄ることができます。1回30分のメニューで、ハードすぎない内容なので仕事や家事のあいまにも最適です。こうした手軽さから教室数も多く、全国どこにいても近くの教室を探すことが可能です。青森県にもカーブスは数多くの教室をもうけており、現況では青森市に5つ、十和田市に1つ、八戸市に5つ、弘前市に3つ、三沢市に1つ、むつ市に1つの計16の教室があります。全店舗で電話やwebから無料体験会の予約を受け付けているので気軽に問い合わせてみてください。無理なく筋力運動を続けることのできるカーブスは、運動不足な女性たちからの支持も多く、今後も教室数の増加がみこまれます。

岩手県のカーブスの現況(令和元年・2019)
岩手県のカーブスの現況を調査してみると13店舗あります。
岩手県の中で最も店舗数が多いのが盛岡市で、全部で5店舗あります。
地方でも大人気のカーブスですが、岩手県も例外ではなく幅広い年齢層の女性達が身体を鍛えています。
年齢を重ねると代謝が落ち、脂肪がつきやすくなります。
運動不足が重なると、さらに太りやすくなるため悩んでいる女性は多いです。
定期的に運動を行うことで体重を効率よく減らすことができます。
人間は年齢とともに筋肉が減ってしまいます。
筋肉には脂肪を燃やすという重要な役割があります。
脂肪を燃やしてエネルギーが作られます。
筋肉は30歳くらいから徐々に減るので、健康的に体重を減らすには筋肉をつけることが対策になります。
カーブスには独自のプログラムと女性用に開発した優秀なマシンがあります。
1回わずか30分の運動で、心身がスッキリして脂肪を燃焼しやすい身体へと変化していきます。
日本には全国的に有名なフィットネスクラブの大手チェーンが複数ありますが、そのほとんどが予約を入れてレッスンに通うシステムになっています。
カーブスは予約が不要で、空き時間ができたら気軽に寄って楽しく運動をして帰れます。
たった30分の運動なので疲れが残らず、心身がスッキリします。
初めてフィットネスクラブに通う場合は不安になる人も多いですが、カーブスには専任のインストラクターがいるので安心です。
スタッフも会員もすべて女性なので、のびのびと運動ができます。
カーブスには腰痛や生活習慣病で悩む女性も通っています。
運動をすると身体が元気になり、健康にも美容にも良い影響を与えます。
筋力運動といっても様々な種類があります。
カーブスは独自のプログラムで脂肪を効率よく燃焼させます。
女性に優しいマシンを使って、自分のペースで運動をします。
休憩をはさみながら上半身のトレーニングと下半身のトレーニングを行うことで、短時間でもメリハリのついた運動ができます。

秋田県のカーブスの現況(令和元年・2019)
カーブスは、全国に1950店舗を構える健康体操教室です。秋田県では、現況13店舗があります。秋田市・大館市・大仙市・能代市・湯沢市・由利本荘市・横手市に店舗があり、大勢の利用者の方が通っています。
カーブスの月額の利用料はコースにより異なりますが、税込み6156円、もしくは税込み7236円です。入会金は、税込み16200円ですが、現在、各店舗先着30名限定で、入会金50%OFFキャンペーンを実施しています。また、1回無料体験キャンペーンも実施しているので、入会を検討している方はこれを機会に試してみるのもいいでしょう。
このように料金はかかってしまいますが、カーブスは何回通ってもいいというところが魅力の1つです。しかも予約やキャンセルの電話をする必要もなく、行きたいと思ったときにいつでも行くことができます。着替えを用意する必要もなく普段着で運動できるのもいいですね。そして、女性専用というのも重要なポイントです。コーチも女性なので、男性と一緒では恥ずかしいとか不安を感じる人でも、安心して運動に取り組むことができます。
カーブスでは、大勢の人が運動の効果を実感しています。これまで体重が減らなかった人やなかなか体力をつけられなかったという人にも評判です。その理由は、2種類の運動を効果的に組み合わせることにあります。脂肪を燃焼させる有酸素運動と、簡単な筋力運動を組み合わせるのです。これにより運動の消費カロリーは、ウォーキングの約3倍にもなると言われます。また、コーチがその日の健康状態やそれぞれの要望を聞いたうえで、サポートしてくれるので、運動未経験の方でも無理なく取り組むことができます。その証拠に、カーブスの利用者はなんと約8割が50代以上なのです。いままであまり運動を経験したことのないという方も、たのしく気軽に運動を始めています。もちろん、若い方も大勢利用しており、幅広い年齢層の支持を得ています。

山形県のカーブスの現況(令和元年・2019)
山形県には、2019年の現況で16店舗のカーブスがオープンしています。
数は他の都道府県に比べると少ないですが、駐車場は完備しているので車で行くことができます。
山形県は大都市圏ほど交通網が発達している場所ではないので、駐車場が完備されているのはポイントです。
また山形県にある全てのカーブスには、AEDと血圧計も完備されています。
運動中にもしものことがあっても、AEDですぐに救命処置を行えば生存する確率は高くなるとされています。
完備されている血圧計を使って、体の状態も運動前後に把握することもできるでしょう。
安全のために必要な設備が充実しているのは、山形県にあるカーブスの良いところです。
AEDや血圧計など、店舗ごとの情報はカーブスのホームページにまとめられており、誰でも簡単に現況を確認することができます。
詳細な周辺地図や営業時間も掲載されていますから、山形県でカーブスに通うことを検討しているならチェックしましょう。
山形県でカーブスへの入会を検討しているなら、試しておきたいのが無料体験です。
県内の全店舗では無料の体験会を実施しており、入会前に試してみることができます。
無料体験をして内部の雰囲気やプログラムの内容を確かめておけば、入会してから後悔することはないでしょう。
体験会は予約制となっているので、ホームページで連絡先を調べてから気軽に問い合わせてください。
山形県にあるカーブスの現況は、東京や大阪など都市部に比べれば店舗数も少なく満足できる数ではありません。
しかし人口比で考えれば極端に少ないとは言い切れず、また車社会なので駐車場が完備しているのは優れたポイントでしょう。
AEDや血圧計といった設備も充実しており、他の都道府県と同様に無料体験も利用できます。
カーブスの店舗数が他の都道府県より少なくても中身は充実している現況なので、山形県でフィットネスジムに通い運動したいならおすすめです。

宮城県のカーブスの現況(令和元年・2019)
宮城県のカーブスの現況は、他県と比較すると一部集中型という傾向が顕著に表れています。確かに、県全体で比較すると約40店舗も展開しているため、県全体に施設が提供されているようにも見えます。しかし、内情を見てみると宮城県の中でも特に仙台市に非常に多くの施設が集中しているということがわかります。現実的にも、仙台市には約20店舗もの施設が存在していて、宮城県内のカーブスの約50%がここに集中していることがわかります。他の市町村にもカーブスは点在していますが、1都市あたりに1店舗程度しか存在しないことが多く、多種多様なサービスを受けたいと考えているときには仙台市に赴くことが一番効率的です。実際に、仙台市は他の市町村からでもアクセスが集中しやすい場所にありますので、他の地域で暮らしているときにはここまで行ってサービスを利用する人も多いです。ただ、仙台市の施設を利用するときには注意をする必要もあります。約半数の店舗が集中しているということもあって、色々なアクセスをすることが可能な現状にあります。そのような状況もあって、自動車ではアクセスすることが難しい施設も存在します。実際に、仙台市の中にも駐車場が隣接されていないところがありますので、こういったところではアクセス手段に気を付けなくてはいけません。また、1つの個別店としてサービスを提供しているわけではなく、大型のショッピングモールの中でサービスを提供しているところが多いという特徴もあります。家族連れが多いということもあって、利用する年齢層にも幅がありますので、こういった点を気にする人は利用する施設に気を付けなくてはいけません。さらに、宮城県の特定のエリアの施設では他の施設と連携をしてサービスを提供している大きな特徴もあります。元々、カーブスは身体的機能の向上を目的として提供されていますので、医療施設と連携をとることでより精度の高いサービスを提供するという役割を持っています。

福島県のカーブスの現況(令和元年・2019)
多くの方々が健康維持やダイエットのために利用しているカーブスの現況は、福島県で30近くの店舗を運営するほど成長を続けており、幅広い世代の女性が運動を楽しんでいます。その30近くの店舗の大半に駐車場があるために自家用車でも気軽に通う事ができますし、駅から近い店舗も多いので交通アクセスの良さでも評判が良いです。

 

いわき市が福島県の市町村の中では店舗数が一番多くて、6つほどの店舗の中から好みのコースを選んでダイエットを楽しめます。ショッピングモールの中でも経営しているために、買い物帰りに運動を楽しみたい時にも便利なジムとして話題になっており、予約不要でトレーニングを始める事が可能です。

 

いわき市の次に店舗数が多いのが郡山市で、5つのジムは全て地元の方々から愛されていて、郡山市にあるカーブスのジムは全て駐車場が利用できます。血圧計やAEDなどの機器も用意されているので、誰でも気軽に運動を楽しめると評判もいいです。県庁所在地となる福島市では駅から近い位置でジムが運営されており、リオン・ドール鎌田店などは中央卸売市場で買い物をした帰りに運動を楽しみたい時にも便利だと評価されています。

 

他県と同じく福島県のカーブスもスタッフが全員女性で、周囲にいる会員も女性だけなので異性の視線も気にならず、意識を集中しながらトレーニングを続けられます。女性特有の身体の悩みなども相談しやすいと評価されており、周囲で運動をしている人たちと仲良く運動ができるよう、スタッフがサポートしている点も好評です。

 

福島県にあるカーブスも1回の無料体験に対応しており、ジムの雰囲気を確かめてから入会するか決めたいと考える方々も気軽に利用しています。平日は朝10時から夜19時まで営業しているところが多く、日曜日と祝日は休みとなっていますが、土曜日であれば朝10時から昼13時までトレーニングを楽しむ事が可能です。地元の多くの女性から愛されており、会員数を伸ばし続けています。

新潟県のカーブスの現況(令和元年・2019)
日本全国にチェーン展開しているカーブスは新潟県内にも多くの店舗を展開しており、新潟県において見られるのは街中にて独立店を構えている事例と共に、ショッピングモールなどの商業施設にテナントとして入居している事例が多い様子です。
お買い物などで毎日訪れる機会が多いショッピングモールなどの商業施設に入居しているという事もあり必然的に通いやすく、カーブスが持つ気軽に利用できるという強みを最大限に活かせる環境が整っています。
しかも、カーブスは元来女性用のフィットネスクラブという事もあり、日々の食材などを求めてお買い物を済ませるべくお店に訪れる方が多いため親和性が高く、お買い物を始める前段階にカーブスで運動をしてからお買い物をするという光景が特徴的です。
また、女性用のフィットネスクラブかつ女性がお買い物を目的として訪れるお店である事との相性が優れている点としては、カーブスのトレーニングは1つのプログラムが30分に定められている点もあります。
きっちりと30分間でトレーニングが完了するので、お買い物の都合を思慮して計画的に1日の中にトレーニングに注力するスケジュールを組み込みやすくなり、速やかに憧れている体型に生まれ変わる事ができますし、継続的に健康維持活動に努められます。
そして、新潟県においてはカーブスの利用者数と店舗数が多く、会員登録を済ませている方の多くが長期間にわたり継続利用をしているという現況が取り分けて特徴的です。
利用者数と店舗数が多い上に継続利用年数も長いのは、新潟県は豪雪地帯であるが故に冬が訪れると多くの雪が降り積もり、屋外で運動する事が困難になるという土地柄が関係しています。
多くの雪が降り積もる上に気温が低いとつい屋外に出ずに室内で過ごす時間が長引きますし、屋外に出て行う降り積もった雪を除雪する際には身体に強い負担が生じます。
そういった土地柄なので新潟県では年間を通して屋内で運動ができずカーブスが重宝されていますし、除雪で疲労が蓄積した身体を修復する目的でもアドバイザーのアドバイスに沿って利用が行われています。

茨城県のカーブスの現況(令和元年・2019)
茨城県のカーブスの現況は、北関東地方では屈指の41もの店舗を展開しています。
そのうち18店舗はショッピングモールやファッションビル、スーパーなどの商業施設の中にオープンしており、それらの施設は交通の便が良くアクセスしやすいだけではなく、予約不要でも利用できることからお買い物の前後にいつても突然寄ることができるのも好評で順調に会員数を伸ばしています。
地方の商業施設は経済活動で収益を上げることを目指すのが本業であるのと同時に地域のコミュニティとして機能していることも少なくありませんが、このカーブスにさまざまな世代や属性を持つ受講生が集まり、誰でも無理の無い範囲で適度な運動をして健康の増進やシェイプアップを実現できるだけではなく、同じ目標に向かってチャレンジする仲間同士の貴重なコミュニティーの場にもなっているのも見逃せません。
約30分というレッスン時間もちょうど良いと考えている利用者も多く、例えば傘を持たずに商業施設に来店したところ突然の雨に降られて雨が止むまでに時間を置きたい場合や、洋服を購入してサイズの直しが必要になった場合は仕上がるまでに待たなければならない場合など、店内を散策するだけでただ時間を無駄に潰したり、喫茶店などに入ってついつい甘いものを注文してしまうよりも、カーブスに寄ってレッスンを受けて有意義な時間を過ごすことが可能です。
これらの例のように、まずは試しに1回寄ってみたところ短時間でも一定の効果が実感できる優れたメソッドに驚き、そのまま恒久的な受講生として通い続ける方も少なくありません。
買い物に行くのが面倒だと思ってしまう日があっても、カーブスに通うという付加価値が加わることで楽しく来店することができるのも大きなメリットです。
これらの相乗効果により、商業施設とカーブス共に業績を伸ばし続けています。
茨城県の商業施設が立地している周辺エリアでは再開発が進められており、新たな住宅街に入居者が増加することがあれば、おのずとカーブスの利用者の増加も期待できます。

東京都のカーブスの現況(令和元年・2019)
日本の首都というだけあり、全国的に見ても突出して多くのフィットネスクラブが点在しているのが東京都ですが、強豪がひしめき合っている中で多くの会員が日々訪れトレーニングに汗を流しているのがカーブスです。
全国展開しているチェーン店はもとより、パーソナルトレーナーと共に行うパーソナルジムが多い東京都においても群を抜く人気を誇っているのは、カーブスが行っているトレーニングが先進的な運動理論に則って構築された効率的で有効的なプログラムであるためです。
カーブスは体型や健康面に悩む女性達の助けになりたいという一心から、5年前に千人を超える女性達の体型や健康に際する実情を調査し続けていました。
要した研究費は500万ドルを超えるほどであり、長い年月と多くの情報そして研究費を用いて見出された研究結果は無酸素運動に分類される筋力運動と有酸素運動を繰り返し行えば、通常の有酸素運動のみを行った事例に比較し脂肪燃焼効果が3倍を超えるというものです。
そのような研究結果を元にして早速カーブスの施設において提供するエクササイズとして隅々に至るまで詰めの作業が行われ、実際に提供されているカーブスワークアウトと名付けられたワークアウトは、科学的に体脂肪が減少する事で体重が減る上に基礎代謝が高まり痩せやすい身体になるという事が証明されています。
しかも、現代社会を生きる多くの方々にとって他人事ではないメタボリックシンドロームなどの生活習慣病が根本的に解決できる事も判明していますし、心肺機能が強くなり血圧が低くさせられる事も相まって命に直結する重病の発病リスクも軽減できます。
このように現代人が気がかりになっている事柄について、科学的な根拠に基づき有効的なケアが行えるという特徴からカーブスは東京都でも支持を集め続けており、各所に多くの店舗を展開し今もなお展開する店舗数が増え続けているというのが現況です。
そのため、どのような環境下でもいつでも通いたい時に身近にカーブスの店舗が存在し、気軽に有効的な運動が受けられるようになっています。

千葉県のカーブスの現況(令和元年・2019)
フィットネスクラブのフランチャイズチェーンとして、近年急拡大をしており人気を博しているのが、女性専用でも知られるカーブスです。フィットネスは体型維持のために行うものですし、着替えやシャワーなどの設備もあるため、女性だけの空間が安心できると好評を博しています。そんなカーブスは全国的に店舗を展開しつつありますが、やはり首都圏など人口の多いところでは、特に多くの出店が見られるのです。千葉県は北部や海沿いの地域では過疎化が進行しているとはいえ、県全体ではまだまだ人口密度が高く、特に都内に近い南西のエリアでは人口が増加傾向にあります。そのためカーブスの顧客となる女性の数も、十分に存在しているためまだまだ開拓の余地があると見られているのです。また千葉県は千葉駅の周辺など中央部においては、交通網が非常に発達しており、必ずしも車社会というわけではありません。利用者の多くが電車やバスなどで通ってきてくれるため、広い駐車場が必要ないというのもフランチャイズオーナーにとって、メリットとなっています。自分自身で独立開業する上では、やはりリスクを最小に抑えたいというのが当然ですから、こういった省スペースで開店できるというのが、千葉県におけるカーブスの強みだと言ってよいでしょう。首都圏の近くは健康志向が高い人間も多いため、カーブスのように定期的に気軽に体を動かせる施設に人気が集まりやすいというのも、店舗が多い理由の一つになっています。特に駅の徒歩圏内であれば、かなりの人気があるためこういったところに場所を確保すればまだ店舗数が伸びていくでしょう。近年では訪日外国人も増えているのが現況で、千葉県にある成田空港のそばの店舗などは、頻繁に訪日する外国人が会員となっていたりします。これからはインバウンド需要がモノからサービスへと転換していくと言われていますので、千葉県のカーブスは日本の玄関口として、外国人需要を見据えていくことが予想されるのです。

神奈川県のカーブスの現況(令和元年・2019)
神奈川県のカーブスの現況ですが現在141店舗あります。
店舗の中には駐車場がある店舗とない店舗があり、有無に関しては公式ホームページ上で確認することができます。
AEDと血圧計に関してはすべての店舗にあります。
全店舗で無料体験会の予約が可能です。
無料体験会の予約は営業時間内に電話をするかWEBからも申し込みをすることが出来ます。
神奈川県内で一番多くあるのが横浜市です。
横浜市内には61店舗もあるので、自宅の近くか大きな駅の周辺から通いやすい場所を探しやすいです。
自宅の近くの店舗がわからない場合、フリーダイヤルに電話をすると教えてくれます。
フリーダイヤルは平日の10:00から18:00までの受付となっています。
カーブスは月会費制で料金はコースによっても違うのですが、月に何回通っても5,700円(税抜き)か、6,700円(税抜き)のコースの2種類があります。
詳細なコースは通いたい店舗で確認することをおすすめします。
入会金は15,000円かかりますが、店舗によってはキャンペーンを行っている場合があるので、事前に確認してから申し込むとお得です。
1回の運動はわずか30分で予約は不要なので、空いた時間に効率よく通うことが出来ます。
会員もスタッフも女性だけなので安心して運動することが可能です。
自分のペースで体を動かすことが出来るので、腰痛などを抱えている人でも運動することが出来ます。
スタッフも女性なので相談もしやすい雰囲気です。
カーブスでは30という短い時間で効率よく成果を出せるような独自のプログラムを作成しています。
女性が無理なく運動できるよう、女性専用の運動マシンがあります。
脂肪燃焼状態を維持するために有酸素運動を行います。
筋力トレーニングを行うことで、脂肪分解酵素リパーゼが活性化する状態になるまでの時間を短縮することが可能です。
世界中の女性より認められているカーブスは、女性の健康を守るために営業しています。

石川県のカーブスの現況(令和元年・2019)
カーブスは全国に1900もの店舗を展開している、女性向けの人気健康体操教室です。石川県においても、金沢市や加賀市、白山市など各エリアに店舗を構えています。石川県におけるカーブスの出店現況は、およそ17店舗です。うち7店舗は金沢市に所在しています。
カーブスの特徴は40〜60歳代を中心とした女性から大きな支持を集めている点にあるでしょう。完全女性専用となっているため、周りの目を気にせず安心して通えると中高年の女性から人気を集めています。
好きな時間に利用し、待ち時間なく体操ができるというのもこのサービスの強みです。予約不要となっているため、スケジュールの空き時間を利用して体を動かすことができると好評になっています。40〜60歳代の女性は家庭を持っていることが多いため、家族のスケジュールに合わせて生活リズムを整えている、という人も少なくありません。このため完全予約制のサービスよりも、自由にスケジュールを決めることができるサービスのほうが、人気を集めやすいといえます。カーブスはターゲットとなる女性のライフスタイルにしっかりと合わせたサービスを提供しているのです。
提供されている体操のブログラムも、女性に合わせた内容となっています。一回あたりわずか30分のプログラムとなっているため、あまり運動に慣れていない方でも無理なくこなすことができるのです。脂肪の燃焼を促進する有酸素運動と、女性専用に開発されたマシンを使用した筋力運動、そして体をリラックスさせるストレッチ体操をバランスよく組み合わせています。運動が苦手な人でも手軽に参加できるプログラムとなっているため、健康を促進したい方、ダイエットを目指している方から人気となっているのです。カーブスの人気は口コミでも広がっており、今後もさらに多くの人から注目を集めることが期待されます。石川県においても、さらなる新店舗の展開が予想されるのではないでしょうか。

岐阜県のカーブスの現況(令和元年・2019)
岐阜県のカーブスの現況をデータでチェックしてみると、店舗数は35店舗もあります。
県内で最も店舗数が多いのが岐阜市で、9店舗あります。
カーブスは日本全国に展開し、多くの女性が健康と美容のために利用しています。
アメリカで誕生し世界に店舗を持つカーブスですが、日本でも成功した理由は良質なサービスと手軽さです。
運動不足の女性が気軽に通うことができるカーブスは、30分あれば適切な運動ができます。
40代以降の女性が多く、自分の体力に合わせて筋力をつけられます。
予約を入れる必要がなく、空き時間ができたら店に行き運動をするだけなので持続しやすいです。
1ヶ月に何度でも通えるので、集中してトレーニングすることもできます。
男女が一緒にトレーニングをするフィットネスクラブだと、男性の目が気になる女性もいます。
カーブスは女性専用のフィットネスクラブなので、他人に気を使うことなく筋力を鍛えられます。
30分という短時間ですが、独自のプログラムで効率よく脂肪を燃焼できます。
上半身と下半身を休みを適度にいれながら鍛えます。
リズムがあるのでメリハリをつけながらトレーニングができ、いつの間にか脂肪を燃焼しやすい身体に変わっています。
心拍数を平常時の6割から8割上げると理想の脂肪燃焼状態になります。
カーブスでは筋力トレーニングでこの状態にします。
有酸素運動も行うことで、脂肪が燃焼しやすくなります。
血液がスムーズに流れるようになると、血管も元気になり酸素が身体のすみずみまで届きます。
運動が苦手な人でも、身体の状態に合わせて少しずつ運動をしていくと徐々にレベルが上がります。
まず軽い運動からスタートしますが、運動を続けて筋肉がつくと心肺機能が高まり疲れにくい身体に変化していきます。
有酸素運動と筋力運動を交互に行うので、疲れが身体に残らないというメリットがあります。
たった30分の運動で健康と美容をサポートでき、活力が戻ってきます。

愛知県のカーブスの現況(令和元年・2019)
愛知県はカーブスの店舗数が多い県です。
現況を公式サイトでチェックしてみると、130店舗以上あります。
愛知県は県をあげて健康づくりに力を入れていることもあり、県民も健康に対する関心が高いです。
フィットネスクラブも大手から個人のスタジオまで幅広く、それぞれ多くの利用者がいます。
カーブスは独自のメソッドで成熟した市場に切り込み大成功を収めます。
カーブス独自のプログラムには様々な利点があります。
多くの女性が悩んでいるのがプロポーションの崩れです。
年齢とともにスタイルが崩れるのは、筋肉が減ってしまったことと関係があります。
人間が活動をするためにはエネルギーが必要になりますが、年齢を重ねると筋肉が減り脂肪を燃やすパワーが弱くなります。
脂肪燃焼力が弱まると脂肪がつきやすくなり、プロポーションが崩れてしまいます。
崩れたプロポーションを本来の美しいプロポーションに戻していくには、筋肉をつけることが大切になります。
カーブスのプログラムは、たった30分で脂肪燃焼効果が期待できる優秀なプログラムです。
無理なく運動して脂肪が燃えやすい体質をつくります。
女性専用のマシンを使って適切なペースで運動を続けていきます。
疲れが残らないので、体力が衰えてきた中高年女性でも問題なく継続できます。
カーブスが提供しているプログラムに必要な時間は30分だけなので、仕事や家事で忙しい主婦でも挑戦しやすいです。
最新の運動理論に基づくシステムで、これまで90分かかっていた運動と同じ効果を30分で得ることが可能になっています。
予約も必要なく待ち時間もないので、自分の好きなように自由に健康対策ができます。
買い物帰りにちょっと寄って運動して帰る主婦も多いです。
カーブスは営業時間中であればいつでも見学が可能で、どの店舗でも無料体験を実施しています。
運動は脳に刺激を与えることができ、仲間と一緒に楽しく運動を続けることでモチベーションもあがります。
やる気を引き出すエンドルフィンの分泌が促され、ストレス解消にも役立ちます。

三重県のカーブスの現況(令和元年・2019)
女性だけの30分健康体操教室を運営しているカーブス、2019年の三重県での店舗の現況を紹介します。その前にカーブスはどんなトレーニングをしているか説明しましょう。カーブスは3つのトレーニングを2回回すことで効率のよい運動を実現しています。

 

まずは脂肪を燃やすための筋力トレーニングです。ただ激しい運動はせずに体をゆっくりと温め、心拍数を普段よりも6割から8割の目安で上げることで脂肪が燃焼しやすい体作りを行います。この状態を維持すると有酸素運動に取り掛かります。有酸素運動といえば脂肪を燃やすためにもっとも効果的な運動です。温まった体は毛細血管が活発化しており、体中に酸素が行き渡るので効果は抜群です。有酸素運動が一段落するとストレッチで体を休めます。これを2回繰り返して所要時間は30分です。このプログラムを「カーブスプログラム」と読んでおり、同じ時間のウォーキングの3倍の効果があるとされます。

 

カーブスは女性専用の体操教室ですが、1回30分のトレーニングは運動が苦手な女性や働いていて時間の取れない人、子育て中のママなど女性ならではの悩みを持っている人に合わせたプログラムとなっています。

 

以上でカーブスの特徴はわかったと思います。それでは三重県では現在、何店舗運営中でしょうか。2019年現在、三重県では約30店舗が展開中です。内訳は津市がもっとも多くて7店舗、次いで四日市市と鈴鹿市が4店舗となります。この他には桑名市で3店舗、伊勢市や松阪市で2店舗が運営中です。三重県にあるカーブスは大型のスーパーマーケットやショッピングモールのテナントに入っていることが多く、買い物のついでにフィットネスができるのは便利です。

 

カーブスは予約が不要で好きな時間に来店し、しかも待ち時間もかかりません。そのうえすべてのプログラムが30分で終了するので、働く女性や子育て中のママの助けとなることは間違いなしといえます。

滋賀県のカーブスの現況(令和元年・2019)
2018年の時点で、女性用の健康体操教室「カーブス」は全国47都道府県に1950店舗ありますが、そのうち滋賀県には25店舗あります。カーブスは1回30分の教室で予約不要、女性コーチのサポートがあり、ウォーキングよりも効率的に脂肪燃焼ができるとあって、気軽に利用できることから女性に人気があります。滋賀県には25店舗もありますので、どの市に住んでいても近くのカーブスを探し、利用することができます。
2019年(令和元年)の現況としては、最も多いのが大津市で6店舗もあります。次に多いのが長浜市で3店舗、草津市と甲賀市、東近江市、彦根市に2店舗となっています。近江八幡市と湖南市、蒲生郡、高島市それぞれに1店舗ずつあり、他にも米原市や守山市、野洲市、栗東市にも1店舗ずつあります。滋賀県には滋賀県を代表する大型スーパーがあり、その中に入っているところが多いです。ショッピングの前後に立ち寄りやすいようになっており、主婦が週に何度も訪れる場所にあるため続けやすいです。
滋賀県のすべてのカーブスには駐車場があるため、車で行くことができるのも便利な点です。最寄りの駅近くにあるところもあります。アクセスについても配慮されており、途中で挫折することなく長く利用できるようになっています。血圧計もすべての店舗にあり健康にも配慮されていますし、AEDも滋賀県のほぼすべてのカーブス(野洲市と栗東市以外)に備えられています。身体を気づかいながら無理なくダイエットや健康管理ができます。
滋賀県のカーブスにはマシンはもちろんのこと、ストレッチゾーンもあります。サーキットトレーニングという、マシンで筋肉を鍛えてから簡単なステップでほど良く有酸素運動をし、効率良くエネルギーを消費するトレーニングも行われています。2019年(令和元年)の現況では滋賀県のカーブス全店舗で一週間の無料体験が実施されているため、一度試してみたい場合は利用することができます。

岡山県のカーブスの現況(令和元年・2019)
岡山県に展開しているカーブスの現況は36店舗です。
アメリカで誕生して日本に上陸したカーブスは、女性専用のフィットネスクラブとして世界的な知名度があります。
日本では2005年に設立され、全国に続々と新店舗をオープンしています。
岡山県は店舗数が多く、特に多いのが岡山市と倉敷市です。
岡山市には15店舗あり、倉敷市には10店舗あります。
カーブスが日本で人気を集めている理由のひとつが手軽さです。
運動が苦手な人でも、自分のペースで気軽に通ってエクササイズができます。
フィットネスクラブが初めての人でも、カーブスのインストラクターが丁寧に指導してくれます。
1回の運動時間は30分なので、家事や育児に忙しい主婦でも空いた時間を活用して健康的な身体をつくりあげることができます。
日本に展開している一般的なフィットネスクラブは、予約をしてからレッスンを受けるスタイルになっています。
カーブスの場合は、予約不要で好きな時間に来店して自分のペースで運動ができます。
指導してくれるスタッフも会員も女性だけなので、男性の視線を気にせず気楽にプログラムを楽しめます。
たった30分のプログラムですが実践的なプログラムになっています。
カーブス独自のプログラムは、脂肪を燃やす有酸素運動と優しい筋力運動の二本立てです。
有酸素運動が健康に効果的なのはよく知られています。
無理に身体を動かすのではなく、脂肪が燃焼しやすい体質をつくります。
カーブスには女性のために開発された専用のマシンがあります。
自分のペースで効率よく筋力運動ができるので、幅広い年齢層の女性に支持されています。
30分だけの運動なので疲れが残らず、体がスッキリしてリフレッシュできます。
年齢を重ねると上半身にも下半身にも脂肪が付きやすくなります。
カーブスのプログラムは、上半身と下半身ともに効率よく脂肪を落とせるプログラムです。
リズムに合わせてプログラムをこなすだけで、徐々に健康的な肉体へと変化します。

広島県のカーブスの現況(令和元年・2019)
広島県のカーブスの現況としては、まず県内には46の店舗が存在し、これからも増えていく可能性が高いです。地域密着系で、比較的高齢の方の利用が多いサーキットトレーニングの女性専用ジムということで、年齢層が高いのが特徴の一つです。

 

年齢層は高いといいつつも、最近では健康志向の高い若い方の利用も増えている傾向が見られます。1回30分で終了という手軽さもあり、お仕事帰りに立ち寄ったり、休日はカーブスで汗を流してからその日の予定をこなすという方も多いです。エステサロンやホットヨガのクラスによっては予約が必須なところも有りますが、カーブスでは予約をする必要も有りませんし、行きたい時にさくっと行くことが出来るのも魅力です。

 

初心者の方は運動をすることに抵抗を感じたり、また継続するという事が苦手な方も多いかも知れません。しかし続けやすい流れになっていますし、自分の体力に合った負荷で筋トレと有酸素運動をバランスよくこなす事が出来るので、気持ちよいと感じる程度の力で取り組む事が出来るのもお勧めポイントです。

 

会員もスタッフも女性だけということもあり、女性が周りの目を気にせずに通えるというのも口コミで高評価されています。予約が必要ありませんし好きな時間に行って、30分運動してさくっと帰宅できるのも人気です。初めての方は運動の内容やどういった感じでトレーニングをするのか、不安に感じる事も有るかもしれません。広島に限らずすべての店舗で体験をすることが出来ますので、まずは体験をしてみてから決めると良いでしょう。

 

支払額は月に何回通っても5700円(税抜)か6700円(税抜)で、プランによって異なります。また別途入会金が15000円(税抜)で必要です。毎月通い放題と考えるとリーズナブルですし、自分のペースで通うことができます。広島県にも46店舗ありますので、まずは見学や体験から始める事をおすすめします。初めての方には説明もきちんとしてくれます。

鳥取県のカーブスの現況(令和元年・2019)
鳥取県のカーブスの現況を調べてみると、店舗数は10店舗あります。
鳥取県での店舗数は鳥取市と米子市が多く、どちらも3店舗です。
鳥取市のカーブスイオン鳥取は、鳥取駅南口から歩いて5分という好立地にあるので特に人気を集めています。
米子市のカーブス米子医大前も米子駅前から徒歩7分と便利な場所にあり、20代から80代と幅広い年齢層の女性が通っています。
アメリカ生まれで日本でも全国に店舗を持つカーブスには様々な特長があります。
一般的なフィットネスクラブチェーンとは異なり、予約が不要なので自分のペースで通うことができます。
インストラクターがサポートするので、運動が苦手な人でも安心して身体を鍛えられます。
世界中で展開し豊富な実績を持っているのもカーブスの強みです。
1日わずか30分のトレーニングなので、仕事や家事で時間があまりない主婦でも空き時間を有効に使えます。
年齢を重ねると身体に脂肪がつきやすくなりますが、定期的に運動をすることで脂肪を燃焼しやすい身体になります。
カーブスには独自のプログラムがあり、30分でも脂肪燃焼効果は抜群です。
無理に身体を動かすトレーニングは長続きしませんが、楽しく気楽に運動して脂肪を燃焼させていきます。
女性のために開発した特別なマシンがあるので、自分のペースで運動をしても効率よく筋力トレーニングができます。
上半身と下半身のトレーニングを筋肉を休めつつ交互に行い、最後にストレッチをしてトレーニングを終了します。
わずか30分のトレーニングですが、心身をリフレッシュさせることができます。
運動を継続することで脂肪燃焼状態を維持できるので、痩せやすい身体をつくります。
十分な酸素が身体に供給されるので、毛細血管が活性化します。
中高年女性に人気があるウォーキングは無理のない運動のひとつですが、カーブスのプログラムは30分でもウォーキングの3倍の脂肪燃焼効果が期待できます。
ダイエット対策にもなるので多くの女性が活用しています。

島根県のカーブスの現況(令和元年・2019)
カーブスは2019年現在、島根県内に10店舗を展開する現況となっています。肥満に悩む人々が多い欧米やオセアニアで人気を集めてきたカーブスは、2005年から日本にも展開するようになり、島根県にも進出しました。松江市や出雲市・大田市・江津市・浜田市・益田市および安来市に店舗を置き、多くの利用者が通っています。島根県は冬に雪が積もる地域も多く、運動の機会が限られがちであるため、フィットネスクラブのカーブスに通うのは望ましいことでしょう。カーブスは効果的な筋肉の付け方を指導することで知られており、筋肉の落ちやすい中高年女性から注目されています。
カーブスは女性専用のフィットネスクラブであり、その点に魅力を感じる人も少なくないようです。筋肉に注目する場合、やはり女性に特化した理論で指導してもらえたほうが、効率的な気がするものです。筋肉は体内で最も熱を生み出す場所ですから、冬の寒さが比較的厳しい島根県で、カーブスが多くの女性に注目されるのも道理です。カーブスはまだ日本では知名度が高くはありませんが、ウォーキングだけでは不十分とする姿勢が目新しく、インターネットが普及した現在は注目されやすい存在となっています。
最新科学に基づいた合理的なアプローチで筋肉を増やし、減量につなげるという方針は、たしかに注目に値するものでしょう。島根県内の全店舗には血圧計が設置されており、健康状態をチェックしやすくもなっていますから、高齢女性でも取り組みやいと見られます。県庁所在地の松江市には最多の3店舗があります。出雲市には2店舗あり、他の市には1店舗ずつです。島根県は車社会ですから、最寄りの店舗が少々遠くであっても差し支えないことが多そうです。負荷をかけて筋肉を増やし、減量を図って健康を維持したいとする女性たちが、カーブスに入会し続けているようです。
各店舗で無料体験会がおこなわれており、予約はホームページでおこなえます。

愛媛県のカーブスの現況(令和元年・2019)
カーブスとは、中高年を迎えた女性を対象としているフィットネスクラブの一種です。発祥はアメリカですが、日本においては2005年に店舗が開店して以来、その数を伸ばして近年では1700以上を超える店舗が全国的に展開しています。生活習慣病で家族を失ってしまったという創業者の経験から、このフィットネスクラブでは生活習慣病の予防をするということに力を入れて運営をしています。なぜ女性のみを対象としているのかと言うと、女性は男性と比較して運動を設ける場所が限られているからです。
カーブスの概念として掲げていることの一つが、運動を日常的に行っていき社会的な問題を改善して豊かなライフスタイルを送るということです。女性のみが入会することができますが、会員だけでなくスタッフも全員女性となっています。そのため異性の目を気にすることなく、気軽に運動をすることが可能です。激しすぎる運動は取り入れていないため、化粧崩れなどを気にする必要はありません。一般的なフィットネスクラブには鏡が設置されている場合も多いですが、カーブスの場合は鏡が導入されていないという特徴があります。鏡があるとつい自分の体型に目がいって落ち込んだり暗い気持ちになってしまいがちですが、そのような心配がないので体型を気にすることなく運動に集中することが可能です。
カーブスは日本だけに留まらず、カナダやイギリスなどをはじめ台湾や韓国などといったアジア圏にも進出しています。日本全国に店舗を設置しており、愛媛県にもいくつか出店しているということが現況です。県庁所在地である松山市には2019年現在6つのお店を構えてます。その他にも今治市や宇和島市をはじめ四国中央市や新居浜市などにもあります。愛媛県における総店舗数は、2019年現在17つです。無料で体験することができるようになっているので、気になる場合は店舗に確認をとって予約をしておくと良いでしょう。

香川県のカーブスの現況(令和元年・2019)
香川県のカーブスでは、通える場所が限定的であるという現況があります。これは、他の県のカーブスの現況と比較すると一目瞭然となっています。香川県は、県全体で約15程度のカーブスが存在していますが、この数は有名な府県と比較すると3分の1程度しか存在しません。しかも、一部の都市に集中して展開されていますので香川県で暮らしている人はその都市部に行ってカーブスを利用する必要があります。具体的には、高松市にカーブスが集中している傾向が強く、その周辺で生活をしている人は通いやすい環境であるといえます。実際に、高松市だけでも約8つの施設が展開されていますので、半数以上が高松市に存在していることがわかります。ですから、香川県は少し他県と異なってカーブスを利用できる地域が限定的であるという特徴があるといえます。現実的にも、他県で複数店舗で展開しているところは丸亀市の2店舗しか存在しません。他の都市部は1店舗ずつしかサービスが提供されていませんので、その施設しか選択肢がない状況です。ただ、実際に利用する場合には利用環境が良いので安心です。他県では、特定の地域にカーブスが集中しているところがありますが、交通アクセスが豊富ということもあって実は駐車場が完備されていないところもあります。香川県の場合は、全ての施設で駐車場が隣接していますので遠くから高松市の施設を利用するときであっても簡単に通うことができます。また、年齢層に関しても幅広く下は10代からの利用がありますし、上は70代から80代近くの利用者までいます。年配の人でも通いやすい環境がありますので、大変使いやすいです。また、一極集中的にサービスが提供されているということもあって、他の施設と差別化を図るために地域密着型でアットホームにサービスを提供しているところもあります。初めてであっても使いやすい環境を整えてくれていますので、そういった点からも安心して利用できます。

高知県のカーブスの現況(令和元年・2019)
高知県カーブスの現況をみてみると、現在11店舗あります。
高知県で最も店舗数が多いのが7店舗ある高知市です。
全国に次々と新しい店舗をオープンしているカーブスには、様々なメリットがあります。
運動が苦手でも、自分のペースで自由に運動して体力をつけることができます。
カーブスに通っている女性は40代から60代が中心です。
インストラクターがいるので、初心者でも問題なくスタートできます。
日本にある多くのフィットネスクラブは予約が必要ですが、カーブスは予約の必要がなく好きな時間に自分のペースで体力をつけられます。
1ヶ月に何回でも通うことができるので、忙しい主婦でも空いた時間を有効活用できます。
カーブスはスタッフも会員も女性だけなので、男性の視線を気にすることなく運動を続けられます。
30分という短い時間でも、効率よく成果が出るようにプログラムが組まれています。
脂肪を燃やすには有酸素運動が効果的です。
無理に身体を動かすのではなく脂肪を燃えやすくする運動を行うことで、効率よく脂肪を落とすことができます。
カーブスには女性専用に開発されたマシンがあります。
マシンを使えば、自分のペースで体力に合わせた運動ができます。
30分の運動なので疲れが残らず、中高年世代の女性でも無理なく続けられます。
まず上半身の筋肉トレーニングを行い筋肉を休め、次に下半身の筋肉トレーニングを行い筋肉を休めます。
リズムに合わせて繰り返し筋肉を鍛えていき、最後にストレッチを行ってトレーニングは終了します。
たった30分でも脂肪燃焼状態を維持することができます。
有酸素運動で血液のめぐりがよくなると、新陳代謝も活発になります。
有酸素運動で脂肪分解酵素を活発にしますが、その前に筋力トレーニングを実施することで活性化するまでの時間を短縮することができます。
中高年女性に人気がある運動のひとつにウォーキングがあります。
カーブスのプログラムは、ウォーキングの3倍もの脂肪燃焼効果が期待できます。

徳島県のカーブスの現況(令和元年・2019)
徳島県にあるカーブスの現況は、県内に12カ所の店舗があり、多くの女性が健康づくりのために利用しているという状況です。徳島県のカーブスがある場所は、徳島市内に5店舗あって県内では一番多いですが、阿南市や鳴門市などをはじめとした他の地域にも店舗が見つかります。
カーブスはどの店舗も女性専用のフィットネスクラブになっており、スタッフも女性のみであることが特徴ですが、徳島県の店舗でもそれは同じであるため、男性に見られる心配をせずに体を動かすことができます。
徳島県のカーブスの営業時間は、どの店舗でも同じです。平日は朝10時から夜19時までの営業で、13時から15時までは一度閉めることになっています。土曜日は朝10時から昼の13時まで営業していて、日曜日と祝日はお休みです。
徳島県でカーブスを探すと、スーパーや家電量販店の敷地内や周辺、ショッピングセンターの中などに店舗がある場合が多いです。女性向けのフィットネスクラブですから、利用者は女性ばかりで主婦なども多いと考えられます。フィットネスクラブで運動をしてから食料品などを買って帰りたい人は、スーパーやショッピングセンターの近くにあるカーブスを選ぶと便利です。
徳島県にあるカーブスでは、ほぼ全ての店舗で駐車場が利用できます。そのため、車で通いたい人にも利便性が高いのが特徴です。このフィットネスクラブが便利である点としては、予約不要で利用することができ、月額制の会費で1カ月に何度でも通えるということが挙げられます。予約不要なので時間が空いた時や思い立った時にサッと出かけて運動することができ、自分のペースで続けられることにより、健康や美容の目標を叶えやすくなっています。
徳島県に位置するカーブスの現況を調べてみると、若い人から高齢の方まで幅広い年齢層の女性が利用しているのが特徴です。中でも50歳より上の年齢層が多く利用しているため、年齢を重ねても元気で美しくいたいという人はまずは無料体験をしてみてはいかがでしょうか。

長崎県のカーブスの現況(令和元年・2019)
長崎県カーブスの現況をチェックしてみると17店舗あります。
2019年6月11日に新しくオープンするのがカーブス南島原市有家で、店舗があるのは南島原市有家町山川の便利なエリアです。
カーブスは美しく健康でありたい女性を応援している体操教室で、運動が苦手な人にも最適なプログラムを提供しています。
カーブスは多くの女性に選ばれていますが、選ばれるのには理由があります。
通っている女性の平均年齢は40歳から60歳代が中心で、自分のペースで楽しく運動ができます。
運動に苦手意識があった人でも、インストラクターのサポートで楽しく身体を動かしています。
世界中の女性から認められたメソッドがあるので、初めての女性でも安心です。
日本には多くのフィットネスクラブやトレーニングジムがありますが、カーブスは予約の必要がなく時間に拘束されないというメリットがあります。
1回30分で1ヶ月に何回も通い放題なので、空いた時間を有効に活用することができます。
待ち時間がないので、すぐに運動を始められるのも利点のひとつです。
運動は継続することが大切で、短時間でも続けることで体力がつき健康増進に役立ちます。
男性のインストラクターがいると視線が気になるという女性もいますが、カーブスは女性専用のフィットネスなので男性の目を気にすることなくマイペースで身体を動かせます。
加齢と運動不足により生活習慣病や腰痛、高血圧で悩む人が増えています。
年齢を重ねると血圧やコレステロール、血糖値が上昇しやすくなります。
ホルモンバランスが崩れると、女性の身体には様々な変化が訪れます。
血圧や血糖値、コレステロールを下げるには内臓脂肪を減らすことが重要です。
腹筋運動を行って筋肉をつけることで、脂肪が燃焼しやすい身体になります。
脂肪が燃えやすくなることで内臓脂肪がつきにくくなり、ダイエット効果も期待できます。
カーブスの新店舗では、オープン特別企画があり特別価格で入会できるのでお得です。

北海道のカーブスの現況(令和元年・2019)
令和元年の北海道におけるカーブスの現況は、札幌市に集中しています。
北海道にあるカーブスの半数近くは札幌市に集中している現況で、その他の市区町村と大きな差があります。
札幌市で限れば、特定のエリアに集中しているわけではありません。
カーブスがない地域もありますが、中央区や豊平区など複数の地域にあります。
もし自宅のある地域になくても地下鉄などで行きやすいエリアにカーブスはあるので、札幌市に住んでいるなら特に不便は感じません。
札幌市の他に北海道でカーブスが多いのは、旭川市です。
旭川市には豊岡3条にあるショッピングセンター内の2階など、カーブスが合計7店舗あります。
旭川市に次いで北海道の現況で多いのは、南部の函館市です。
函館市も旭川市と同じく商業施設内にあり、お買い物のついでにジムで汗を流すことができます。
お買い物をしてからジムで運動をして汗を流せば、効率的に通うことができるでしょう。
このように通勤や通学など普段していることの合間に通いやすければ、これまでジム通いが続かなかった人でも、継続的に運動を続けることができるでしょう。
ダイエットや健康増進のためには、継続的に運動をする習慣を付けることが大切です。
そのためにも郊外にしかないジムに通うよりも、商業施設の内部や併設されているところが多いのは、お客さんにとってはメリットになる特徴と言えるでしょう。
北海道にあるカーブスは、現況では苫小牧市や釧路市など道内の各地にあります。
人口が集中している札幌市にカーブスも集まっていますが、北海道の人口比率を考えると特定の地域に集中してしまうのは、当然と言えるかもしれません。
特定の地域に集中しているとその他の地域にお住まいの方は通いにくくなりがちですが、1店舗や2店舗ならある地域も多いのでそれほど
不便には感じないでしょう。
今後も北海道では、現況と変わらず人口の多い地域を中心にオープンしていくと考えられます。

栃木県のカーブスの現況(令和元年・2019)
栃木県内の中だけでも、カーブスは既に30以上もの施設が展開されていますので非常に人気を集めていることがわかります。特に魅力的なのが、一極集中的に施設が集中しているわけではないという点です。基本的に、チェーン店のような形でサービスを提供するときには、人口が集中している地域に施設が集中する傾向が強いという現況があります。これは、カーブスであっても例外ではありません。一方で、栃木県のカーブスの場合は様々な市町村に施設が分散していますので、どこで暮らしていたとしても通いやすいというメリットが存在します。駐車場も全ての施設で完備されていますので、安心して通うことが可能です。もちろん、人口が密集している地域に施設が多いという傾向はあります。例えば、宇都宮市には既に9店舗も展開していますので、宇都宮周辺で暮らしている人はカーブスに通うことに不満点がありません。選択肢が多くありますので、数多くの施設から選択可能です。また、地域密着型でサービスを提供しているところと、OLなどが会社帰りに通うことができるようなところと目的がはっきりと分かれている傾向があるのも大きな特徴です。実際に、時間帯によって全く違う層の人たちがやってくるところも多くあり、目的に応じて選ぶことができる利点があります。例えば、午前中は周辺で暮らしている主婦がやってきたり、夕方になるとOLがやってくるなどそれぞれのターゲット層で棲み分けがきちんとできているというのが特徴的です。さらに、施設によっては買い物帰りに利用することができるところもあります。大型のショッピングモールに施設を展開しているところもありますので、日々の生活からそういったところを利用する人も多い傾向があります。こういった場所では、小学生の子どもも親と一緒に参加している傾向がありますので、場所によって非常にアットホームなところがあるところも傾向として表れています。

群馬県のカーブスの現況(令和元年・2019)
群馬県内にはカーブスは令和元年現在33店舗が存在しており、どの店舗も非常に好調にその客数を伸ばしているのが現況となっています。地域に密着した店舗の配置となっており、高崎市内や前橋市内では住宅地に近いエリアに店舗が存在しているのも特徴で、空いた時間に気軽に通うことができる立地となっているのも人気の秘密です。
群馬県は自動車の保有台数が非常に多く、また女性が運転をする割合も非常に高いことから、ほとんどの利用者は自動車で来店することが多く、どの店舗も駐車場が完備されている点が特徴となっています。そのため郊外の店舗は比較的住宅地から離れているところも多いのですが、そのような所でも自動車で店舗に通っている人も多くなっているため、群馬県内では比較的利用者が多いのが特徴となっているのです。
カーブスの特徴は女性限定であることと、30分と言う短時間で基本的なフィットネスが体験できるコースが存在していることです。そのため空いた時間で気軽に利用することができるほか、30分と言う短い時間なので定期的に時間を取りやすいと言うメリットもあり、全国的に利用者が急増しています。これまでフィットネスクラブは様々な会社が群馬県内に設立をしていますが、比較的交通の便の良い街中に設置されることが多く、これが逆に非常に通いにくいポイントとなっていました。群馬県の人は基本的に車で移動するので、逆に駅に近い場所の場合には駐車場が少なく、通にくいものとなっていたのです。カーブスは群馬県の特徴をよく理解し、住宅地や郊外の比較的自動車で通いやすい立地を選んでいることから、33店舗とも非常に利用者が多くなっているのが現況で、令和元年はこれまでになく高い売り上げを誇っていると予測されています。短時間で利用できることもせっかちな群馬県の人の気質に合っており、また郊外の立地であることから自動車で気軽に行くことができるのもポイントとなっているため、非常に好調な状態となっているのが現況です。

埼玉県のカーブスの現況(令和元年・2019)
女性専用のフィットネスクラブとして、全国にチェーン展開をし、今や最大手になりつつあるのがカーブスです。充実したメニューや様々な講座などがあるため、特に時間に余裕のある高齢の女性に人気となっています。そんなカーブスは、埼玉県においても非常に店舗数を伸ばしており、まだまだこれからも成長の余地があるものと見られているのです。そもそも、埼玉県自体が人口が減少する日本において住民の数を増やしている、数少ない県となっています。東京都に近いということももちろんありますが、農業や文化、それに数々の企業があることでも知られ、とても魅力的な居住地であるということが影響しているのでしょう。当然、人口が多ければ、カーブスの顧客となりうる女性の数も多いため、東京や神奈川に次ぐ店舗数を誇っています。またどちらかといえば顧客は年配の女性が多いため、地方のように車ではなく、電車など公共交通機関に頼る利用者が多いのが特徴です。そのため、東京や埼玉など鉄道網が発達しているところでは、駅近に店舗を構えることで大きく会員数を伸ばすことができます。出店する側としても、広い敷地を必要とする駐車場が不要だというのは、大きなメリットなのです。地方では広大な駐車場を併設していなければ、なかなかお客さんは集まりません。もちろん土地の賃料は首都圏に比べれば安くなりますが、駐車スペースの維持管理に人件費もかかってしまうため、やはり手頃なスペースで多くのお客さんを集めやすい埼玉県は、フィットネスクラブを運営する上で非常に有利なスポットだといえます。30年間続いた平成の時代が終わり、令和に改元された現在でも、この現況は変わっておらず、今後益々埼玉県のカーブスはその店舗数を伸ばしていくのと考えられるでしょう。高齢化が進み、また健康志向がさらに強くなることが予想されますので、手軽に運動をして体を絞ることができるカーブスのようなクラブの需要は今後ますます高くなっていくのです。

静岡県のカーブスの現況(令和元年・2019)
カーブスは静岡県内にも浸透してきている現況です。カーブスは日本でも全国的に展開しており、静岡県内にもいくつも店舗を置き、多くの利用者を集めています。2005年に日本に登場したばかりのカーブスの存在は、まだ広く周知されてはいないため、無料体験をおこなっている時期もあります。初回来店時に入会すると、入会金が半額になるなどの特典を設けている時期もあるようです。肥満に悩む人の多い欧米やオセアニアを中心に幅広く展開しているフィットネスクラブですから、わが国でも注目されるようになってきつつあります。
女性専用のフィットネスクラブのカーブスは、2019年現在静岡県内で70店舗を展開中です。熱海市や伊豆市・伊豆の国市および伊東市といった伊豆半島地域も網羅しており、磐田市や御前崎市・掛川市・御殿場市・静岡市・沼津市および浜松市などにももちろん店舗を置いています。県内各地にあるため、ほとんどどこに住んでいても気軽に通える状態となっています。最寄りの店舗は、カーブスのホームページで簡単に探すことが可能です。ひとつの県内に70店舗もあるわけですから、巨大チェーンと言えます。
静岡県内の全店舗には血圧計が備えられており、高齢者でも安心して運動に取り組めるようになっています。フリーダイヤルで平日の10時から18時まで問い合わせできるようにもなっており、関心を持った女性には丁寧な説明がなされるようです。静岡県は気候が温暖で、一年中活動的に動けると言っても、高齢になるとなかなか体を動かしにくくなり、筋肉が落ちやすくなります。カーブスでは無理なく筋肉をつけることができるということをアピールポイントにしており、それが中高年の女性の関心を特に引いているようです。
静岡県は年中気候がいいため、ウォーキングをしやすい地域です。しかしカーブスではウォーキングだけでは不十分であるというスタンスであり、その点も関心を集めています。

山梨県のカーブスの現況(令和元年・2019)
カーブスは女性専用の健康体操教室で、全国になんと1950店舗もあります。通っている大勢の方が、効果を実感しています。楽しみながら、体重を減らすことや体力をつけることができるのです。
現在の会員数は約84万人です。会員は全員女性で、もちろんコーチも女性ですので安心して通うことができます。若い方から年配の方まで、幅広い年齢層が利用していますが、50代以降が約8割を占めています。これまで運動が未経験という利用者も多く、気兼ねなく気楽な気持ちで始めることができると評判です。着替えも必要なく普段着でOK、予約やキャンセルの電話をする必要もないので、行きたいときにすぐ行くことができます。
カーブスで行う運動は、2種類の運動を組み合わせて実施します。脂肪を燃やす有酸素運動と、簡単な筋力運動を組み合わせるので、とても効果的です。消費するカロリーは、なんとウォーキングの約3倍にもなるとのことです。コーチがそれぞれの利用者の健康状態や要望を聞いてサポートしてくれるので、運動が苦手な方や自信のない方でも、安心して取り組むことができます。
ネットの入力フォーム、もしくは電話で簡単に申し込みができるのもうれしいところです。申し込みをすれば、折り返しの電話がかかってきます。現在、各店舗先着30名限定で、1回無料体験、入会金50%OFFになるキャンペーンを実施しています。入会を迷っている方は、この機会に無料体験を利用してみるのもいいでしょう。
全国に店舗のあるカーブスですが、山梨県には、現況17店舗あります。甲府市などの県の中心地だけでなく、甲斐市・甲州市・都留市・中巨摩郡・韮崎市・笛吹市・富士吉田市・北杜市・南アルプス市・南巨摩郡・南都留郡にも店舗があり、県内の至る所に分布していることがわかります。山梨県のような人口の少ない県にも、これだけの店舗があるのですね。こういったところも、カーブスが気軽に始められると言われる理由です。

長野県のカーブスの現況(令和元年・2019)
カーブスは女性だけの健康体操教室として知られています。30分だけでよいという気軽さ、いつ行ってもよいという時間的拘束がないことがヒットして、40代以上の女性に人気のある教室でもあります。カーブスの場合、一般的な健康教室とは異なり、予約をする必要もないので、自分のペースで行くことができるので継続して運動を楽しむことができるのも魅力となっています。
長野県においてもカーブスは人気です。令和元年の現況としては長野県下に39店舗あり、主に商業施設内に入っています。日曜祝日は休みではありますが、土曜日も半日教室が開室されており、夜も7時ぐらいまで行っているところが多いので、仕事をしていても仕事帰りに気軽に立ち寄れるようになっています。
長野県の場合、県が細長いためどちらかというと一つの市に1つか2つ程度の教室があります。ですが、長野市や松本市、上田市や安曇野市といったところは3店舗から5店舗程度あり、長野市の場合は7店舗も開室しています。どの教室に行ってもよいのも、カーブスの特徴ではありますが、長野市や松本市以外の地区に住んでいる場合、教室を選べないということが難点の一つともなっています。
とはいえカーブスの場合、教室に来る機会が少なくなっている、という人には電話にて直接話をしており、健康状態などを把握してもいます。いつでも来ることができ体を健康な状態にする、という環境が整っているので、カーブスは忙しい長野県の人にも受け入れられており、カーブスに通う女性が多いのも現況です。
長野県は道が平たんではないので比較的足腰は強いのですが、カーブスではいつもは使わない筋肉も無理なく動かす体操を行っています。同じ時間帯に行くことで顔なじみができ、そこから新たな友人が増えるきっかけともなっており、高齢化が進む長野県においては、社交の場としても利用されることがあります。健康をしっかりと考えている体操教室ですので、健康に関した知識も深めることができます。

富山県のカーブスの現況(令和元年・2019)
富山県にはカーブスの様々な店舗があります。射水市や魚津市、富山市などに点在しています。カーブスの大きな特徴となっているのが誰でも何歳でも、気軽に入会できることです。それぞれの方にあったプランを用意してくれるので、何歳からでも始めることが出来ます。カーブスは人気なので、予約が取れないのではという心配をしている方も珍しくないのではないでしょうか。しかし、実際にはそのようなことがないように工夫がなされています。その結果、1回30分予約不要で申し込めるようになりました。この便利さが現況の人気を支える要素となっています。会員もスタッフも女性だけで構成されているのも特徴です。

 

カーブスプログラムの特徴の1つとして、時間が短いということが挙げられます。カロリーを消費するためには一定の時間をかけて運動をすることが重要です。ところが、時間をどうしてもかけることが出来ないという方もおられるのではないでしょうか。カーブスは忙しい方も含めてターゲットにしているため、短時間で効果を発揮するプログラムを用意することも欠かせませんでした。そこで独自の30分プログラムを用意しています。有酸素運動、筋力運動、ストレッチをバランス良く導入しているという特徴もあります。

 

心拍数を平常時に比べて60%から80%に高めることにより、脂肪燃焼を効率的に行える状態になります。その状態を保つことにより、血液のめぐりを良くすることも可能となっています。毛細血管も活性化することが出来ます。有酸素運動を20分以上続けることで脂肪分解酵素のリパーゼを活性化し、筋力トレーニングを実施することが可能となります。これらによって高い脂肪燃焼効果を実現しているのが大きな特徴です。世界中に多くの利用者がいます。富山県の各地にも様々な店舗があるので、利用しやすいといえるのではないでしょうか。効率的にシェイプアップしたい方にうってつけです。筋力をつけることも出来ます。

福井県のカーブスの現況(令和元年・2019)
福井県のカーブスは、数そのものが他県と比較してもそれほど多くはないという特徴が存在します。そのため、暮らしている地域によっては自動車などで通うことができるエリアを探さなくてはいけませんし、交通手段を持っていることが必須となる現況が存在します。ただ、幸いにも福井県のカーブスは全ての施設で大きな駐車場が存在しますので、自動車を中心として通いたいと考えているときには楽に通うことができるというメリットがあります。施設の数に関しては、全体的に多く存在しているわけではなく、特定のエリアに集中して施設を展開しているという特徴があります。これは、福井県の人口分布が特定のエリアに集中していることと無関係ではありません。現実的にも、福井県全体のカーブスの数は14存在しますが、それらの中でも福井市だけでも実に6つのカーブスが点在しています。つまり、半分近くが福井市の中に存在しているということがわかります。福井市以外に関しては周辺地域に存在する少ない施設を頼らなくてはいけませんので、やはり相応の交通手段を有していないと不便になってしまう可能性は高いです。また、施設としては個別の店舗としてサービスを提供しているわけではなく、大型施設の中に存在しているということが多いという特徴もあります。実際に、福井市の中に存在しているカーブスもそうした傾向がありますので、店舗を探すときにはどういった大型施設の中に店舗があるのかを事前に調べておくことが大切です。一方で、施設によって利用層が大きく異なるところがあるのも特徴です。例えば、施設が集中している福井市では10代という若い年代が利用しているところもある一方で、80代という高齢の方まで利用しているところもあります。基本的に、比較的年配の女性が利用している傾向がありますが、地域によっては若い人も使っている地域もあるため、自分にとって通いやすいところを選択することが重要になります。

奈良県のカーブスの現況(令和元年・2019)
奈良県にあるカーブスの現況としては、合計28店舗で営業を行っています。生駒郡にCurves法隆寺、生駒市にはCurves南生駒と奈良生駒があります。宇陀市にはサンクシティ棒原、橿原市には3店舗あって葛本、ヤマト橿原、オークワ橿原坊城です。香芝市にはじゃんぼスクエア香芝、北葛城郡も3店舗で奈良王陵見、上牧上岡台となっています。五條市にはイオン五條、御所市のライフ御所、桜井市に奈良桜井での営業です。磯城郡にはオークワ田原本インター、結崎の2店舗で、天理市には天理があります。一番多いのは奈良市の6店舗で、奈良パワーシティ、押熊、学園前イズミヤ、西大路、西の京、JR奈良が展開中です。

 

ご近所の体操教室のような間隔で通いやすい場所に店舗が置かれていますので、買い物などのついでに立ち寄って体を動かすことができるようになっています。予約不要で来店できるので待ち時間もないので快適に「運動したい」と思ったときにできます。月に何回でも通えるようになっているので無駄もなく、所要時間も約30分程度の短時間なので、他の予定と組み合わせても差し支えないので、負担なく続けることができます。あまり運動に慣れていない方でも手軽に始められますので、普段の健康維持をどうしたらいいのかと考えていた方にも気軽に運動ができる環境が手に入ります。スタッフも女性ですが、来店するほかの会員の方も女性だけなので、安心して女性が通えるのも魅力的です。運動をして健康を保ちたいと思っていても、普段の生活だけでは運動不足に陥りがちです。奈良県にもカーブスはありますので、随時開催されている無料体験も活用して雰囲気を見に出かけてみて下さい。自分のペースで通いながら、健康や美容を損なうことなく維持したいと思っているときにはカーブスの制度は非常に便利です。一人で出かけても家族や友人と出かけても楽しめるので、奈良圏内の現況を確認して最寄のお店へ出かけましょう。

和歌山県のカーブスの現況(令和元年・2019)
和歌山県にたくさんのカーブスがあり、県庁所在地である和歌山市を中心に多くの店舗が展開されています。和歌山市には和歌山インター店などを中心に4店の店舗があり、多くの人が利用している人気店です。和歌山県の人は車を利用することが多いので、それぞれアクセスしやすい場所や分かりやすいところに設置されています。カーブスの現況に関して和歌山市はもちろん人口が集中している岩出市や田辺市などにもあり、幅広い世代の人が利用しています。大型ショッピングモールの中に設置されている店舗もあり、買い物帰りに着替えるに立ち寄ったり仕事帰りに利用する人が多いです。ほとんどの店舗には駐車場が設置されているので、車をよく利用する和歌山県の人には便利です。無料体験を利用することができるので、試しに挑戦しようと毎日多くの人が利用しています。いろいろな人が利用していますが、その人気には予約不要ということがあげられます。1回30分で効率良く運動することができるので、ダイエットに取り組んでいる人や健康管理のために毎日通っている人も多いです。手軽に始めることができ、会員やスタッフが女性だけというので気兼ねなく利用することが可能です。通っている人は50代〜70代の人が多く、一人ひとりの体調に合わせて参加することができ、自分のペースで運動することが可能です。運動が苦手だった人も気軽に利用することができ、運動神経に関係なくいろいろなマシンを使って効率良く身体を動かすことができます。スタッフが丁寧に教えてくれるのですぐにマシンの操作を覚えることができ、毎日楽しく通うことが可能です。和歌山県には自分の体型に悩んでいたり、ダイエットしたいと思っている人が多くいます。カーブスを利用することによって毎日身体を動かすという習慣を身に付けることができ、自分のペースでダイエットしたり体調管理を行うことが可能です。店舗数が増えてきているので、今後ますます利用するのに便利になります。

大阪府のカーブスの現況(令和元年・2019)
2019年現在、大阪府内にはカーブスが府内の各所に多数あります。
その中でも特に多いのが、西日本最大の都市でもある大阪市内です。
ビジネス街でもあり繁華街でもある大阪市内には、2019年の現況で40店舗近くオープンしています。
大阪府内だけではなく、関西全域から仕事やプライベートのお買い物などの理由で多くの人が集まる地域なので、今後は現況の数よりさらに増えていくと考えられるでしょう。
現在でも駅前を中心に多くのカーブスがオープンしているので、仕事や学校などの帰りに気軽に立ち寄ることができます。
大阪市内の他に大阪府内でも多いのは、政令指定都市でもある堺市です。
堺市内も大阪市内には及ばないものの非常に多くのカーブスがあり、その数は10を超えています。
堺市も人口が多く大阪府南部の中心的な街なので、今後も増加していくのは間違いありません。
大阪府内にあるカーブスの現況は、府内にバランス良くオープンしています。
大阪府内のベッドタウンでもある北部地域の吹田市・豊中市・箕面市といった地域にもオープンしていて、奈良県に近い東部の東大阪市や松原市にもあり、さらに堺市の南にある高石市や泉佐野市などにもあります。
大阪府内にあるカーブスは、このように全域にバランス良くオープンしているのが現況です。
JRや私鉄の駅前を中心にカーブスは多数オープンしているので、フィットネスジムに通いたいけど近くにはないといったケースは、非常に起きにくいと言えるでしょう。
ですから誰でも気軽にカーブスに通って、健康を維持することができるはずです。
健康維持のために運動をしたいと大阪府内で考えているなら、近くにカーブスの店舗がオープンしていないか探してみると良いでしょう。
全体の地域に満遍なく分散している現況なら、フィットネスジムに通うために遠出をする必要がないケースがほとんどなので、気軽に健康を維持できる運動を始めることができるでしょう。

京都府のカーブスの現況(令和元年・2019)
30分からの健康体操教室を運営している「カーブス」、全国に展開していますが京都府での教室の開き具合など現況はどうなっているでしょうか。公式ホームページに店舗が一覧表示されているので京都府での店舗を紹介します。まず分かるのは圧倒的な店舗数です。京都市内だけで約30教室が展開されています。しかも京都市といえば碁盤の目のように市内がコンパクトにまとまっているので、アクセス性は抜群です。銀閣寺の近くで展開されている教室をはじめ、歴史的な史跡のそばでフィットネスができるのは京都ならではの魅力と言えるでしょう。

 

この他にも宇治市で4店舗、亀岡市で3店舗とかなりの数があることが分かります。さらには綾部市や亀岡市、木津川市や城陽市など京都府各地で経営されているので、お住まいの近くの教室がきっと見つかるはずです。

 

さて、それではカーブスではどのような健康体操を行っているでしょうか。1回のフィットネスは30分を基本としています。脂肪が燃焼を始めるには20分が目安と言われているため、一回30分のフィットネスは短いようでいて効率的な時間と言えます。カーブスは好きな時間に来店し、待ち時間もなく、30分で終わるというこの気軽さが好評な理由です。女性専用の体操教室で、店舗は女性だけになります。受付からインストラクター、そしてユーザーまですべて女性となるので、気楽に参加できます。女性専用なので女性ならではの不安や悩みにも対応してくれることもポイントです。フィットネスに関することはもちろんのこと、ダイエットについてや日々の食生活まで相談すれば真摯に対応してくれます。

 

プログラムを紹介すると「有酸素運動」「筋力運動」「ストレッチ」の3つのプログラムが中心です。このプログラムにより体温の上昇を促し、脂肪を燃焼させます。現在、カーブスでは無料レッスンが行われているので興味がある人は、まずは体験入会から始めることをおすすめします。

兵庫県のカーブスの現況(令和元年・2019)
兵庫県でカーブスが最も多くオープンしているのは、県庁所在地でもある神戸市です。
神戸市内には、東灘区や灘区や南部の人口が多いエリアに多数出店しているのが現況です。
また明石市よりの垂水区や須磨区にも店舗はあり、神戸市にはJRや私鉄沿線の駅前やショッピングモールに多くあります。
しかし六甲山地を越えた神戸市の北部地域にもカーブスはあって、住宅地のある駅前を中心に出店中です。
ベッドタウンである北区や西区の駅前にも複数のカーブスがあって、兵庫県で通いたいときに近くにないといったケースはありません。
神戸市以外の兵庫県内でカーブスが多いエリアは、大阪と神戸に位置する阪神間です。
阪神間でも特に多いのは尼崎市と西宮市で、それぞれの市内でも乗降数の多い駅前にはカーブスがあります。
また西宮市に関しては住宅地に近い駅前にもあるので、お仕事や学校の帰りにも立ち寄りやすいでしょう。
神戸市から西の地域で多いのは、明石市・姫路市・加古川市です。
これらの地域にも同じように複数のカーブスがあって、気軽に通うことができるでしょう。
兵庫県の北部地域は南部に比べると人口も少なくさまざまな店舗数も少なくなっていますが、カーブスに関しては通えないほど大きな差はありません。
宍粟市・豊岡市・丹波篠山市など北部のエリアにも数は少ないですが、カーブスの店舗はオープンしています。
また淡路島の洲本市にも1店舗あり、兵庫県の現況は人口の多い阪神間にオープンを集中させながら、全体的にはバランス良く配置されていると言えるでしょう。
バランス良く配置されていることにより、兵庫県内での不公平感はあまり感じられません。
今後も現況の状態を崩さずに新規オープンを続けていけば、より多くの人にとって利用しやすいジムになるでしょう。
兵庫県に住む全ての人が利用しやすい環境を維持していくためにも、現況のバランス感覚を守りながら新規オープンを続けていくと考えられます。

山口県のカーブスの現況(令和元年・2019)
山口県のカーブスのスポーツクラブの現況ですが、現在10カ所にあり多くの女性が通われています。予約をしないでいつでも行けるということで、通われている方の年齢層もとても幅広いです。一回が30分でそこまで時間を取ることもありませんし、無料体験もできるので一度無料で体験をして様子が分かってから通うという方もおられます。

 

山口県にあるカーブスはイオンの中にあるという店舗もいくつかあります。そういう場所であれば、帰りに買い物をすることもできて便利です。女性しかいないので快適だと言われている方がとても多いですし、異性の目を気にすることなく思いっきり体を動かせるというメリットがあります。近所感覚で気軽にフィットネスに通うことができ、今まで運動とは縁遠かった方たちにも好評です。たった30分だけですが、その時間を有効に使って運動できるようにプログラムされているので、忙しい女性には最高です。トレーナーも女性なのでありがたいと言われている方が多いです。女性トレーナーが元気に明るくサポートをしてくれるので、一緒にこちらも元気になれると言われている方も多くおられます。山口県には多くのフィットネスジムがありませんが、ここなら買い物の帰りなどに行くことができるとか、気軽に体を動かしに来れるから最高だと言われている人が大勢いるのです。

 

山口県のカーブスはいろいろな年代の方が来られていて、自分と同世代の友達も作りやすいです。女性に必要な運動が効率よくできるようにプログラムが組まれているので、時間を無駄にすることなく楽しく運動ができることは間違いありません。カーブスにあるマシンは女性専用に開発されているものなので、体に無理をさせるといったことがないです。体がすっきりできるストレッチもあり、疲れが残ることがないので無理をすることなく続けることが可能です。健康を維持したいとか体調を良くしたいと考える女性が、山口県のカーブスには多く通われています。

福岡県のカーブスの現況(令和元年・2019)
2019年の現況では、福岡県には福岡市と北九州市を中心にカーブスはオープンしています。
九州一の歓楽街がある福岡県は、ビジネスの場としても注目を集め不動産価格も上昇しています。
そのため人口も増え人の往来も活発ですから、カーブスが次々と福岡市内に店舗をオープンさせるのも当然です。
2019年内にも福岡市への新規オープンは続いており、今後もこの傾向には変わりないと予想されます。
福岡県で第二の都市とされているのが、九州の玄関口でもある北九州市です。
北九州市では中心部の小倉北区や八幡西区に多くオープンさせていて、通いやすくなっています。
JRやモノレールなどの交通機関が集まる場所を中心にカープスはあるので、交通アクセスに不便はありません。
フィットネスジムはちょっとした理由で行きにくくなりがちで、特に交通アクセスが不便な場所に立地していると、つい後回しにしがちで運動の習慣もなくなってしまいます。
健康増進やダイエットのためには効果的な運動を継続して続けることが大切ですから、通いやすさは重要なポイントになります。
福岡県の現況をみてみると、この点についてカーブスは対応してきました。
福岡市でも北九州市でもアクセスの良い場所を中心にオープンさせ、また福岡県内のさまざまなエリアに出店することによって、自宅から近い場所でカーブスに通えるようになっています。
電車やバスで行くことができない場所に立地していても、自宅から近ければ徒歩や自転車で向かうことが可能です。
福岡県のカーブスの現況は、通いやすいので続けやすいと言えるでしょう。
もし健康やダイエットのために福岡県でフィットネスジムに通いたいなら、現況ではカーブスがおすすめです。
通いやすいだけではなく各店舗で無料体験も行っているので、中身を確かめてからカーブスに入会できます。
福岡県で気軽に運動を始めたいなら、カーブスはおすすめのフィットネスジムと言えるでしょう。

大分県のカーブスの現況(令和元年・2019)
女性専用の体操教室を展開している「カーブス」、1レッスン30分のサーキットトレーニングで支持の高い健康教室です。カーブスの特徴はいろいろとありますが、一番のポイントは圧倒的な店舗数です。店舗数は日本一と言われており、大分県でも多数の店舗が運営されています。2019年現在、大分県で展開されている教室数は16店舗です。

 

内訳ですがもっとも多いのは大分市で7店舗。なかでも「カーブス大分駅」は大分駅のそばに教室があるのでアクセスの良さは抜群です。少し遠くても通いやすいでしょう。大分市以外だと別府市に2店舗です。別府市山の手町と別府市北浜2丁目にカーブスは見つかります。別府といえば日本有数の温泉地ですが、有名な温泉旅館や温泉地が近くにあるので、爽やかな汗をかいたあとに温泉が楽しめるのは別府ならではメリットといえます。

 

大分市と別府市以外は1店舗のみとなっており、宇佐市や日田市、中津市や速見郡、そして佐伯市と臼杵市で運営中です。大分県は比較的コンパクトな土地をしていますが、県内にこれだけあればお住まいの場所の近くにも見つかるかもしれません。以上が大分県でのカーブスの現況です。

 

大分県で実施されているトレーニングは全国のものと基本的には同じです。カーブスでは「有酸素運動」「筋力トレーニング」「ストレッチ」の三角形で構成されており、それぞれ2回行います。すべてのプログラムは30分で終了です。短いと思われるかもしれませんが、脂肪燃焼が始まるのは20分からで、カーブスは効率的かつ最短でのトレーニングを標榜しています。30分のレッスンなら負担も少なく続きやすいですし、体力に自信のない人にもおすすめです。運動が苦手な人も無理なく続けられるプログラムとなっており、その手軽さや気軽さが人気の理由と言えます。さらには、カーブスはすべてのスタッフが女性で占められており、安心して通えることもメリットのひとつです。

佐賀県のカーブスの現況(令和元年・2019)
カーブスは一回30分の短時間レッスンで人気の健康体操教室です。全国各地に店舗を持っており、その店舗数は日本一と言われます。当然、九州地方にも多くの教室が展開されていますが、佐賀県には何店舗あるでしょうか。佐賀県でのカーブスの現況を解説します。

 

現在、佐賀県で教室が開かれているのは13店舗です(2019年)。もっとも多くの教室が見つかるのはやはり県庁所在地の佐賀市となります。佐賀市本庄町と佐賀市大和町、佐賀市卸本町と佐賀市兵庫南の4地域で運営中です。佐賀市以外に目を向けると伊万里市や鹿島市、唐津市や武雄市などにあります。鳥栖市や小城市、多久市そして三養基郡も運営中です。佐賀県のなかで比較的人口の多いところに店舗はあることが分かります。唐津市や鳥栖市など佐賀市から離れた都市にもきちんと見つかるので、通いやすいと言えるでしょう。やはり日本一の店舗数は伊達ではありません。

 

それではカーブスはどんなプログラムで、どんな特徴のフィットネスを展開しているでしょう。カーブスのプログラムの特徴はやはり30分で1レッスンという「短時間さ」にあります。脂肪燃焼のためには20分の有酸素運動が必要と言いますが、カーブスはまず筋力運動を取り入れ心拍数を上げることで脂肪燃焼の理想状態を作ります。「筋力運動」「有酸素運動」「ストレッチ」の3つのプログラムを2回繰り返すことで、効率的かつ短時間のレッスンを実現しました。体力に自信のない人、多忙な人には理想的な環境でフィットネスができます。

 

もう一つの特徴がカーブスは女性専用の体操教室だということです。ジムやスポーツクラブは男女分かれていないところもありますが、異性の目が気になる人は少なくありません。カーブスでは受付からすべてのスタッフが女性なので気軽に参加が可能です。通っている女性たちの年齢の幅は非常に広く、職業の幅も多様で、様々な人から支持されていることが分かります。

熊本県のカーブスの現況(令和元年・2019)
熊本県のカーブスの現況は、多くの女性に人気があり若い人から高齢の方まで通ってます。いつまでも若くて美しく、健康でありたいと考えている女性のための体操教室で、運動が苦手でも加齢での体力低下など色々な悩みを抱えている女性に最適なプログラムを提供してくれます。
通っている方は40歳から60歳ぐらいまでとかなり幅広くて、最高は101歳の人もいてそれぞれの人の体力にあわせて行えるので幾つになっていても参加が可能です。

 

これまでに運動らしいことをしてなかった人でも自分のペースで気軽に行えるのが、熊本県でも流行っているカーブスです。インストラクターが個人にあわせた運動をサポートし、体力がつくに従いペースも上げていけるので運動が苦手だと思ってた人も長続きしてます。
好きな時に来て運動が出来るというのは自分の都合で通えるので嬉しいことですが、熊本県のカーブスでは時間に左右される予約はなく、月に何回でも通い放題で空いた時間に通う事も出来ます。

 

他のジムなどだと男性も一緒だったりして視線が気になることもありますが、店舗にいるのは女性だけで異性の視線なども気にせずに運動が可能でスタッフも女性なので女性ならではの悩みの相談にも応じてくれます。
近年は腰痛や膝の痛み、高血圧に糖尿病など色々な悩みを抱えている人も増えていて、そんな方も元気になってキレイになっていくように手伝ってます。

 

長く続けられるように30分の短時間で効率よく成果が出せる独自の運動メニュー、無理なく運動がおこなえる女性専用マシンがあります。独自の30分プログラムがあり、心拍数は平常時の60〜80%上げることで脂肪燃焼の理想状態になるとされていて、筋力トレーニングでこの状態を実現させて有酸素運動を行うことで状態を維持出来ます。
この状態が続くとこれまで血液のめぐりが良くなかった毛細血管も活性化して、身体の隅々まで酸素が行きわたるようになって脂肪燃焼効果も高められます。

宮崎県のカーブスの現況(令和元年・2019)
カーブスは、ご近所感覚で手軽に通える体操教室です。年齢による体力低下が心配な人にも最適で、健康でありたいとか美しくありたいといった女性の願いを叶えるサポートをしています。
宮崎県のカーブスの現況はというと、県内に9店舗があります。そのうち宮崎市内にあるのが、クロスモール清武店・ボンベルタ橘店・宮崎柳丸店・宮交シティ店・宮崎大橋店・宮崎大塚店の6つになります。その他には、小林市にプラッセだいわ小林店がありますし、日向市にはイオン日向店があります。それから都城市にあるのが、イオン都城店になります。
カーブスは女性だけの健康体操教室で、会員もスタッフも全て女性です。通常のフィットネスクラブやスポーツジムのように、運動している時に男性の視線が気になることがありません。自分のペースで体を動かすことができるので、運動が苦手という人でも続けやすいのが特徴です。腰痛や肩こり、ひざ痛など体の不調を改善する目的で通っている人も多くいます。
カーブスは1回30分という時間なので、ちょっと気軽に寄ってみようと利用している人も多いようです。予約は不要なので、好きな時間に来店することができます。待ち時間もありませんし、快適に過ごせます。好きな時に来て手軽に運動できるというのが大きな魅力です。
宮崎県内には9店舗のカーブスがありますが、商業施設の中にある店舗もあります。買い物帰り等に利用するのにも便利ですし、空いた時間を有効活用することができます。ハードな運動ではなく、無理をせずに筋肉をつける効果があります。ウォーキングなどを積極的に行っている人も多いと思いますが、ウォーキングだけでは足腰の筋肉を鍛えることはできません。歩きすぎると、逆に膝を負傷してしまうこともあるので注意が必要です。年齢と共に筋肉量は減ってしまうので、適切なトレーニングを行って足腰を鍛えることが非常に重要になります。カーブスに通えば、手軽に足腰の筋力をアップさせることができます。

鹿児島県のカーブスの現況(令和元年・2019)
カーブスは2005年から運営している女性会員専用のフィットネスクラブで、全国におよそ1900店舗近くを展開しています。1回の運動時間がわずか30分と短時間であることが特徴で、予約が不要なこと、会員のみならずスタッフの全て女性であることが特徴です。男性がいないため女性が参加しやすいことから、20歳未満から70歳以上までの幅広い年齢層から支持を得ています。鹿児島県におけるカーブスの現況としては現在18店舗が展開しており、内訳は鹿児島市内に9店舗、次いで霧島市と薩摩川内市に2店舗ずつ、その他は姶良市と出水市、いちき串木野市と鹿屋市、日置市にそれぞれ1店舗ずつを展開しています。鹿児島市内はバスや市電網が充実してるためどの店舗も通いやすくなっていますが、他の地域は串木野市と日置市のみが駅前にあり他は全て郊外型の大型ショッピングセンターなどに隣接した立地となっているため、自家用車がないと通いにくいという面から、日常的に通うには制限がある利用者が多い傾向です。また、薩摩半島では鹿児島市以南の南さつま市や枕崎市、指宿市、大隅半島では霧島市以南の垂水市や曽於市、志布志市などに未だ店舗がないことから、多くの潜在顧客が眠っていると予想されます。鹿児島県では、平成18年度から地域における女性の健康づくりを支援しており、栄養と運動、休養に関連するサービスで女性の心身の健康づくりを提供している店舗を「女性の健康づくり協力店」に登録し、支援する環境作りに努めています。カーブスはこの中の女性に配慮した健康づくりのプログラムを提供する企業に該当しており、県内全店舗が登録店となりました。カーブス独自の特典として、マンモグラフィー検査を受診してピンクリボン月間に新規加入した場合入会金を半額にする他、県内全店で使える3回分の無料体験チケットの配布、無料の健康カウンセリングなどを提供し、新規顧客の開拓に努めています。

沖縄県のカーブスの現況(令和元年・2019)
沖縄県内における2019年のカーブスの現況は、20店舗以上がオープンしています。
オープンしている地域では多いのは、当然ながら沖縄本島です。
特に沖縄県の県庁所在地で人口も多い那覇市内には、2019年の現況で4店舗オープンしています。
那覇市内の4店舗という数は、現況では沖縄県にカーブスがある自治体の中では最も多い数字になっています。
那覇市に次いでカーブスの多い自治体は、中部にある浦添市・中頭郡・うるま市です。
浦添市・中頭郡・うるま市ともに3店舗ずつ現況ではオープンしていて、主に商業施設内にあります。
商業施設内にカーブスがあれば、レッスン前後にお買い物をすることができるでしょう。
カーブスに通っている人々にとっては、便利な立地と言えます。
その他は沖縄市内の2店舗が目立つだけで、あとのカーブスがある自治体には1店舗ずつしかありません。
那覇市を除く沖縄本島の現況は、中部地区に集中していて北部と南部は少なめという状況になっています。
沖縄本島以外では、宮古島市と石垣島市にカーブスはあります。
石垣島は沖縄本島から400km以上の距離があり、東京と大阪間に相当します。
沖縄本島より台湾に近いほどなので、頻繁に行ける距離ではありません。
石垣島より近い宮古島も同じ感覚なので、本島から離れながらも人口の多いエリアに出店するのは当然とも言えます。
沖縄県の現況では、カーブスの新規出店は計画されていません。
しかし沖縄県民の健康に対する意識も徐々に高まりつつあるとされるので、手軽に運動を始めたいという需要が増えていけば、本島やその他の島々にも新規店舗がオープンされる可能性はあります。
現況では計画が公になっていない可能性もありますから、生活圏内に店舗がない場合も少し待ってみると良いかもしれません。
現況よりさまざまなエリアに出店されるようになれば、平均寿命が長いとされる沖縄県民の健康はさらに良くなるかもしれません。

カーブスでダイエットをするコツ
ダイエットを行い身体をスリムにして美しくさせられるカーブスでは、運動をきっかけにしたアプローチの他に食生活にも目を向けたアプローチも行われています。
理想的な体型を実現するためには運動と食生活の双方をバランス良く見直していく必要がありますが、これまで運動習慣を持っていなかった方において特に重要なのが、カーブスが提案している運動プログラムに本気で取り組む事です。
本気で運動プログラムに取り組む事によって闇雲に行う事例とは異なり嬉しい変化に気付けるようになりますし各運動がダイエットや健康維持、美しいスタイルを手に入れるために必要な理由が理解できるようになります。
そこで、カーブスに通い始めて間もない方が運動時に念頭に置くべき事は、運動はカーブスに在籍しているスタッフのアドバイスに則って計画的に進めていくという事です。
カーブスに在籍しているスタッフ達は、著しくダイエットを目指しているという強い気持ちを抱いている方に対し、短期間で顕著に細くなるようなアドバイスは行わず、利用者の健康を思慮して負担が無く健康的にダイエットできるようにアドバイスを行っていきます。
そうしたアドバイスに則って時間や回数、頻度を計画的に立てて着実に行っていく事が健康的にダイエットを実現させるコツです。
そのためカーブスでアドバイスされる事例が多い具体的な内容としては、筋トレは連日行うのではなく2日おきに筋トレをすべきであるという事です。
連日ではなく2日おきに行うべき理由は、筋トレにより負担を与え疲労が蓄積した筋組織が回復するためには、通常48時間から72時間を要する様子が挙げられます。
そして、1つのトレーニングについて行う回数は10回を3セット繰り返すといった様子であり、連続的に10回分が行える負荷をかけつつ3セット繰り返すというトレーニングを16時に行うと最大の脂肪燃焼効果が得られます。
このようにカーブスでダイエットをするためにはスタッフのアドバイスに則りつつ、最も体温が高い16時に訪れるという事などにも気を配るのがコツです。

カーブスのメリット・デメリット
カーブスは10代から70代以上の方まで幅広い年齢層の方々に支持され利用されていますが、特に特徴的なのは40歳から60歳までの年齢層が多くの割合を占めているという様子です。
40代から60代と言えば年齢を重ねる事によって基礎代謝と体力が低下し、脂肪分が蓄積しやすくなったり筋肉量が減少してしまうという悩みに直面しやすい年齢であるが故に、スポーツジムに通い運動をする必要性を強く意識するようになるものの、運動に際して身体に生じる負担が気がかりになるという気持ちも抱きやすいものです。
そこで、カーブスでは年齢が高くなり身体に生じる負担が気がかりであっても、ダイエットに着手して美しく健やかな身体を手に入れたいと考える利用者に対し、優しく効果的な方法を提供しています。
そのため、運動に対して苦手意識を抱いていた方でも率先して1週間に3回も通えるようになるほど楽しみつつ痩せられるようになりますし、各運動に際してはスタッフがきっちりとサポートをするので、どのような運動内容であっても安心して運動できるというメリットがあります。
そのようにカーブスで行う運動は負担が無いという点と共通しているのが、1度の利用時間が僅か30分である上に利用に際し予約を取る必要性が無い点です。
都合が良いタイミングで自由に訪れ、待ち時間を過ごす事なくすぐにカーブスで運動が始められますし、1度あたりの運動時間が30分であるからこそ運動を習慣化させやすいです。
そして、カーブスと言えば女性のみが利用可能なフィットネス施設である事も大きな特徴の1つですが、在籍し様々なサポートやアドバイスをして頂けるスタッフも女性のみなので、男性の目線を意識せずにマイペースに運動に向き合えます。
このように利用に際しメリットが多いカーブスにおいて、唯一デメリットになり得るのがロッカーが備わっていない事例があり、荷物は常に自分の目が届く傍らに置いておく必要がある事です。

カーブスのダイエットの裏技
女性専用のフィットネス施設として唯一無二の存在感を示している上に、大型商業施設内や街中においても目にする機会が多いカーブスは、元来の支持の高さと利用者数の多さが尚一層顕著になっています。
そのため、カーブスに興味関心を抱いている方の中には、これから実際にカーブスの会員になりたいと考えている方も多いのですが、カーブスの会員になる際にはより良い恩恵に授かれる裏技が存在している事実を理解しておきましょう。
カーブスにおける裏技というのは無料体験キャンペーンの事であり、通常他のフィットネス施設やスポーツクラブの事例でも本格的に会員登録を行う前段階に事前体験が提供されているのですが、多くの事例で小さな金額ではあるものの有料料金を支払うというシステムが組まれています。
一方、カーブスでは事前体験は無料体験キャンペーンとして提供しているので、全く料金を支払う事なく会員登録が完了した後に実際に通う施設の様相や設備、プログラムについて理解が深められます。
しかも、無料体験キャンペーンを利用した上で会員登録を済ませた方の中から毎月先着で30名に対し、通常1万5千円の入会金が半額になるという魅力的な特典も行われています。
尚且つ、入会金を半額にして頂くためには事前に無料体験キャンペーンを受けていれば、通常通りインターネットを利用し公式サイトから申し込みを行ったり、電話を利用して申し込みを行うのみで自動的適用されます。
そのようなカーブスにおける裏技の無料体験で受けられるのは、施設内の説明や案内の他に現在のスタイルや健康状態を相互で把握するための面談や体力測定、実際に使用されているトレーニングマシンを用いたトレーニングなどです。
カーブスにおいてのダイエット効果が手に取るように把握する事ができますし高度な知識と技術、ノウハウを有しているスタッフとの直接的なやり取りにより、無料でまるでパーソナルトレーナーにサポートして頂けているような恩恵に授かれます。

 

インベス,カーブス,元気広場,ワンツーワン,コインランドリー,情報,仮面ライダー,北海道,青森,岩手,宮城,秋田,山形,福島,茨城,栃木,群馬,埼玉,千葉,東京,神奈川,新潟,富山,石川,福井,山梨,長野,岐阜,愛知,三重,滋賀,京都,大阪,兵庫,奈良,和歌山,鳥取,島根,岡山,広島,山口,徳島,香川,愛媛,高知,福岡,佐賀,長崎,熊本,大分,宮崎,鹿児島,沖縄,材木,木材,製材.サークルK,すまけい,鈴鹿,生桑,ハローワーク,求人,介護,時給,オープニング,介護予防,通所,看護師,PT,OT,マッサージ師,柔道整復師,生活相談員,アイスランド共和国,アイルランド,アゼルバイジャン共和国,アフガニスタン・イスラム共和国,アメリカ合衆国,アラブ首長国連邦,アルジェリア民主人民共和国,アルゼンチン共和国, アルバニア共和国,アルメニア共和国,アンゴラ共和国, アンティグア・バーブーダ,アンドラ公国,イエメン共和国,グレートブリテン及び北アイルランド連合王国,イスラエル国,イタリア共和国,イラク共和国,イラン・イスラム共和国,インド,インドネシア共和国,ウガンダ共和国,ウクライナ,ウズベキスタン共和国,ウルグアイ東方共和国,エクアドル共和国,エジプト・アラブ共和国,エストニア共和国,エチオピア連邦民主共和国,エリトリア国,エルサルバドル共和国,オーストラリア連邦,オーストリア共和国,オマーン国,オランダ王国,ガーナ共和国,カーボベルデ共和国,ガイアナ共和国,カザフスタン共和国,カタール国,カナダ,ガボン共和国,カメルーン共和国,ガンビア共和国,カンボジア王国,ギニア共和国,ギニアビサウ共和国,キプロス共和国,キューバ共和国,ギリシャ共和国,キリバス共和国,キルギス共和国,グアテマラ共和国,クウェート国, グルジア,グレナダ,クロアチア共和国,ケニア共和国,コートジボワール共和国,コスタリカ共和国,コモロ連合,コロンビア共和国,コンゴ共和国,コンゴ民主共和国,サウジアラビア王国,サモア独立国,サントメ・プリンシペ民主共和国,ザンビア共和国,サンマリノ共和国,シエラレオネ共和国,ジブチ共和国,ジャマイカ,シリア・アラブ共和国,シンガポール共和国,ジンバブエ共和国,スイス連邦,スウェーデン王国,スーダン共和国,スリナム共和国,スペイン,スリランカ民主社会主義共和国,スロバキア共和国,スロベニア共和国,スワジランド王国, 赤道ギニア共和国,セーシェル共和国,セネガル共和国,セルビア共和国,セントクリストファー・ネイビス連邦,セントビンセントおよびグレナディーン諸島,セントルシア,ソマリア,ソロモン諸島,タイ王国,大韓民国,タジキスタン,タンザニア,チェコ,チャド,中央アフリカ共和国,中華人民共和国,チュニジア,朝鮮民主主義人民共和国,チリ,ツバル,デンマーク,ドイツ,トーゴ,ドミニカ共和国,ドミニカ国,トリニダード・トバゴ,トルクメニスタン,トルコ,トンガ,ナイジェリア,ナウル,ナミビア,ニカラグア,ニジェール,日本,ニュージーランド,ネパール,ノルウェー,バーレーン,ハイチ,パキスタン,バチカン,パナマ,バヌアツ,バハマ,パプアニューギニア,パラオ,パラグアイ,グアラニー,バルバドス,ハンガリー,バングラデシュ,東ティモール,フィジー,フィリピン,フィンランド,ブータン,ブラジル,フランス,ブルガリア,ブルキナファソ,ブルネイ,ブルンジ,ベトナム,ベナン,ベネズエラ,ベラルーシ,ベリーズ,ペルー,ベルギー,ポーランド,ボスニア・ヘルツェゴビナ,クロアチア,ボツワナ,ボリビア,ポルトガル,ホンジュラス,マーシャル諸島,マケドニア共和国,マダガスカル,フランス語,チェワ語,マリ共和国,マルタ,マレーシア,ミクロネシア連邦,南アフリカ共和国,ズールー,南ンデベレ,ペディ,ソト語,スワジ語,ツォンガ語,ツワナ語,ヴェンダ語,コサ語,南スーダン,ミャンマー,メキシコ,モーリシャス,フランス,モーリタニア,フランス,モザンビーク,モナコ,モルディブ,モルドバ,モロッコ,モンゴル国,モンテネグロ,ヨルダン,ラオス,ラトビア,リトアニア,リビア,リヒテンシュタイン,リベリア,ルーマニア,ルクセンブルク,ドイツ,ルクセンブルク,ルワンダ,レソト,レバノン,ロシア,アブハジア,ロシア,ドニエストル共和国,モルドバ,ウクライナ,北キプロス,トルコ共和国,クック諸島,コソボ,セルビア語,西サハラ,スペイン,ソマリランド,中華民国,ナゴルノ・カラバフ共和国,ニウエ,パレスチナ国,南オセチア共和国,amazon,比較,ランキング,2ch

 

株式会社インベスのフランチャイズ事業:通所介護施設:元気広場関連記事

 

宮城県の通所介護施設の現況(令和元年・2019)
宮城県では、県から許可されている通所介護施設が多数存在しているということが現況です。通所介護施設とは、介護に関する支援を行う専門的な知識を有する相談員が在籍している施設のことを言います。介護に関わるプランを作成したり、他のサービスと連携して連絡などを仲介する役割があります。宮城県から認められている通所介護施設は県の公式ホームページに掲載されているので、そこから確認することが可能です。
通所介護施設の指定申請をしたいという場合には、いくつかの指定された書類を提出することが求められてきます。「指定申請書」は、県からの許可を受けたい事業所や法人などの情報を載せるものです。この書類を提出する際は、必ず法人の代表者の印を押しておくことが必要です。
「登記事項証明書又は条例等」は、申請をする人が法人かどうかを把握する上で重要になってきます。これを提出するにあたって、登記事項証明書も一緒に添えるようにします。登記事項証明書には事業目的を記入する欄が設けられていますが、そこには必ず介護サービス事業であるということを書いておくことが大切です。受付の対象となっているものは原本のみなので、コピーではなく必ず原本を提出するようにします。
「勤務表」も申請するにあたって必要となってくる書類の一つです。管理職も含んだスタッフ全員分のものが求められてきます。4週間分の勤務予定が書かれているものを用意しておきます。
さらに「従業者の資格証の写し」も大事な書類です。勤務表に載っているスタッフにおいて、看護職員や生活相談員などといった資格が必要となっている人の資格証明書の写しを提出することになります。宮城県では通所介護施設における生活相談員に関して、2019年現在必要な条件を和らげています。緩和要件はいくつかありますが看護や介護、相談援助に3年以上の実務経験がある人を生活相談員として勤務させる際は、該当する人物の経歴書を提出することが必要です。

福島県の通所介護施設の現況(令和元年・2019)
通所介護施設とは、デイサービスと呼ばれる介護サービスを提供している施設です。食事・入浴・レクリエーション・機能訓練などリハビリを中心とした介護を受けられます。体を動かすことで心身の機能を維持したり、社会的孤立感の解消や家族の介護負担の軽減などを目的としています。
福島県の通所介護施設の現況はというと、年々ニーズが高まってきています。福島県の高齢化率は30%を超えており、全国平均を上回っている状況です。若い世代が進学や就職などで地元を離れるケースが多く、高齢者の割合は年々増えています。
福島県は浜通り・中通り・会津といった3つの地域に分類することができますが、その中でも会津地方の高齢化率が高い傾向があるようです。それから東日本大震災の影響を受けた相双地区では、若い世代の人口流出などもあって高齢化率が非常に高くなっています。
それに伴い、福島県内では通所介護施設も増加傾向にあります。介護サービスを提供している施設は様々あり、それぞれ特色は異なっています。アットホームな雰囲気の少人数向けの施設もありますし、利用者が多い大規模な施設もあります。看護師や作業療法士が常駐していて、リハビリを中心とした機能訓練を行っているところもあるようです。
また、通所介護施設の中には入浴で温泉が楽しめたり、フェイスエステ・ハンドケアといったリラクゼーションを取り入れているところもあります。学校のような雰囲気で脳トレを行ったり、お花見や散歩に出かけるなど屋外でのレクリエーションを行っているところも多いようです。
通所介護施設は福島県内で人口が多い福島市・郡山市・いわき市などに多くありますが、小さな町や村にも存在しています。自宅から近い施設を利用している人がほとんどです。福島県の高齢化はさらに進んでいくことが予想されるので、通所介護施設のニーズもさらに増えていくでしょう。通所介護施設で提供しているサービスもさらに多様化することが予想されます。

茨城県の通所介護施設の現況(令和元年・2019)
茨城県の2019年・令和元年における通所介護施設の現況を見ると、デイサービスセンターなどの名称がついた通所介護施設の数は865か所あります。最も多いのは、県庁所在地のある水戸市であり100か所以上施設があります。ほかに多くの施設があるのは日立市・つくば市・土浦市・ひたちなか市などが挙げられ数は増加傾向です。
こうした通所介護施設の現況を見ていくと、現在はほぼすべての事業所が人手不足の状況になっていると予測されています。特に課題といえるのは若い世代の介護職員が少なくなってきていることです。それから、介護職員の資質の向上も問題の一つとなっています。これは茨城県だけではなく、全国的に抱える課題の一つといえます。
もちろん、そうした問題に対する取り組みを行っているわけではありません。国が推進している介護職員としての外国人の受入制度もその一つといえるでしょう。しかし、この外国人受入制度には問題点も大きいこともいえます。外国人の場合、意思疎通が日本人の介護職員と比較すると難しいことや資格の取得が難しく、時間とお金もかかりやすいことがネックとなっておりなかなか人材確保をすぐに解決するところまではいけていません。
これからの課題としては、施設整備に対する補助や通所介護施設を補助するような施設の建設も一つの方法なのですが、どのような介護サービスがあるのかを広く茨城県民に周知させておくことも、取り組み方の一つといえるでしょう。
在宅医療・介護連携の推進も問題解決のための方法です。高齢者の数はどんどん増加していることもあり、色々な局面で在宅医療・通所介護などに携わって業務を行っている関係者同士がより連携を図り、高齢者の生活を守れるように取り組むことが大事となるでしょう。
高齢者福祉については、現在の流れは通所介護施設などといった施設介護から在宅介護へとシフトしつつありますが、介護に携わる人は引き続きすべての介護サービスの質と量の向上に向け、様々な努力を重ねていくことが求められます。

埼玉県の通所介護施設の現況(令和元年・2019)
埼玉県の2019年・令和元年時点における通所介護施設の現況を見てみると、施設の数は1,881軒と全国的にみてもかなりの数が存在しています。このうち県庁所在地であるさいたま市には実に300軒近くの通所介護施設が存在しており、かなり身近な存在として機能していることがいえます。
さいたま市以外にも、150軒を超える通所介護施設がある川口市や草加市・川越市・所沢市などといった都市部にあたるエリアにおいては施設数は非常に多く存在します。秩父市など、自然豊かなエリアについては数はそこまでないものの比較的通所介護施設については充実していることはいえるでしょう。ただ、それだけに競争率も比較的激しいことも特徴的であり、生き残るためにそれぞれの施設が工夫をこらしながらサービスの質を充実させていることも埼玉県の特徴といえます。
単に日常生活をサポートするために訓練を行うだけではなく、選択レクリエーションなどといった多彩なプログラムを選べるシステムや、ボランティア演奏など利用者が楽しめるイベントを体感してもらうことなども行っており高く評価されていることも特色の一つです。
課題点としては、埼玉県では新規に通所介護施設など介護に関する施設が積極的につくられている傾向があるのですが、その逆に廃止になる施設も少なからず存在する点がいえます。経営難に陥ったり、サービス・サポートの不備などといった様々な要素によって廃止の届け出を出す通所介護施設はいますので、もしも利用者がこうした施設に通うのであれば、事前に信頼性や実績などを見極めて選ぶことが重要といえます。
人材確保の問題に関しては、埼玉県においては交通の利便性が比較的充実していることもありそこまで問題にはなっていません。ただ、少子高齢化社会においては、いかに人材を確保してサービスの質を高めていくかは全国的な課題といえます。また、地域交流などの面でも楽しめるようにスタッフがそれぞれ取り組めるかも重要といえるでしょう。

東京都の通所介護施設の現況(令和元年・2019)
世界一の福祉先進都市を目指す東京都では、増加する高齢者に対し多くの介護施設を整備しています。
老人デイサービスセンターなどで提供されている入浴・排泄・食事などの介護、その他の日常生活で必要なサービスや機能訓練を行う通所介護施設も、東京都内の現況は1,500を超えるまでになりました。
通所介護施設は23区内を中心に多摩地方、島嶼地域でも整備が進められており、現在お住まいの地域内で見つけられるでしょう。
特に23区内は東部・西部ともに充実しており、受けたいサービスに合わせて合わせて選ぶことが可能です。
介護を受ける高齢者の状態に合わせて通所介護施設を選べれば、適切なサポートを受けながら生活できます。
東京都で介護を必要とする人は、今後も増加していくと考えられます。
そのため現況で1,500を超える通所介護施設がある東京都でも、今後のことを考えると足りているとは言い切れません。
今後も介護を必要とする人に満足できるサービスを提供し続けるためにも、通所介護施設の整備が期待されています。
また通所介護施設だけを増やしても、働くスタッフがいなければ運営していくことはできません。
待遇が悪いとスタッフの仕事の質が低下して、利用者にも影響を及ぼしてしまいます。
利用者が安心してサービスを受けるためにも、スタッフの待遇改善や人員の確保・定着にも力を入れていく必要があります。
スタッフにとって働きやすい待遇・環境に改善できれば、意識も向上し質も高まり利用者にとっても喜ばれ、人員にも余裕があればゆとりを持って働けるでしょう。
介護サービス分野の人手不足は東京都だけではなく全国的に問題となっている現況で、さまざまな社会問題にも繋がっているとされています。
国も一気に解消する有効な手段を打つことができていない現況なので、東京都にはいち早く通所介護施設の整備や働くスタッフの環境整備にも力を入れ、全国モデルを作り上げることにも期待したい現況です。

長野県の通所介護施設の現況(令和元年・2019)
長野県は山間部も非常に多く、高齢化に伴う過疎地域も近年多くなっている傾向があります。このような地域では自動車の運転ができない高齢者も非常に多く、また若い人たちがその地域から離れてしまっていることも多いため、日常的な生活もあまり活発に行うことができない現況があるのです。
そのため、このような地域の高齢者の活動の場所として通所介護施設は非常に重要な意味を持っており、古くから朝帰ってきた状況があります。この状況は近年著しくなっており、通所介護施設の必要性が高まっていることからその施設数も増えているほか、利用者数も増えているのが実態です。
現在の長野県の高齢者の比率は他の都道府県に比べても比較的高くなっている傾向にあります。都心に比べて労働環境があまり充実していないこともあり、県の産業比率が工業に比べ農業が高いこともあり、高齢化率が高まっているのが実態です。そのため介護施設の必要性も叫ばれており、現場の施設だけでは足りない状況となっているのも1つの現況として挙げられています。
また長野県ではもう一つの介護施設に関する問題を抱えており、これは介護士の不足によるところが大きなものです。高齢者の数が増え、一人当たりの介護士の人数が増え続けていることから、様々な問題を生じてしまう危険性もはらんでいます。そのため、本来は宿泊型介護施設の必要性があるにもかかわらず、介護士の不足やその他の設備の不足のために通所介護施設を利用しなければならない状況も問題となっているのです。これらのことから長野県の通所介護施設の現況は非常に厳しいものとなっており、需要に対して供給が追いつかない状況となっているほか、その他にも様々な問題を抱えることとなっている実態があります。様々な改善策を講じているのが実態ですが、賃金の問題もありなかなか介護士の数が増えない状況もあるため、通所介護施設は不足がちな状況となっているのが現況です。

奈良県の通所介護施設の現況(令和元年・2019)
奈良県には通所介護施設が数多くあり、日帰りで介護施設に通って食事や入浴など日常生活での介護や機能訓練などのサービスを利用希望者に提供しています。
施設を利用する事で閉じこもりがちになりがちな被介護者の引きこもりや孤立を防げますし、他の利用者とのコミュニケーションも可能になるなど、社会参加や交流の場としての役割も担っています。
その他に家族の介護負担を軽減するという側面もあり、介護をする家族にとっても、仕事や育児、自分の息抜きの時間を作る事も出来、精神的肉体的な負担を軽減する事も出来ます。
またひとり暮らしや老々介護で自宅での入浴が難しいと言った日常生活での困り事も相談、解決に導いてもらえます。
奈良県の通所介護施設の現況として、利用対象者は要介護1〜5と認定された方で、40歳〜64歳までの方については要介護状態となった原因が特定疾病による場合が認定の対象になります。
通所介護施設を利用する際の費用は1日あたりの費用は厚生労働省が定めている「介護報酬の算定構造」に基づいて計算され、実際の費用は早朝や深夜などの時間帯や、市区町村の区分などによって異なりますし、自己負担割合は一定の所得がある方は自己負担割合が2割または3割、それ以外の方は1割負担になります。
奈良県の通所介護施設を利用するまでの流れとして、まず最初に奈良県の介護の予防や地域の高齢者の総合的な相談の拠点となっている地域包括支援センターに相談を行います。
地域包括支援センタ−に相談後、窓口に申請すると調査後に認定結果を知らせてくれますので、それを担当のケアマネジャーにサービスの利用を相談し、現状で困っていることを伝えてサービスの利用を検討していきます。
その後でいくつか事業所を見学し、実際に利用したいサービスの内容や、利用頻度などを決め、利用したいサービス提供事業者と話し合いケアプランを作成して貰います。
ケアプランが完成すれば直接サービス事業者と契約出来ますので、契約後にサービスの利用を開始する事が出来ます。

山口県の通所介護施設の現況(令和元年・2019)
山口県にある通所介護施設の数は、2019年の現況では700件ほどです。
山口県内で最も多いのは下関市で、160件ほどになります。
そのため下関市内ではさまざまなタイプの通所介護施設があるので、希望に合わせた施設に通いやすくなっています。
下関市以外で多いのは、宇部市と県庁所在地である山口市です。
現況では宇部市と山口市にはそれぞれ100件前後の通所介護施設があり、その他の地域よりも多くなっています。
山口県内のトップスリーである下関市・宇部市・山口市の3地域で、全体の半分以上を集中している現況です。
集中している地域で通所介護施設を探すなら、現況はそれほど問題ないかもしれません。
しかしその他の地域で通所介護施設を探そうとすると、選択肢が限られてしまい希望の施設を利用できない可能性があります。
山口県で多い3つの地域は、県内でも比較的人口の多い地域です。
そのため通所介護施設が増える要因になっていますが、その他の地域は高齢者が多く本当に通所介護施設を必要としている人が多数います。
特定のエリアに施設が集中している現況は、決して良い状況とは言えないでしょう。
サービスを受けたい高齢者が楽に受けられるようにするためには、アンバランスな状態を解消することが大切です。
また山口県全体は過疎化が進み介護を必要とする高齢者の増加が見込まれているので、現況の数では足りなくなると予想されます。
今後増え続けていくであろう高齢者に対応するためにも、地域間の偏りをなくしつつ通所介護施設の数を全体で増やすことも同時に考えていかなければいけません。
現況の問題点を把握し山口県全体で整備を進めていけば、サービスを受けたい高齢者も楽に通えるようになります。
山口県だけではなく他の地方でも同じような問題は抱えていますから、先行した事例を参考にしつつ解決策を探ると良いでしょう。
現況の問題が解決されれば、高齢者も健康的な生活をおくり続けることができます。

徳島県の通所介護施設の現況(令和元年・2019)
徳島県の2019年・令和元年の時点においての通所介護施設の現況を見ると、まず施設の数は県内全域で270軒程度あります。このうち3分の1近くにあたる84軒が徳島市内にあり、近郊を含めるとその4割以上が徳島市かあるいは近い街に集中しています。徳島市を離れると、通所介護施設が少なくなっており山間部に関しては施設数は多くありません。山間部や田舎部の場合、高齢者にとっては施設までの移動がなかなか難しいこともあり専門車輛で送迎している施設も多いです。
事業内容としては、デイサービス事業所等に通って日帰りで入浴・食事・レクリエーション・機能訓練などを行うことが主な業務となっています。また、単に介護施設としての役目だけではなく地域交流の場としても機能するようにスタッフは地域交流行事の実施などの取り組みを行っています。
課題は、若い介護職員がなかなか入ってこないという点です。どの施設でも、人材の確保が課題です。その問題は田舎部だけではなく、県庁所在地である徳島市においても課題といえます。また、これに関連して介護サービスの質の確保も課題の一つといえるでしょう。自治体が行う取り組みとしては職員の虐待防止のための対策や、施設の不備をなくすことために自治体が指導を行うなどをして解決に向けて取り組んでいます。
もう一つ、課題になっているのが介護報酬改定です。通所介護施設においては、近年介護報酬が厳しめの方向に改定されており経営のときに課題になりつつあります。こうした状況の中で、施設同士が連携を図り情報交換を行いながら経営方針をいかにまとめていけるかが重要です。
介護サービスのスタイルは今は通所介護施設から訪問介護へと流れがシフトしてきていますが、全ての介護サービスにおいて施設の数をただ増やすだけではなく、総合的な質の向上・維持を行い利用者の満足のいく生活ができるように介護職・管轄する自治体ともに努力を重ねていくことが求められます。

福岡県の通所介護施設の現況(令和元年・2019)
福岡県の通所介護施設の現況は、1206の施設が登録している状態です。通所介護は、デイサービスセンターなどで提供されるサービス全般を示します。デーサービスに通所して、入浴や排泄、食事などの介護や常生活を送るうえで必要となるサービスや機能訓練を行います。福岡県の通所介護施設には、利用定員が19名未満の施設は換算されていませんので、実際に施設数は、現状より多いものと見込まれます。
通所介護を利用できるのは、居宅で生活をしている高齢者で要介護と認められている方ですので、現況の施設数で受け入れが充分かどうかは定かではありません。なぜなら、介護保険認定を受けずに居宅での暮らしを行なっているケースも考えられるからです。
また、通所介護施設がある地域差もあるのは確かであり、都市部には複数の中から選べる選択肢が比較的あるのですが、地方に行くにつれ施設数が少なくなり選択肢が限られることもあります。福岡県の都市部以外の方が要介護の対象となる割合が高いのに、受け皿の選択肢が少ないのは人手不足の影響も一つの原因とされます。
都市部においては、要介護の割合が地方よりも低いもののそれだけ人口が多いので通所介護施設の利用者も急増しています。通所介護施設が飽和状態になれば、更に増やす必要も出て来るでしょう。
ただ、人手不足の現在の事情を考慮すると大規模な施設建設よりも設備投資が少なくなる小規模施設への注目が高くなるとも考えられます。通所介護施設も独自のカラーを発揮しているので、選択肢がある方が高齢者にとっては自分に合ったサービスを利用できるようになる可能性が高くなるのは確かです。
政府が認知症対策を急務として行っていることからも、通所介護施設での認知症予防への取り組みも大きく関わって来ると言えます。福岡県での高齢化率も顕著であるだけに、通所介護施設の選び方で地域格差が出てしまう点も今度検討しなければならない課題になります。

長崎県の通所介護施設の現況(令和元年・2019)
全国的に少子高齢化が進んでいる現在の日本では、介護施設やサービスの充実が急務となっています。東京や埼玉、神奈川、それに大阪、福岡など大都市圏のある都道府県を別とすれば、高齢化と同時に人口減少も各地で進んでいるため、介護の人材不足が深刻です。長崎県においてもそれは同様であり、特に若者が福岡などの大都市に流出してしまうため、介護ケアのための労働力が大きく不足しています。外国人労働者の受け入れが始まったことにより、長期的に見ればこの傾向は緩和されることが期待できますが、送迎などは日本国内の自動車免許を持っていないと行えないため、やはり日本人スタッフが欠かせません。特に長崎県は非常に坂の多い街として知られているため、入居施設ならともかく、通所介護施設においては送迎が非常に大きな負担となっています。たった数百メートルの距離であっても、介護を要するお年寄りが一人で通ってくるのは難しいですし、急勾配の坂や狭い道が多いため、車椅子での通行も困難です。こうした地理的条件によって施設を建てられる場所にも限りがあるため、行政や介護事業者などが対策を検討しているというのが現況となっています。ただし、明るい展望がないというわけではありません。技術の発達によってドローンによる配送などができるようになれば、坂道や傾斜を気にせずに施設に物資が届きます。また通所介護施設への送迎ドライバー不足も、自動運転の発達によって解消される可能性があるのです。介護ロボットの実用化には少々時間がかかりそうですが、すでに介護者の負担を減らすためのパワードスーツなどの開発も進んでいるため、外国人労働者の受け入れと合わせてこういった技術が発達すれば、介護の現場の負担が大きく減少するでしょう。最終的に高齢化や少子化を食い止めるのは時間のかかることですので、長崎県のように急速に高齢化が進んでいる地域にとっては、当面の介護人材不足などの問題解決が行政に求められています。

熊本県の通所介護施設の現況(令和元年・2019)
熊本県にある通所介護施設は、2019年の現況で約800件あります。
800件のうち300件近くは熊本市内で運営されていて、各区ともに大きなバラツキはありません。
熊本市内では、比較的バランス良く通所介護施設が整備されている現況です。
熊本市の他に熊本県で多いのは、八代市です。
熊本県の南部に位置する八代市は、県内でも2番目に人口が多くさまざまな施設が充実しています。
そのため通所介護施設の数も県内で2番目に多く、2019年の現況では約70件です。
熊本市と合わせると、熊本県にある通所介護施設の約半分がこの2つの地域に集まっていることになります。
その他の地域では、天草市・宇城市・上益城郡などとなっています。
熊本市と八代市を除くと、その次のグールプは域内に30件ほどあるのが熊本県の現況です。
反対に熊本県お通所介護施設の現況で数が少ない地域は、天草郡・下益城郡・水俣市です。
これらの地域には10件以下しか通所介護施設は整備されておらず、利用しにくい状況が続いていると考えられます。
これから介護サービスを必要とする高齢者は増えていくと予想されるので、一刻も早い整備が待たれている現況と言えるでしょう。
通所介護施設の数が足りない現況は、熊本県に限ったことではありません。
急激に高齢化が進んでいるために、特に地方では施設の数が足りずサービスを受けたくても受けられない高齢者が増加中です。
通所介護施設を増やす必要性は行政は理解していても、財政的な問題に加え人手不足も解消しなければいけません。
介護施設での仕事はキツいのに給料が安いの現況で、人手が集まらず就職してもすぐにやめてしまいます。
そのため全国の介護施設では人手の確保に苦労しており、国が支援をしていますがそれでもまだ足りません。
熊本県にある介護施設を充実させ、必要な人が誰でも適切なサービスを受けられるようにするためには、こうした問題も解決していく必要があるでしょう。

宮崎県の通所介護施設の現況(令和元年・2019)
通所介護、いわゆるデイサービスは要介護者がデイサービスを行なっている施設に通い、入浴・排泄・食事など日常生活の一連の介護、訓練を受ける日帰りの介護サービスのことで、一般的なスケジュールは、サービスを行なう施設担当者が9時頃自宅を訪問し、施設に案内、健康チェック・入浴・昼食を摂ります。午後から訓練・娯楽・趣味の時間を経て夕刻16時頃に自宅に送るというのが流れになります。

 

宮崎県の介護サービスには、居宅サービスにおいて訪問介護の事業所数444に対して通所介護(デイサービス)を実施している事業所数は382あり、8割の事業所が実施している現況です。この中には通所リハビリテーションを実施している施設が119が含まれますから、機能訓練施設があって実施できる施設は3割あるということになります。

 

さらに地域密着型サービスとしての通所介護施設数は257あり、この中に認知症対応型通所介護施設数が28あります。介護予防地域密着型サービスとしての介護予防認知症対応型通所介護施設が23ありますから、認知症に対して既往と予防施設はほぼ同等数あることになります。

 

介護予防・日常生活支援総合事業の総数を集計すると、訪問型が327、通所型582あり、総数909に対し訪問型が36%、通所型が64%という現況です。訪問型と通所型の割合は概算で2対3の割合ということになり、自宅で介護サービスを受けるより介護施設にて介護サービスを受ける割合が勝っています。これは宮崎県が車を使って送迎することが容易な環境にあることを表しているとも言える結果です。

 

一方、訪問型の介護のものが少ないことを考え合わせると、介護に携わる職員・従業員の数が少ないとも言えます。宮崎県は高齢化が進んでいる県であり、介護に関わる人員の確保も急を要すると言える結果とも言えます。宮崎県は今後、この課題解決に向けての方策も必要になってくると推定され、急を要するべき課題と考えられます。

鹿児島県の通所介護施設の現況(令和元年・2019)
通所介護は日帰りで施設に通い、食事を始めとした身の回りの世話や日常生活上の介護を含めた機能回復訓練を受けることができるサービスです。介護が必要になると外出することも少なくなり、家族との接触が主になってしまい引きこもりになりがちですすが、施設で他のサービス利用者とコミュニケーションを取ることでストレスの解消にもなり、介護する家族にとっても負担を軽減できることから利用者が年々増加傾向にあります。鹿児島県における高齢化率の推移としては、総人口に対して31パーセントとなっており、全国平均と比較して3パーセントほど高く推移しています。また、百歳以上の高齢者数も人口10万人あたりおよそ95人と全国第4位の水準の高さがあります。このように高齢者の割合が多い鹿児島県では、高齢者の健康や医療、福祉に関して総合的にサポートすることを目的とした「すこやか長寿プラン」制度を実施しており、地域ごとの通所介護施設の充実を始めとして、高齢者の快適で安全な生活の確保や高齢者医療の適切な推進など、8つの項目に対して対応しています。通所介護施設の現況としては県内の市町村を7つのブロックに分け、各地域振興局や支庁が鹿児島市を中心に掌握に努めていますが、鹿児島市や日置市、霧島市を中心とした県中心部は施設が充実しているものの、希望する全ての高齢者を受け入れられる体制は整えられておらず、鹿児島市の多くの通所介護施設でも数十名の待ち状況となっているのが実情です。更に、鹿児島県の郡部となると通所介護施設自体が少なく、特に種子島や奄美地方などの薩南諸島になるとその数は激減しているため早急な施設建設が望まれています。なお、サービスを受けるに当たっての自己負担は原則として費用の1割から2割となっていますが、これとは別に食材料費やおむつ代、日常生活に必要となる身の回り品などは別途必要で、送迎を含むサービス適用時間は8時間以上9時間未満となっています。

沖縄県の通所介護施設の現況(令和元年・2019)
通所介護施設とはデイサービスセンターなどに介護を希望する老人などが通い、日帰りで食事や入浴などの日常生活の補助が受けられる施設になっています。自動車による送迎がついていることが大半なので、一人では遠出できないような独居老人でも、自宅ではなく施設で介護職員による支援が受けられるというのが特徴になっているのです。老人ホームのように施設に泊まることは余程のことがない限りありませんので、基本的には朝かお昼に通所介護施設に通い夕方には帰宅するという流れがとられることが多くなっています。
沖縄県には複数の通所介護施設が存在しており、令和元年の現況は介護を必要としている方からの評判が良くなっています。質の高い介護サービスが受けられるようになっている、沖縄県全体が介護施設や介護職員の維持に力を入れているというのが良い影響と化しているからです。沖縄県の通所介護施設が2018年や2019年に比べて劇的に減ったということもありませんので、令和になっても平成の頃と同じレベルでの介護が施設で受けられるものと患者側は想像しておいて構わないと言えるでしょう。
沖縄県は認知症を含めて、何らかの理由で一人で生活を送るのが難しい独居老人への支援に、お金をかけているという特徴を持っています。通所介護施設の中にも認知症の高齢者でも受け付けているというところは多く、その割合は平成から令和に変わっても維持されることが予想されているのです。通所介護施設の職員数に関しても、離職率が上がったというデータはありませんので横ばいで推移しているものと想像しておいて大丈夫です。他の都道府県と比較しても質の高い通所介護施設が、2019年度も以前と同じ程度に運営されるのだとイメージしておいてください。
ただし沖縄県では、通所介護施設から自宅に利用者を帰宅させる際に、交通事故が起きたという事例が2019に入ってからも発生していますので、その部分にだけは注意が必要です。

上手な通所介護施設利用の知慧
多くの通所介護施設では、それほど1日の流れに差はありません。どこを利用しても同じような流れなのであれば、できる限り自分に合った通所介護制度を利用したいところです。近年では介護通所施設にも、オリジナリティーあふれた強みを取り入れているところが多く見られます。つまり通所介護施設も競争の時代であり、競争に打ち勝とうとするために、それぞれの特色を出しているということです。
例えば次の週に自分が利用する際の昼食メニューを、自分で選ぶことができるサービスを取り入れているところもあります。食事は高齢者にとって大きな楽しみの一つであり、そのメニューを自分の好きなものを選べるということは次回の利用を楽しみにできる理由の一つとなります。また温泉地でもないのに、温泉に入れることを強みにしているところもあります。入浴剤を使用する方法とは異なり、本物の温泉のお湯を使用しています。普段はなかなか温泉に行くことができない高齢者は非常に喜び、中には認知症などで入浴を拒否する人もいますが、温泉だと聞いて入浴を楽しみにする人も見られます。また音楽療法などの、ほかの施設にはないレクレーションを取り入れているところもあります。音楽療法や園芸療法などは、認知症の進行を予防したり、心身の活性化を図るためにも、音楽や植物の力を借りて行われるレクレーションのことを指します。専門的な勉強をした人が用意したプログラムに沿って、レクレーションが行われることになります。特に音楽が好きな人や、ガーデニングが趣味だったという人には喜ばれるレクレーションと言えるでしょう。
このように通所介護施設には、独自の強みを持った様々な特色が掲げられているので、これらを上手に活用していくことが、通所介護施設利用の知慧と言えます。通所介護施設は、1カ所に絞らなくてはならないわけではなく、掛け持ちすることも可能です。自由に使い分けすることによって、サービスを上手に取り入れていくと良いでしょう。

通所介護施設のメリット・デメリット
通所介護施設とは、日帰りで様々な介護サービスを受けられる施設のことをいいます。食事や入浴、レクリエーションなどの介護を受けることができ、送迎も付いているので安心して利用できます。
通所介護施設を利用するメリットには、体を動かしたり他の利用者や施設のスタッフと交流することで心身のリフレッシュが図れるということがあります。自宅にこもって外に出る機会が減ると筋力も衰えやすくなりますし、他人と全く触れ合わない生活が孤独感を深めることもあります。通所介護施設に通うことで筋力を維持したり、孤独感を解消して精神面を安定させることもできます。それが将来的に寝たきりになるリスクを減らすことにもなります。
また、普段介護をしている家族の負担も減ります。子供などが親を介護していると、食事の用意をしなければいけないのでなかなか外出できないといったことがあります。仕事をしているので毎日面倒を見ることが難しかったり、ずっと介護のことが頭から離れないのでストレスが溜まるといったことも多いようです。通所介護施設を利用することで、普段介護している家族も一人の時間が持てるようになります。
それから介護で一番大変なのは入浴ですが、通所介護施設であればプロのサポートを受けられます。お風呂場に手すりなどもついていますし、高齢者でも入浴しやすいようなバリアフリーになっていたりします。転倒するリスクも減らすことができます。
通所介護施設のデメリットとしては、費用負担が生じることが挙げられます。プロの介護サービスを受けるので、その分費用はかかってしまいます。要支援や要介護といった状況に応じて費用負担は異なるので、介護度が低い方が1回当たりの料金は高くなります。また、利用する回数などによっても金額は変わってきます。
それから人によっては、あまり馴染めないということもあるようです。自宅の方がリラックスできたり、人と触れ合うのが苦手という人は苦痛に感じることもあります。

通所介護施設に向く人、向かない人
通所介護施設では、多くの場合レクリエーションが取り入れられています。レクリエーションを取り入れることによって、脳機能や身体機能を発生することに期待できます。例えばクイズなどの頭を使った遊びや言葉を使ったゲーム、何かを作るなどの指先を使った作業をすることによって、脳が活性化することになります。これが認知症の予防や進行を食い止めることができると期待されています。また脳だけではなく、健康を維持する方法としても、レクリエーションは期待できることでしょう。身体機能が衰えているとはいえ、まったく体を動かさなくなってしまえば、筋力が衰える一方です。レクリエーションをすることによって、脳機能や身体機能の低下を食い止めることができます。またコミュニケーションの促進にもつながります。体力や身体機能が衰えれば、自然と外出は減ってしまいます。一人暮らしの高齢者がこのような状態に陥れば、引きこもりやうつ病になってしまう可能性もあるでしょう。レクリエーションを通じて、社会生活や他社との交流、つながりの楽しさを再認識することにつながります。コミュニケーションの量が多くなることによって脳の活性化も期待できます。
このようなことから、通所介護施設に向く人としては、話が好きな明るい人や、人前に出ることに抵抗がない人、変化に敏感な人や、企画、発案が得意な人が向いているといえるでしょう。特に場を盛り上げられる人であれば、その場の雰囲気も明るくなります。また反対に自分ではなかなか外に出て行こうとする勇気がない人にも、このような場は向いているといえます。輪の中に入ることで、自然とコミュニケーションを図ることができ、日々の生活とは違った体験をすることができます。
反対に向かない人としては、出かけることが好きで友達も多く、趣味も楽しんでいるという人が挙げられます。このような人は自分でコミュニケーションをとったり、楽しむすべを知っているので、自分の方法で楽しんでいけるでしょう。

青森県の通所介護施設の現況(令和元年・2019)
青森県の2018年度の調べでは青森県の人口は約120万人、そのうち老年人口が40万人で毎年右肩上がりで増加しており、少子高齢化の流れもあり今後もさらに増えることが予想されています。
通所介護施設の数はおおよそ400弱で、需要に対してその数が懸念されているのが現況です。
県の調査でも施設や人員の不足から申し込みがあっても断ってしまったり、交通手段が無いことから遠方の施設に通ったり、訪問を依頼することができないなどの対応困難事例が報告されており大きな課題となっています。
また、一旦行政からの指定を受けて事業を開始したものの、運営が困難となり指定を辞退するケースも散見されています。
通所介護施設の運営主体で見てみると、社会福祉法人やNPO法人が運営しているのが6割程度、残りの4割程度が株式会社や有限会社などの企業が運営しており他の都道府県と比較しても多い傾向にあります。
さらにそれらの企業には通所介護施設を専業で行っているのではなく、他に本業を持っている異業種からの参入が多いのも特徴です。
この背景には、地元の社会福祉法人やNPO法人だけでは数が足りず公募を行ってもなり手が現れなかったことから、企業への誘致を行った結果でもあります。
もっとも、新規参入した事業者であっても社会貢献をしたいという強い意志を持ち質の高いサービスを目指していますが、これまで医療法人の経験があった運営主体が社会福祉法人を立ち上げて通所介護施設を開設するなどしたケースの方がやはり長年培ってきたノウハウを持っています。
ただし、新規参入した事業者も徐々に運用実績を積み重ねることでノウハウも蓄積され、それらの差は急速に縮まっているのも確かです。
それ以上に今後ますます増加することが予想されている老年人口の急激な増加に合わせて、受け入れ可能な通所介護施設の質と量の担保が重要となっており、国や行政も含めた抜本的な解決策が求められています。

岩手県の通所介護施設の現況(令和元年・2019)
岩手県内の通所介護施設で、現況最多の数があるのは盛岡市の133件です。続いて奥州市の46件と花巻市の42件が続きます。デイサービスと予防デイサービスが殆どの施設で行われており、これに訪問介護と予防訪問介護がそれぞれの施設毎に加わって行く事が多くなっています。
盛岡市や奥州市等は施設も多いですが、施設が多いという事は選択の必要があるという事です。その為には通所介護とはどういう物であるかという事を、まず理解しなければいけません。通所介護は別名デイサービスとも言いますが、デイサービスセンターや福祉施設に日帰りで要介護者に通ってもらう事で、機能訓練やレクリエーション等をして貰う事です。食事や入浴の介助も勿論して貰えます。
家の中に閉じこもり気味になってしまい、元気がなくなった高齢の父母に新しい趣味や友人を見つける機会を作りたいといった場合や、介護に疲れてしまった家人が休む時間を確保する為に利用する等、幅広い目的に対応しています。大抵の場合、朝の9時程に送迎車がやって来て、夕方の5時に家に送り届けてくれますので歩行困難な人等でも安心して使えます。
サービスを受けに行く事が出来る人は、要介護認定で1から5の人までです。老人が使う物であるという印象も多いですが、16の特定の疾病で要介護になった人でしたら、比較的若い年代でも使う様になる事もあります。40歳から64歳までの人で条件に一致する人等も珍しくありません。この時に、介護認定が1から2の人でしたら、地域支援事業の一環として週に1回から2回程度、指定のデイサービスを無条件で利用出来る事等も押えておきたい部分です。
同じデイサービスだとしても、それぞれの通所介護施設で結構特徴も分かれていますし、利用目的によってはそれを得意とする施設が別にある等という場合も珍しくありません。そういった事を理解した上で、どういう施設が理想的かという事をある程度明確化しておく必要があります。
そして、それを前提としながら、介護の専門家であるケアマネージャーと連絡を取り、条件に合った施設を探せば岩手県内で良い通所介護施設を見つけるのも、決して難しい仕事ではありません。

秋田県の通所介護施設の現況(令和元年・2019)
秋田県は雪深い地域ではありますが、海に面していることもあり、比較的自立を意識している高齢者が多いです。日本を代表とする祭りなども多いので、観光も盛んで高齢者の割合が年々増加しているにも関わらず、自分で生活をしていこうという意識が高いです。
秋田県の場合秋田市の他、大館市や男鹿市など大きな市があります。こういった比較的大きな市では通所介護施設も多いのが現況で、秋田市の場合は2019年100を超える数があります。圧倒的に秋田市が多いのですが、南秋田郡や山本郡といった場所においても通所介護施設が設置されており、地域の差は感じません。そして秋田県の場合、秋田県社会福祉協議会があり、地域でどう高齢者や障害のある方を支えていくか、といいうことを研修しているので、介護の質も高い傾向です。
秋田市の通所介護施設は秋田駅に集中していますが、狭い印象はなく自然を身近に感じることができるよう、施設の雰囲気を大切にしているところがほとんどです。内容としては、トレーニングに力を入れる、少人数での受け入れ、創作活動に重点を置くなど、様々な特徴があるのが現況で、トレーニングに力を入れている施設では筋力トレーニングマシーンを利用して専門家のもと、本格的に生活の質を向上させるトレーニングも行っています。
南秋田郡の地域においては温泉を特徴としており、リラックスできるような施設が多いです。さらにリハビリセンターと併設している通所介護施設も多いので、運動機能を高めるためには適しているところとなっています。
秋田県は比較的大きな県です。比率的にも高齢者が多くなってきてはいますが、その分通所介護施設の数も他の県よりも多いのが現況で、隅々までサービスを受けることができます。とはいえ、それぞれの通所介護施設は特徴が異なり、自分の好みの場所や人気のある場所は利用できないこともあります。早めに情報をキャッチし、施設との話し合いを進めていくと良いでしょう。

山形県の通所介護施設の現況(令和元年・2019)
山形県では、現況で通所介護施設を最も多く持っているのは山形市の71件となります。これに鶴岡市の53件と酒田市の43件がトップ3です。他にも米田市の31件等もかなり多い方と言えます。通所介護施設を使う場合には、どういった目的で使うのかを事前にある程度明確化し条件に一致した施設を探すのが基本ですが、そのサポートをしてくれるケアマネージャーの選択もとても重要になります。
通所介護施設を利用するには、まず介護認定を受ける必要がありますが、その為の申請を行うのはケアマネージャーです。申請は専門知識等も必要とされ場面が多い為、ケアマネージャーが手続きを代行するのですが、その為にまずは、市町村の介護保険課や地域包括支援センターに行って、ケアマネージャーを選択しないといけません。
ケアマネージャーは介護福祉士や社会福祉士、看護師や保健師といった仕事に5年以上従事している人達ですが、経験してきた仕事によって得意分野と不得意分野も出て来ます。自分が現在最も困っている問題に対処して貰うのに、その仕事経験が欲しい等、そういう目で依頼先を決めると話がとても進みやすくなります。他にも重要なのが、話が合うケアマネージャーであるかどうかという点です。介護は多くの意味で消耗が大きい出来事ですので、出来るだけ相性が良い人に依頼した方が良いですので、話を聞く時にはそういった部分にも留意しておくと、後で随分違って来ます。
決定した後は、ケアマネージャーと納得が行くまで話し合う事等も重要なポイントです。ケアマネージャーが実際の、介護認定やケアプランの作成を行いますが、作成には出来るだけ多くの情報があった方が適切な物になってきます。介護に関する不安な事であったり言い出せない心配や苦悩等、そういった部分であったとしても考える上で重要な材料です。現実問題、出来る事と出来ない事もありますが、遠慮しないで聞きたい事はどんどん質問した方がメリットになります。山形県で通所介護施設を探す場合、この点をしっかりチェックしておくと、良い所が探しやすくなるかと思われます。

新潟県の通所介護施設の現況(令和元年・2019)
平成30年の1月に、新潟県は高齢者保健福祉計画という指標を発表しました。分かりやすく言ってしまえば高齢化社会が益々深刻になるため、介護や福祉の分野に県として力を入れているといった計画です。このことも踏まえて令和元年の新潟県における通所介護施設の現況は決して悪くなく、設備強化や介護人材の定着促進、認知症の人やその家族を支える環境づくりなどが活発になされていると言えます。特定の老人ホームやケアハウス、通所介護施設などが独自に高齢者の増加に備えるのではなく、新潟県が県主導で高齢化社会対策に乗り出している結果、令和元年の現在介護現場がいい方向に向かっているとも言えるのです。24時間対応の地域密着型介護サービスの促進も新潟県では実施していますが、通所介護施設に関しては基本的に日帰りでの利用がメインになっています。24時間常に介護者が必要な方は、そもそも通所介護施設ではなく入院が可能な病院や老人ホームなどで面倒を見てもらっているからです。通所介護施設は自分の足で、または自動車による補助があれば、自宅外の施設に毎日のように通えるからを対象に介護サービスを実施している場所なのも影響しています。
また新潟県では平成28年度から、事業所の定員が18人以下の通所介護施設は、地域密着型通所介護という括りに入るといったルールが定められました。これは令和元年の現況でも適応されているのですが、通所介護施設を運営する側が認識すべきルールなので利用者にはあまり大きな影響はないと言えるでしょう。実際に平成28年度から令和元年までの間に、地域密着型通所介護への移行手続きで介護者に不利益が生じたという話は事例がなかったからです。
新潟県は令和元年以降も地域に根付いた高齢者向け福祉サービスを提供する予定となっていますので、通所介護施設も含めて令和元年はその下地作りに県が力を入れることが予想されています。介護を受ける側にとっては、より良いサービスが受けやすくなるということなのでポジティブに捉えておいていいでしょう。

栃木県の通所介護施設の現況(令和元年・2019)
栃木県の通所介護施設は128ありますが、そのうち95は宇都宮市に集中しており地域格差が大きな課題となっています。
人口約6万人の下野市、約8万人の日光市のようにそれぞれ1つの事業所しか存在しない市もあるほか、認可事業所が存在しない市町村も多数あり、宇都宮市を除きその多くを認可外の事業所に頼っているのが現況です。
特に通所介護施設の少ないエリアでは申し込みが殺到し、遠方から通わなければならなかったり長距離の送迎が必要な場合には原則対応しないという方針の事業所も多く、公的なサービスは利用せずにご家族で対応するなどの対策も迫られています。
交通アクセスの問題も大きく都心部では電車やバスなどの公共交通機関が充実していますが、郊外へ行けばタクシーを呼ぶしかないという地域もあります。
その一方で、宇都宮市をはじめとする設備や人員が充足していたり複数の通所介護施設が存在することで利用者が適切に分散するなどして事業のサイクルが健全に回っている地域では、質の高いサービスが受けられるのはもちろんのこと、周辺地域との交流も積極的に行われており、リハビリなどの訓練の一環で作られた作品の展覧会や工業製品の販売会などが行われ、要介護者にとってのやりがいやご家族にとっての憩いを与え、地域住民からの理解を深めるといった好循環を生み出している好例もあります。
また、職員も医師や理学療法士、看護師など専門的な知識と技能を持ったスタッフが常駐しており、体調不良などがあれば迅速に対応してもらえる医療体制が整っているほか、ソーシャルワーカーやケアマネージャーなどが常駐している相談窓口も設け、要介護者本人やご家族からの相談を受け付けています。
通所介護施設の数が多い宇都宮市周辺ではこれらの充実したサービスが受けられる機会に恵まれている一方で、数が少ない、あるいは事業所すら存在しないエリアでは他の都道府県同様に厳しい現況が続きそうです。

群馬県の通所介護施設の現況(令和元年・2019)
群馬県は山間部も多いことから介護施設は多種あります。通所介護施設の現況は、2019年現在600か所が対応しており、高崎市や伊勢崎市といった市街地以外の、邑楽郡や佐波郡、甘楽郡といった地域においても平均して10か所ほどは対応しています。
通所介護施設はデイサービスとも呼ばれており、自立した生活を送ることができるよう、そして家族の介護に対する負担を軽減するように設置されており、要支援1や2の方は利用することができません。要介護と認定された人、もしくは特定疾病が原因で介護を必要とする40から64歳の方が対象となっています。
通所介護施設での活動はまず、家まで送迎が行われ、他の高齢の方とともに食事をしたり、レクリエーションや入浴をしたりします。ここでの活動は、孤独になりがちな高齢の方の支えとなっており、家族もまた悩みなどを相談できる場として地域に大変必要な施設になっています。
群馬県においては、地域とのつながりも強く地域ごとに支えあいの集会などが開催されているので、比較的高齢の方の様子を把握することができています。ですが、前橋市や高崎市などは若い世代が多く、なかなか高齢の方の集まりが開催されにくい現況があります。こういった場所では、通所介護施設も多くなっている傾向となっています。
群馬県は温泉地でもあり草津地域に3つほど通所介護施設があります。サービスを選ぶことができるのが特徴で、どういったことを行ってほしいか、利用者が選択をすることができるのが魅力です。一方の前橋市のような比較的都市部にある通所介護施設では、アットホームな雰囲気を大切にし、一緒に料理をしたり手芸をしたりと介護を受ける人の興味を上手く引き出せるような無いようになっています。
通所介護施設を利用する方は、群馬県においても年々増加傾向にあります。施設によっては定員となってしまっていることもあるため、気になるところがある場合は早めに問い合わせを行うようにします。

千葉県の通所介護施設の現況(令和元年・2019)
千葉県の通所介護施設を利用する高齢者は増えているのですが、施設の現況は実はこれまでは増え続けていたのですが近年は減少していると言われていて、中でも小規模な通所介護施設が少なくなっていると言われてます。厚生労働省の調査でも2016年には少数ですが前年と比べて減ってます。
超高齢社会が問題になっている中で千葉県など地域の施設はとても重要ですが、それに伴うのが税金の負担です。年金や医療など社会保障費は増え続けているので、住み慣れた地域で生活してもらいながら家族には大きな負担がかからないように考案されたのが通所介護施設です。

 

ショートスティだと宿泊がないので施設の費用も抑えられて、訪問介護と比べてマネジメントや人員調整もしやすく管理も行いやすいです。資格などを持たなくても管理者になれ、小規模な通所介護施設だと看護師の配置がなくても良いなどの条件が緩和されていて、グループホームなどより運営がしやすく比較的簡単に設立出来ます。
これまでは千葉県を含めて、全国でも増加してましたがそれが減ってきてます。介護施設の利益は介護保険制度に影響を受けるため、月の平均の利用者が300名以下の規模、1日10人程度しか利用してない小さい施設は2015年に10%近く介護保険報酬が削減されてます。

 

デイサービスは利益率は10%前後と言われていて、これまでは高いビジネスでしたがそれが大幅に削減する施策となったため減少している原因になったようです。社会保障費の限られた資金の中で介護をしなければな、介護労働者の低賃金も問題になってます。さらに介護職の平均賃金をあげるために処遇改善加算を発行したのでそちらに財源が使われるようになりました。

 

今後も高齢者の数は増えていき消費喚起にも繋がるので、高齢者の社会保障に対して財源を使うのは良いことです。ただ、経済は停滞し内需も減っている今は、将来の財政が改善する見通しもなく削ることが可能な予算から削る方針になるのは最早仕方がないことかもしれません。

神奈川県の通所介護施設の現況(令和元年・2019)
令和になり、高齢化社会もますます進展する日本では介護に対する関心も高まっています。神奈川県で通所による介護サービスを提供している介護事業所は現在、約1900件ほどあります。また、予防のための通所リハビリが可能な事業所が
約270件あり、全体的に神奈川県は他県と比較すると通所介護施設数は多いという特徴があり、このような通所型の介護施設では機能訓練や集いの場などの日常生活支援が行われています。そして、今後もこうしたサービスに対する需要は全体として増加傾向にあるという現況です。
通所介護施設では、老人デイサービス等の、入浴や排泄、食事などの介護サービス、その他の日常生活を送るために必要なサービスや機能訓練が行われており、ここで言う通所介護施設とは利用定員が19名以上の施設をいいます。しかし、認知症対応型通所介護に当たるものは除かれています。通所介護サービスを利用できるのは居宅で生活する要介護と認定された人で、居宅とは自宅だけでなく軽費老人ホームや有料老人ホーム等の居室も含まれます。
通所リハビリテーションは、介護老人保健施設だけでなく、病院や診療所で提供されるリハビリテーションを含み、利用者の心身機の能維持や回復を目的としたり、日常生活の自立をサポートすることを目的としています。このサービスの利用者は、介護老人保健施設等を訪れて受けるサービスです。通所リハビリテーションを利用できるのは、居宅生活を送る、要介護認定者ですが、利用者の病状が安定しており、サービスの利用が必要と主治医が認めた場合に限られています。
神奈川県では認知症の人が老人デイサービスセンター等を訪れて利用するという認知症対応型通所介護施設が約260件あり、施設では入浴や排泄、食事などの介護サービスが受けられる他、日常生活を送る上で必要となるサービスや機能訓練も受けることができるようになっています。神奈川県でも今後の高齢化社会のため、高い通所型介護施設に対するニーズをもちます。

静岡県の通所介護施設の現況(令和元年・2019)
通所介護施設は要支援3〜5までの人が利用でき、可能な限り日常生活を送れるよう実施されます。自宅にひきこもった人の孤立の解消・心身機能の維持、家族の介護の負担の軽減を目的として準備・実施されるものです。一般的な利用の流れは朝の9時頃、施設担当者が自宅に迎えに来て施設に移動、入浴・食事・静養・娯楽などを行い、夕方4時頃に自宅に送り届けます。高齢者同士の交流も図ることができ、趣味を深めることにも繋がりますから利用者・家族などに大きな利用メリットがあります。

 

静岡県においては「介護サービス情報の公表」制度が設けられており、介護サービス利用者が客観的な情報を比較検討し、介護サービス事業者を選択しやすいようになっています。所在地・連絡地はもちろん、従業員の数・施設設備の状況や利用料金などが確認でき、さらには従業員への教育・研修の状況、介護サービス事業者の運営情報も得ることができます。

 

静岡県の通所介護施設(デイサービス)数は1353あり、静岡市に274、浜松市に266あります。次いで沼津市の79、富士市の77になり、他の熱海・三島・富士宮・焼津・藤枝・掛川などの主要な市にも20以上の施設が所在しますので、静岡県の通所介護施設は県内にまんべんなくあることがうかがわれます。市以外の郡部においても10前後の施設があることがほとんどで、このことからも静岡県内の通所介護施設の現況は均等に所在していると推測できます。

 

静岡県内の通所介護施設の特徴は、設備や従業員を多く抱える大型事業所は訪問介護や認知症予防サービスを行なっていますが、デイサービスのみを行なっている事業所も数多くあるということです。デイサービスが19人の利用施設があれば開設できることを考えると、比較的小型の施設がかなりあると推測できます。これは利用者にとっては都合が良い部分であり、日を変えて利用施設を容易に変更できるとともに、利用費用の市場競争も適応されますから負担が少なくなることが期待できます。懸念事項としては、ケア専門でない事業者が介護施設を開設しているケースが散見され、サービスが手薄になっていないかなどは注視するべき点です。

山梨県の通所介護施設の現況(令和元年・2019)
山梨県のデイサービス、通所介護施設の現況は350件以上の施設が立ち並び、甲府市を中心に各地で利用できるようになっています。
350を超える施設の内、最も数の多い甲府市は約100件となっていて、沿線の各駅にあまり関係なく、広範囲に施設が点在している状況です。
一方で人口が次ぐ南アルプス市については、通所介護施設の数は半数以下の40件ほどで、こちらも広く分布する形となっています。
甲府市と南アルプス市はちょうど釜無川を挟んでいますが、どちらも同じく複数の施設によって、通所者の利用をカバーしているといえるでしょう。
山梨県の他の地域の現況に目を向けると、通所介護施設が20件を超えるのは甲府市と南アルプス市を除いて、甲斐市と笛吹市、そして南巨摩郡に限られます。
大月市と中央市や南都留郡に富士吉田市、韮崎市や西八代郡はいずれも精々10件台で、利用者を十分にカバーできているかといえば断言は難しいです。
しかし、人口が少なく通所介護施設が数件しかない北都留郡以外は、少なくとも5件以上の施設を持っている状況です。
85万人規模の山梨県の全人口からすると、350件以上の通所介護施設があることは、高齢者とその家族にとって安心の材料となるでしょう。
勿論、地域によって施設の充実具合に違いがあったり、選択肢が限られるのは事実の現況ですが、それでも全体的に充実しているのは間違いないです。
高齢化率が全国平均を上回る県で、高齢化率が30%に近い地域ですから、通所介護施設を充実させているのは正解だと考えられます。
高齢者を寝たきりにさせない、あるいは孤立させない為にも、デイサービスが受けられる施設の拡充は大切です。
それに、地域の人達と交流したり活動に取り組むことで、人生に張り合いが出て生きる意欲が高まります。
施設の数が多い山梨県は魅力的ですが、活動内容に力を入れることで、高齢者が楽しく過ごせたり役立つことが何よりも重要です。

富山県の通所介護施設の現況(令和元年・2019)
富山県内には、おおよそ200の通所介護施設が開設されていますが、そのほとんどは社会福祉法人やNPO法人が運営しており、その次が生活協同組合で株式会社などの企業が運営しているのはごく僅かとなっているのが現況です。
富山県の人口は1980年代に110万人と突破してから現在まで100万人前後で推移し、年齢別の人口比では平成30年度の調べで65歳以上の老年人口が31.9%となっており、今後ますますの通所介護施設の需要が高まるのと同時に現況のままであれば数が足りなくなることも予想されます。
通所介護施設のサービスの内容で見てみると、社会福祉法人やNPO法人が運営している施設では介護保険や厚生労働省令公示の主旨や内容に添ったもので日帰り入浴や食事、レクリエーション、機能訓練などを行うことに加えて介護者の社会参加や交流の場の提供を行うことで家族の負担の軽減を目指しています。
一方の株式会社などの企業が運営している施設では、政省令や公示を網羅しつつも独自の取り組みを積極的に行っており、要介護者ひとりひとりの状態に合わせた個別機能訓練、食事やおやつを自由に選べる配膳サービスが提供されていたり、一部にはなかなか受け入れしてくれる施設が少ない若年性認知症に対応した施設など独自色を打ち出しているサービスが多いのも特長です。
もちろんこれらのサービスを受けるには地域医療介護総合確保推進法などで定められた規定の負担額を支払う他にも、別途サービス利用料を支払う必要があり、企業としては新たなビジネスチャンスとなり、利用者としては従来型のサービス以外にも自身にあった付加価値を持つサービスに加入できるというメリットがあります。
富山県内の通所介護施設は他の都道府県と比較して人口比ではやや数は少ないものの、各種法人や企業の参入で多様なサービスが存在しており、要介護者やご家族が予算や目的に応じて豊富な選択肢の中から自由に選ぶことができます。

石川県の通所介護施設の現況(令和元年・2019)
石川県の通所介護施設いわゆるデイサービスは、令和元年2019年現況において、約400件ほどの施設が確認されています。
一番施設が集中しているのはやはり人口の多い金沢市で、180件から200件の間で推移している状況です。
金沢市に次ぐのは小松市と白山市で、いずれの地域でも約30件の通所介護施設が点在します。
加賀市は20件台で、野々市市と能美市や河北郡に七尾市、かほく市と羽咋、鳳珠郡はいずれも10件ほどに留まります。
一方、輪島市や珠洲市と鹿島郡は10件未満で、能美郡に至っては1件のみに留まるのが、石川県に置ける現況の実態です。
勿論これらはあくまでも目安なので、より正確な状況はまた違う可能性があります。
しかし、石川県の人口分布や各地の人口密度からすると、かなり信頼できる数字だと考えられます。
石川県が把握して公表を行っている通所介護施設だけでも、約150件が網羅されています。
また、通所介護施設は利便性を考慮して、駅の近くに作られたり集中すると思われますが、実際はやや異なる傾向です。
金沢市を例にあげると、金沢駅や西金沢駅のエリアに点在してはいるものの、車で10分程の距離が離れているのが特徴的です。
これは高齢者が徒歩で通所介護施設を利用することがなく、車でアクセスできれば良いことから、このような立地に施設が集中していると思われます。
徒歩によるアクセス性よりも施設内の快適性重視、それが石川県の通所介護施設から見えてくる傾向で、現況を知るのに役立つヒントの1つです。
石川県は高齢者の割合が他の地域よりも高めで、当面は増加傾向にあると分析が行われています。
需要に対し通所介護施設が足りないとしたら、今後も施設の数が増えたり、通いやすい場所に誕生する可能性もあるでしょう。
選択肢が増えるのは単純に良いことですし、高齢者が無理なく通える施設が利用できたり、比較検討により楽しく過ごせる施設に出合いやすくなります。
ただ既に、他の地域よりも人口に対する通所介護施設の数が多いので、今後も増えるかどうかは未知数です。

岐阜県の通所介護施設の現況(令和元年・2019)
岐阜県では現況では、推計人口が2035年までに、およそ46万人ぐらい減少していくことが予測されています。しかし1947年から1949年までの3年間に誕生した団塊の世代が高齢者になることもあって、今までよりも高齢化が急速に進んでいるのです。2020年に65歳以上の人口がピークを迎え、2030年に75歳以上の人口がピークになることが予測されています。2035年には、およそ3人に1人ぐらいが高齢者になると予想されているのです。

 

高齢化の進行は岐阜県の全ての地域で継続していて、中でも飛騨圏域の高齢化の進行は深刻なものになっています。これからも高齢者の1人暮らしは増え続けて2010年から2030年までの20年の間に、およそで1.6倍となり高齢者の1人暮らしと高齢者の夫婦だけが暮らす世帯の比率が25.1パーセントに達することが見込まれているのです。

 

主な居宅サービスを利用する件数を比べてみると訪問介護施設だけではなく通所介護施設や短期入所生活介護、通所リハビリテーション全てにおいて多くなってきているのが現況となります。これから、もっと高齢化が進んでいくことを見据えて、岐阜県は介護保険制度のスムーズに運営していくことをもっと進めていくのです。それだけではなく、介護を必要とする高齢者の人たちが必要な通所介護施設などの施設サービスや在宅サービスを継続的に拡充していきます。そして積極的に大切な課題となっている介護の業種で働く人材を育成して確保していくことに取り組んでいるのです。

 

介護する必要がある高齢者の人たちは、社会全体でサポートする必要があります。その一方で、たくさんの高齢者の人たちは元気な状態なことから、様々な形で社会に参加していくことによって支えられる立場から支える立場の役目を果たし豊富な知識や経験、技術を活用しながら、活躍し続けることが可能な社会を実現していくことを目指しているのです。これが、岐阜県の2019年の通所介護施設や高齢者の現況になります。

愛知県の通所介護施設の現況(令和元年・2019)
愛知県では急速に進行する高齢化に備えるため、高齢者の方が住み慣れた家庭や地域で人として尊厳を持って生活をしていくことが可能な社会づくりに全県的に取り組んでいます。愛知県ではそのために、介護保険サービスの充実や地域包括ケアシステムの県内全域での構築を進め、通所なども含めた介護サービスに取り組んでいる状況です。
愛知県では、現在、通所型の介護を受けらえる施設は約1300あり、通所型介護サービス施設では入浴や排せつ、食事などの介護や日常生活で必要な介護サービスが提供されています。この県の通所介護施設は周辺の県と比較すると数も多く、高齢化社会の進展に対応した通所型介護施設数も比較的充実しているという現況がありますが、まだまだ名古屋などの都市とそれほど多くの人口規模をもっていない市などの通所介護施設数には偏在性があり、今後のニーズに備えた通所介護施設数の最適化も進むといえます。
愛知県には通所してリハビリが受けられる施設も約380件あり、予防的なリハビリ活動が行われ、さらに、地域密着型の通所介護施設が約1000件、療養通所介護施設は2件、そして認知症対応型通所介護施設が約180件という現況がありますい。認知症対応型通所介護施設は周辺県と比較しても数も多く、通所型の介護施設での介護サービスは、地域包括ケアシステムの全県的な構築の流れの中で行われており、現況の状況を踏まえて今後もさらに進展されていくようになっています。
愛知県は通いだけでなく、訪問や宿泊を組み合わせた小規模多機能型居宅介護施設が190件となっており、こうした柔軟的な介護サービスなどがさらに拡充していくことも期待されます。令和がスタートし、今後の介護サービスの高まりに備え、どのエリアにどの様な通所型の介護施設があり、それがどんな役割をもつことで高齢化社会の介護ニーズに対応していくのかという介護行政の視点もさらに期待されています。

三重県の通所介護施設の現況(令和元年・2019)
三重県の通所介護施設の現況は、2019年時点で800件を超えています。
県庁所在地の津市と四日市市に120件ほどあり、この2市の数は他の地域に比べると多めです。
その他の地域では松阪市と鈴鹿市に80件ほど、桑名市と伊勢市には70件ほどの通所介護施設があります。
三重県の通所介護施設では一般的なデイサービスの他に、ショートステイや予防デイサービスなどが提供中です。
予防に力を入れている通所介護施設も多いので、何らかな健康の問題が発生する前から利用してれば、症状の悪化を抑えられて健康的な生活を長く続けられる可能性があります。
提供しているサービスについてはそれぞれの施設で紹介しているので、ホームページなどを見ながら情報収集すると良いでしょう。
三重県で通所介護施設を選ぶときには、それぞれに適したところを選ぶことが重要です。
三重県には長期間にわたり運営されてきた通所介護施設も多く、なかにはサービス開始から40年近く経つところも少なくありません。
選ぶときは新しい通所介護施設が良いと思うかもしれませんが、長期間運営されているところは利用者に対するノウハウも豊富なので、質の高いサービスが提供されています。
また運営年数が長いほど利用者の評判も多くなるので、選びやすくなるでしょう。
良い施設を利用するためには、施設が持つノウハウや評判は重要なポイントです。
三重県では今後も高齢化が進むとされ、それに伴い介護施設の利用者も増加すると考えられています。
今後も利用したい人がスムーズに利用するためには、現況より増加することが期待されるでしょう。
通所介護施設を利用することにより、スムーズに生活できるようになる高齢者は少なくありません。
健康的な高齢者が増えれば三重県の財政にも良い影響をもたらし、本人や家族も幸せな時間を過ごすことができますから、これまでどおり施設の整備に力を入れ現況よりさらに良い状況になれば良いでしょう。

滋賀県の通所介護施設の現況(令和元年・2019)
滋賀県は面積が4000平方キロメートルで全国的に見ると小さい部類に入り、人口は140万人と全国のちょうど中間に位置しています。滋賀県内の人口を見ると大津市の34万人を筆頭に草津市の14万人、長浜市と彦根市の113万人と続きます。滋賀県の特徴としては、全国的に人口が減少している中で増加していることで、総務省が発表した人口推計によると47都道府県で人口が増えた8都県のひとつに挙げられています。他は東京都や神奈川県、愛知県などの大都市で、近畿圏では唯一人口増加を示した県となっている上に14歳以下の若年層の人口に占める割合も沖縄県に次ぐ第2位と高い数値を示しており、滋賀県全域で見ると栗東市と彦根市、草津市など9市2町で増加し、大津市や高島市など3市4町で減少しています。そのうち高齢者の人口を見ると全国平均よりも3パーセント程上昇率が低く推移しており、人口の6人に1人が65歳以上で15人に1人が75歳以上となり、15歳から64歳までの生産年齢人口に見る65歳以上の高齢者比率は4対1で、生産年齢の4人が1人の高齢者を支える構成となっていることが分かります。これらを踏まえた上での滋賀県の通所介護施設の現況としては、滋賀県全体では550件の通所介護施設があり、大津市の133件を筆頭に長浜市の53件、草津市の40件と続き、市部で全体の90パーセント以上を占め、郡部はわずか40件程度に止まります。滋賀県は南北に細長く中央に琵琶湖があるため県東部と西部間のアクセスが不便ですが、通所介護施設は県南部の大津市を中心とした南西部に多いため、県北部の高島市や南部の甲賀市、郡部では施設は不足していると言わざるを得ません。滋賀県では「だれもが住みたくなる福祉滋賀のまちづくり条例」を制定し、対象施設として通所介護施設や福祉ホーム、介護支援センターなどを指定しており、人口の増加に伴って各地域への通所介護施設など福祉施設の建築が期待されています。

福井県の通所介護施設の現況(令和元年・2019)
福井県は、若狭湾が有名な場所で、一つの県に海と山とを感じることができる地域となっています。様々な町が合併し新たな市を形成していますが、それでも市と町がだいたい同数あり、海の地域と山の地域では生活環境が異なることがあります。
福井県は観光も盛んなため、高齢者も比較的自立しています。特に海沿いの場合はその傾向があり、自分の足で動く、ということを意識しています。ですが、福井県自体も福祉に力を入れており、通所介護施設のための福井県デイサービスセンター協議会があり、よりよくサービスが提供できるよう研修などを盛んに行っているのが特徴です。
福井県の通所介護施設は2019年現在、180を超える数があるのが現況です。県庁所在位置である福井市には、50を超える通所介護施設があり、隅々まで網羅しています。山側にある大野市においても、2019年10か所程度あり、海沿いの町である若狭町も4か所ほどあります。面積がそんなに大きくない県ではありますが、隅々まで福祉が行きわたっており、通所介護施設を利用しやすい環境と言えます。
福井県の通所介護施設では、1日10人以内に収め家庭的な雰囲気を大切にしているところ、リハビリテーションにも力を入れ体をも鍛えるようにしている場所などがあります。海や山沿いの地域では、家庭的に過ごすことができる空間づくりを意識していることが多く、自然を十分に感じることができる介護施設が多いです。一方福井市など比較的大きな市では、リハビリに力を入れたり、個人を尊重したりと多種多様な施設となっています。クラブ活動にも力を入れているところもあるので、高齢者にとっても有意義に過ごすことができるよう工夫されている施設が多い印象です。
通所介護施設は、利用する人が年々増加しています。家族の負担を軽減する目的もあるため、家族のケアも充実したところを選ぶと双方の希望が叶う形となります。福井県の場合、そういった配慮を考えているので、じっくりと相談を行うと良いでしょう。

和歌山県の通所介護施設の現況(令和元年・2019)
和歌山県には現況、数多くの通所介護施設があります。その数は5百箇所以上にもなり、和歌山市には2百箇所以上もあります。次に多いのが田辺市で、40箇所ほどです。紀の川市にはおよそ30で、海南市や橋本市にもほぼ同じ数があります。西牟婁郡や有田郡・日高郡および岩出市には二十数箇所あります。東牟婁郡にはおよそ20ほどあり、有田市や伊都郡および新宮市には十数箇所です。御坊市には10箇所ほどあり、海草郡には5箇所ほどあります。
和歌山県内で通所介護施設を運営しているのは、医療生活協同組合や医療法人・社会福祉法人および民間企業などです。屋内活動を中心にしているところもあれば、野外活動を中心としているところもあり、利用者は希望するところに通うことができます。各施設でおこなう送迎サービスがあり、サービス提供地域になっているところなら利用できます。休みが正月だけであって日曜祝日も利用できるという施設もあり、たいへん通いやすくなっているようです。休日は、各施設によって異なります。日曜祝日を休日にしている施設も多いです。
和歌山県は気候が温暖な地域が多く、冬も外出しやすいことから、季節によっては閉じこもりがちになるという心配が比較的ないほうです。それでも通所介護施設に通年で定期的に通うようにすると、家族の負担も軽減されますし、通所者の健康維持や増進も図られやすくなります。通所介護施設では、要介護者や要支援者が入浴や食事およびレクレーションなどを通じて、交流の場を容易に持つことができます。定期的に体を動かすこともできるため、自立した生活をより長く送れるようになることも期待できます。
和歌山県内には和歌山市を中心に数多くの通所介護施設があり、多くの人が、通いやすいところを選んで通える状況です。施設数の多い和歌山市では特に、地理的な条件だけでなく、施設での活動内容なども含めて好みのところを選択できるようになっています。

大阪府の通所介護施設の現況(令和元年・2019)
平成の時代が終わり令和の時代が既にスタートしていますが、大阪府の通所介護施設に関する現況には年号の変化は影響を与えていません。大阪府は人口そのものが多いことも影響して高齢者や認知症の患者数が多く、通所介護施設の数も東京に劣らないほど多くなっています。社会保障費をめぐる現況は決して良好とは言えないものの、通所介護施設で受けられるサービスの質そのものは平成の頃と変わらず良くなっていますので、大阪府ならではの人情味溢れる介護が今後も受けられるものと、利用者側は楽観視しておいていいでしょう。少なくとも令和元年に突然、複数の通所介護施設が経営難で閉鎖されることや利用者数を急激に減少させるようなことは、まずありえないからです。ただし2015年度より2025年度のほうが、大阪府の老人の数が18パーセント近く上昇するといったデータもありますので、令和元年は問題なくても将来的には今と同様の通所介護施設サービスが受けられるとは限らないものと認識しておいてください。予算の都合だけでなく現場の介護巣億院などの人材不足が発生する可能性があるからです。
大阪府では、介護費と介護保険料の推移が毎年上昇していることでも知られています。令和元年においても平成から続く流れが止まらずに、介護分野への税金の流入に歯止めがかからないというのが現状です。しかし逆に言えば、通所介護施設など介護の現場にしっかりとお金が入っているということでもあるので、現在通所介護施設に通って生活面のサポートを受けている方や自宅との行き来の補助を受けている人にとっては、安心できる材料だとも言えるでしょう。大阪府が老人に対して税金を厳密に計算して出しているということだからです。
頭に入れておくべきこととしては、大阪府では令和元年の現在、地域包括システムという高齢者の地域生活に関わるプロプラグが進んでいます。今後この地域包括システムが通所介護施設の利用者数などに影響を及ぼす可能性はゼロではないと言えるでしょう。

京都府の通所介護施設の現況(令和元年・2019)
京都府の面積は4600平方キロメートルで全国でも小さい部類に属していますが、人口はおよそ260万人と多く、人口密度としては全国10位にランクインしています。前年度と比較した人口増加率はマイナス18500人と減少傾向にある中、総人口に占める65歳以上の割合はおよそ30パーセントで、全国的に増加傾向にあるものの全国平均と比べても3パーセントほど高くなっていることが特徴です。今後も高齢者率は高くなると予想されており、前期高齢者は2015年をピークに減少していますが後期高齢者は増加を続け、2020年には前期高齢者人口を上回ると推測され、府民5人で2人の高齢者を支える構図になると見込まれています。京都府内の人口分布は京都市が145万人と府全体の50パーセント以上を占め、次いで宇治市の18万人と亀岡市の9万人と続いていることから京都市に人口が集中していることが分かります。これらの現状を踏まえた上で、京都府の通所介護施設の現況を見てみると、京都府全体では約600件の通所介護施設があり、そのうちのおよそ350件が京都市内に集中しています。宇治市には32件、亀岡市は14件となっており、人口比率に対する通所介護施設数はおおよそ適正な値になっています。これは京都府による「京都式えらべるデイサービス推進事業」が大きく貢献していると考えらます。この事業では京都府内の通所介護施設や介護予防通所、介護事業所を広く普及させるように取り組んでおり、高齢者が楽しみとやりがいを感じながら意欲を持って自主的・継続的に取り組める個別ケアを実施し、生活機能を向上させる介護サービスの在り方について調査と研究を続けています。施設スタッフにも元気な高齢者がボランティアとして参加・支援できるような仕組みとなっており、サービス利用者の活動目的を設定し、活動の記録と評価を行うなど、府を挙げて高齢者支援の普及に努めている結果が反映されていると考えられています。

兵庫県の通所介護施設の現況(令和元年・2019)
兵庫県内で開業している通所介護施設は1700以上あり日本国内では首都圏に次ぐ数を誇っていますが、他の都道府県と同様に人口比から見てみると需要に対してまだまだ数が少ないのが現況です。
その中でも医療法人が経営しているサービスの人気が高く、万が一体調不良や疾病などがあった場合に系列の医療機関で適切な診断や治療を迅速に受けることができたり、必要があれば入院もできるなど総合的な医療体制が整っていることで安心感を得たいという利用者が多いことが分かります。
そのような通所介護施設では、対象となる要介護者だけではなく家族に対してのケアも積極的に行っており、相談窓口の開設や専任の相談員が常駐するなどして相談を受け付けているのも医療機関が培ってきたノウハウが活かされています。
兵庫県内でもここ数年で通所介護施設の事業への参入が目立つのが、医療機関や専門の介護事業者以外の異業種による新規事業でショッピングモールなどと通所介護施設が併設されているケースです。
施設内で従来型のリハビリや医療などのサービスが受けられるのに加えて、ショッピングモールでの散歩や買い物も楽しむことができるなど、サービスを受けられるのは施設内の一室に限られていたケースが多かった中で楽しみ方にも新たなバリエーションが加わり1日の過ごし方にもメリハリができ認知症などの防止にもなると好評です。
また、ショッピングモールなどの施設は比較的交通アクセスがしやすい場所に立地していたり、大きな駐車場を持っていることからご家族も送り迎えや訪問がしやすくなっているのもサービスを利用する大きな動機となります。
さらに敷地の一部を貸与しているショッピングモールの側も、要介護者が買い物を楽しんだりご家族が送り迎えのついでに買い物をしてもらうことで収益を得られるなど両者にとってもメリットがあります。
このように兵庫県では通所介護施設を利用したい要介護者にとって、豊富な選択肢が提供されています。

岡山県の通所介護施設の現況(令和元年・2019)
岡山県の人口はおよそ190万人と全国でも上位に位置しているものの、人口増加率ではマイナス1.1パーセントと減少傾向にあります。その中で高齢者人口は昭和25年から現在まで年々増加しており、現時点での高齢化率はおよそ30パーセント、人口にして約180万人と、全国的に見ても高い割合です。岡山県内で見た場合、県の中心である岡山市の高齢者率は25パーセント前後と低いながら、高梁市や新見市、美作市などは40パーセントを超えるなど、県中心部から離れるにつれて高齢者率は高くなっています。以上のことから、人口のおよそ5人に1人が65歳以上、12人に1人が75歳以上で、15歳から64歳までの生産年齢人口と65歳以上の高齢者の比率は約3対1となっているため、生産年齢の3人が1人の高齢者を支える社会構造となっています。これらの現状からみた岡山県の通所介護施設としては、県内におよそ800件の施設があり、そのうちの300件が岡山市で次いで倉敷市の162件、津山市の38件と続き、和気郡や久米郡などの郡部になるとどれも1桁台の施設しかないことが現況です。割合にしておよそ40パーセントを占める岡山市ですが、高齢者率と比較すると施設が過剰傾向にあり、逆に郡部では不足傾向になっているなど、バランスがやや悪いことが見て取れます。通所介護施設の多くは定員が30名前後と小規模で運営している施設が多く、スタッフによる行き届いたサービスが受けられると評判で、残存機能の維持に特化した施設や、個別リハビリを中心にする施設など、施設ごとの特色を打ち出していることが特徴です。費用については各自の負担割合証によって1割から3割の負担となっており、利用する時間によって細かく分類されています。なお、個別機能訓練や入浴介助などは別途追加料金制となっている施設が多いため、通所介護施設を探す場合は利用条件を事前に確認しておくことが大切です。

広島県の通所介護施設の現況(令和元年・2019)
広島県の人口は1995年をピークに減少し続けていて2010年から2015年までの5年の間に、およそ1万7千人ぐらいが減少しました。そして2015年から2025年までの10年の間に、およそ15万5千人ぐらい減っていく見通しです。その一方で1995年の時点では45万6千人であった高齢者の人口は、団塊の世代の人たちが高齢化することによって2015年には77万4千人にまで増加しています。その後2025年まで増え続けていき1度減っていきますが、また団塊ジュニア世代が高齢化することによって2040年には増えていくこと見通しです。

 

高齢者の人口が増えていくのに従って年々、要支援認定者や要介護認定者は増加しており65歳以上の要支援認定者や要介護認定者の人数は、およそ15万2千人ぐらいで高齢者の約19.4パーセントを占める比率となっています。要支援認定者や要介護認定者の人数を2000年度と2015年度で比較すると、要支援1から要介護1までの軽度者が増加する割合が要介護2から要介護5までの重度者よりも高まっているのです。

 

65歳以上の高齢者に占める要支援認定者と要介護認定者が占める比率を市町村ごとに比較してみると、最も熊野町が13.6パーセントと低く最も神石高原町が25.7パーセントと高く、その差は約2倍ぐらいの違いが発生していることになる訳です。要支援認定者や要介護認定者の人数が増えるのに従って、通所介護施設を含めた介護サービスを利用する方たちも増えてきています。

 

介護サービスを利用している人数は約13万5千人で、その中の約75パーセントが通所介護施設や訪問介護施設などの居宅サービスを利用している方たちであるというのが現況です。広島県では、ひろしま高齢者プランを策定し高齢者の孤立を防ぎ積極的に社会に参加してもらうための活動を行っています。これが、広島県の2019年の通所介護施設や介護サービスの現況です。

鳥取県の通所介護施設の現況(令和元年・2019)
鳥取県の通所介護施設は、厚生労働省の検索サイトで検索を行うと345の施設が登録されている現況です。2015年の鳥取県の人口に対して65歳以上の割合は29.7%ですので、高齢化率が全国平均の26.6%よりも高いことが分かります。
さらに今後も、高齢化率が上がると予測されているので、鳥取県の通所介護施設の設立は急務でしょう。現況では、345の施設が登録されているので、地方の都道府県では平均的な登録数ですが、高齢化率から見た場合にはゆとりある数だとは決して言えない状況です。
鳥取県でも鳥取市や米子市、倉吉市といった地方の中核都市に、通所介護施設が集中しているため過疎の市町村では、施設の選択肢が限られているのが現状です。そのため、都市部では利用者が通所介護施設の中から希望の施設を選んだり、利用してから変更をしたりが叶う状況になっているのは確かです。一方、過疎の市町村では選択肢が限られているため、居住地による格差が生じています。
必ずしも居住地の自治体でしか、通所介護施設の利用ができないわけではありませんが、あまりに距離的な問題があれば利用者の通所における心身の負担も増大してしまうので現実的ではないでしょう。高齢者は、体の負担も大きく送迎は出来るだけ時間がかからない施設を希望するケースも多々あります。こう考えた時に、鳥取県の通所介護施設の現況は、決して十分すぎる数だとは言えないようです。
ただ、鳥取県の通所介護施設の特徴として地域密着型デイサービスが多いのが明らかですので、それだけ居住地で慣れ親しんだ環境の中でサービスを利用できることは、利用者にとっても馴染みやすい環境が得られておりメリットは大きいと言えます。外出をしたくても心身の状態で出かける機会を無くしている利用者にとって、他の高齢者との交流も親しみやすくなるのは、地域密着型デイサービスならではの魅力でもあるからです。
このような現況を見る限り、今後も通所介護施設の数は鳥取県全体で増やす必要があることが浮き彫りになっていることが分かります。

島根県の通所介護施設の現況(令和元年・2019)
令和を迎え、高齢化が進む島根県でも介護サービスに対するニーズや期待はますます高まっています。島根県では通所介護は居宅サービス事業とされ、訪問介護と同様にニーズが増えている現況です。これは地域包括ケアシステムの構築を目指す上でも重要な視点で、住み慣れた地域で生活することを希望する高齢者の方が安心して居宅した状態で介護サービスを受けられることを目的にもしています。
島根県で最も多い居宅介護の形態は、訪問介護で220件をこえる事業所があり、次いで通所介護施設は二番目に多くなっており、約170件あります。島根県の地域密着タイプの通所介護は、在宅高齢者に通所してもらい、日中過ごしてもらうデイサービスのスタイルで、定員が18人以下の小規模な通所介護施設で、食事や入浴、排せつや機能訓練などが日帰りの形で提供されています。自宅などから施設までのアクセスは、移動が困難な場合は送迎が依頼可能で、通所介護施設の利用者は、サービス費用の1割負担が基本となっています。ただし、一定以上の所得がある場合には2割または3割負担となります。食事や日常生活費については利用者の負担となっており、具体的な詳細については、各事業所で確認して利用します。
例えば、松江市に住所をもつ人の場合には、要介護度が1から5の住民が指定事業所でサービスの利用を行うことができます。地域密着型の通所介護は、要支援者の方は利用できないようになっています。サービス利用を開始する場合は、基本的には介護サービス計画に基づいたサービスの利用が必要であるため、まずはケアマネジャーに相談することから申し込み手続きが始まります。島根県では、通所介護のうちで定員18人以下の小規模型事業所は制度改正に伴い、現在は地域密着型サービスへ移行しています。また昨今、島根県では事業所数の増加もみられ、事業所の増加が見られているという現況となっており、計画的な地域包括ケアシステムの構築が目指されています。

愛媛県の通所介護施設の現況(令和元年・2019)
愛媛県は、特に高齢者の状況を詳細に分析している傾向があり、それに伴って通所介護施設などの充実や現況をどのように扱うのかを年度ごとに計画している傾向があります。現実的にも介護保険事業に力を入れていますので、その推移と現状を確認すれば適所介護施設の現況も確認しやすい状況になっています。愛媛県の試算では2025年に高齢者のピークを迎えることがわかっているため、通所介護施設における介護職員の充実や補填に力を入れている現状があります。推移をみても、通所介護施設への世話の有無を問わずに高齢化の状況は深刻化しつつあって、全国平均と比較しても愛媛県の高齢者の数は4%近くも高くなっていることがわかっています。ですから、早期の介護施設の充実を求める現況にあります。また、通所介護施設などが必要になる要介護者数に関しては、平成29年時点で9万2000人にも及んでいて、実際に介護保険制度が運用されてからは2倍以上の数に膨れ上がっていることも確認されています。この要介護については、単純に高齢者というだけではなく40歳から64歳までのいわゆる中年層から初老の人たちも含まれていますので、さらにその数が増える可能性があることが示唆されます。客観的なデータをみると、こういった要介護者数の数は愛媛県では平成19年の2007年から平成28年の2016年までずっと増え続けています。ですから、通所介護施設のような介護施設の数が、現状のままでは追いつかない可能性があることも見てとれます。こういった現状があるのは、実は愛媛県に存在している要介護者の中でも、特に通所介護施設で世話ができる軽度の介護者の数が多いということと無関係ではありません。実際に、愛媛県の要介護認定率の中で最も多いのは軽度の介護認定である人たちで、全体の約10%と最も高い数値を示しています。これらの問題を解決するためにも、より充実した施設を増やすことが求められています。

香川県の通所介護施設の現況(令和元年・2019)
香川県の介護施設は、厚生労働省の検索サイトを閲覧すると現況では1598件が該当しています。その中で、通所介護施設は、432件ですので他の四国近県と比べてもやや少ない数字となっています。これは、香川県が全国一面積の狭い都道府県であることから納得が行きやすくなるのではないでしょうか。
しかし、過去には香川県の介護老人保健施設普及率は全国8位にランクインしているほどなので、老人介護福祉への取り組みは広く行われている自治体と言う点は評価されていることが浮き彫りになっています。
通所介護は、利用者が出来る限り自宅で暮せることを目指し、体調の悪化などで自宅にこもりきりの利用者の孤立感を解消して心身機能の維持を目指すものですので、香川県では幅広くこうした通所介護施設が正しく機能していることが伺えます。
また、通所介護施設の利用により家族の介護の負担軽減も目的を果たすことが出来るようになります。介護離職による家計への圧迫を感じる人も急増しているのが、今の日本の大きな課題となっています。
愛媛県で通所介護を希望する利用者は、一般的にデイサービスセンターと呼ばれる施設に通い、食事や入浴の支援を受け、生活を送る上での機能を維持あるいは向上のための機能訓練を日帰りで受けられます。要介護の程度に応じて、ケアマネージャーによってケアプランが作成され、デイサービスへの通所を週に1回~3回の利用を行なっています。
また、外出したくても心身の状態により出かけにくくなった高齢者を送迎して通所介護を提供するので、家族の安心感もありますし出会いの少なかった利用者同士の交流の場としても役割も担っています。
災害が少ない土地柄の香川県は、都市の利便性と豊かな自然が調和している生活環境があります。高齢者の介護予防もこうした豊かな生活環境に恵まれた中で、積極的な取り組みが行なわれていることも認められています。今後も、香川県は通所介護施設を始め様々な介護施設へのきめ細かな取り組みが行なわれることが期待されます。

高知県の通所介護施設の現況(令和元年・2019)
通所介護は一般的にデイサービスと呼ばれているもので、利用者が自宅で可能な限り自立した日常生活を送れるように定められて制度です。自宅の高齢者の孤立感の解消・心身機能の維持や、家族の介護負担軽減が主な目的です。利用する施設は19人以上の利用ができ、施設内では入浴・食事・機能訓練などを日帰りでサービスの提供を行ないます。一般的なデイサービスの流れは、朝9時頃自宅を訪問し施設に移動、入浴・食事・機能訓練・趣味・娯楽などを経て夕方4時頃自宅に送り届けるという内容です。この通所介護施設を利用できるのは、要介護3〜5に認定されている人だけになります。

 

高知県においては平成30年度から「介護サービス情報の公表制度」が設けられ、介護サービス事業者が平成30年1月1日を基準日とし、その前1年間で介護報酬を受けた金額が100万円を超える事業者と、新規に指定を受け1年未満のもので、指定の有効期間内に調査を受けていないものがこの制度の対象です。よって新たに介護サービス事業を始める事業者も対象となり、現況に加わることになります。

 

高知県の通所介護施設(デイサービス)の現況は、県内に356あり、半分に当たる186が県都高知市に所在しています。続いて多いのは高岡郡の35施設で土佐町・佐川町・越知町に多く所在しています。次いで香南市の17施設、土佐市の15施設が続きます。

 

特徴としては、県の通所介護施設の半分がある高知市の施設は、通所介護サービスのみならず、訪問介護などの居宅介護支援や認知症予防対応や予防ショートステイなど、複数の介護サービスを展開していることです。これは大型施設で職員や従業員を多く抱えることができる施設が可能なことで、逆に考えると、さまざまな介護サービスを受けようとすると、高知市に行かないとならないケースがあるということにもなります。

 

また、実際に介護を行なう職員・従業員が介護関連の仕事に就く場合、高知市にまで行かないとならないとも言え、通所介護施設などは、さらに県内に均一に所在する必要、同時に施設の少ないところに新規開設する必要性があるとも言えます。

大分県の通所介護施設の現況(令和元年・2019)
大分県は日本の九州地方の東に位置する県で、大分市が県庁所在地になります。日本では高齢化が叫ばれていますが、大分県も例外ではありません。むしろ、全国の中でも高齢化が進む地域で、高齢化率は全国平均を大きく上回っています。県内の人口に占める65歳以上の割合はすでに30%を超えていて、今後もさらにその割合は増えると予想されます。
高齢者の福祉で重要なのは介護施設ですが、その中には日帰りで利用できる通所介護施設(デイサービス)があります。自宅をヘルパーなどが訪れて介護をする訪問介護とは異なり、利用者が施設を訪れて様々な介護サービスを受ける施設になります。といっても送迎が付いていることは多いので、利用するのはさほど難しくはありません。通所介護施設では食事や入浴介助、レクリエーションなどのサービスを受けることができます。また、リハビリなどの機能訓練も行われています。
通所介護施設は、社会参加や他の人との交流の場として利用されています。それから介護を担っている家族の負担を軽減する目的もあります。様々な通所介護施設があり、雰囲気なども違いますし提供しているサービスもそれぞれ特色が異なるようです。
大分県の通所介護施設の現況は、高齢化率の上昇に応じる形で増えています。サービスを利用している人も多く、地域密着型の施設もあります。2045年には4人に1人が65歳以上の高齢者になるという試算もされており、ますますこういった施設の需要は高まりそうです。
大分県は温泉資源が豊富な地域としても知られています。その温泉資源を活用した通所介護施設などもあります。天然温泉が楽しめる露天風呂や足湯が備わっているところもあり、人気を集めています。それから寝たきりにならないように、予防訓練に力を入れている施設も多いようです。筋トレやストレッチなどを行うことで筋力を維持できるので、それが寝たきりを予防することにもつながります。

佐賀県の通所介護施設の現況(令和元年・2019)
佐賀県には現況、通所介護施設が557箇所あります。佐賀市には最も多い150箇所があり、次いで唐津市に85箇所、伊万里市に51箇所あります。鳥栖市と武雄市には40箇所ずつがあり、嬉野市には30箇所、小城市には27箇所となっています。杵島郡には26箇所で三養基郡には24箇所、神埼市には23箇所、鹿島市には19箇所です。多久市には15で西松浦郡には11あり、藤津郡には6箇所、神埼郡には5箇所となっています。東松浦郡には1箇所です。
運営しているのは、医療法人や医療生活協同組合・社会福祉法人およびNPO法人などです。株式会社が運営している通所介護施設も数多くあります。医療法人が運営しているところだと、日常動作訓練や口腔機能訓練および体の痛みなどの緩和を目的とした針やマッサージ師のサービスが受けやすいようです。通所介護施設を利用することによって、社会的孤立感の解消や心身機能の維持および家族の身体的負担の軽減などが図られます。施設内では入浴や食事およびレクリエーションなどがおこなわれ、社交の場ともなっています。送迎車のサービスがありますから、少々遠方でも通うことができます。
お盆や正月および日曜日以外は利用できるところも多いので、通年で利用できます。佐賀県は九州ではありますが、冬は雪が降ることも珍しくなく、外出が遠のきがちになる場合もあります。閉じこもりがちになる冬にも通所介護施設を定期的に利用し、体の機能が衰えないよう活動的に過ごすことが推奨されています。自宅にいては運動もしづらくなりますが、通所介護施設に通っていれば、定期的に体を動かすことが習慣となります。佐賀県内の各地に通所介護施設がつくられ、送迎車を利用して希望の施設に通えるようになっている現況は、歓迎すべきことでしょう。
利用者が気軽に通い始め、定期的に通うようになり、長く通い続けるということがたいへんしやすくなっているようです。

北海道の通所介護施設の現況(令和元年・2019)
北海道は日本で一番大きい都道府県であるため、通所介護施設の数も大変多いのが現況です。2019年の現況で、札幌市だけでも580か所を超える通所介護施設があり、旭川市では110か所、帯広市や小樽市でも50か所を超える数が存在しています。北海道という地形上海に囲まれ山も豊かであるので、市ばかりではなく郡も多いのですが、大きな市に関わらず郡においても通所介護施設は多くあり、福祉に力を入れている印象となっています。
北海道は、観光地であり高齢者も多く活躍していますが、冬は雪が多く、そして寒いため出て歩く機会は大変少ないです。特に高齢者の場合、雪道を歩いたことにより滑って転倒してしまうケースも多く、そういったケガがもとで介護が必要となることもあるので、無意識のうちに出歩くのを躊躇している面も見られます。介護においては家族に任せきりにしないことが大切であるため、冬の出歩かない時期をカバーする意味でも、北海道では通所介護施設が点在していると言えます。
北海道で一番通所介護施設が多い札幌市では、一つ一つの施設がどういったことを特色にしているかが明確です。機能訓練を専門に行うデイサービスや、家庭の雰囲気を大切にしている施設、1日のスケジュールを自分で決めることができる通所介護施設、音楽を取り入れ、書道や社交ダンスも行えるところなど多岐にわたります。だいたいのサービスセンターでは、リハビリも一緒に行われており、筋肉トレーニングも積極的に摂り入れています。
高齢者や障害のある方が楽しんで過ごすことができるよう、考えられたメニューが多く、1日を過ごすのに飽きることはありません。川上郡のように摩周温泉を利用して心身をリフレッシュできる通所介護施設も多いです。北海道は季節を感じることができる土地であることから自然を意識し、上手に活用している印象で、少人数でのケアを大切にしているので、希望の場所があるならば早めに問い合わせをしたほうが良いでしょう。

 

インベス,カーブス,元気広場,ワンツーワン,コインランドリー,情報,仮面ライダー,北海道,青森,岩手,宮城,秋田,山形,福島,茨城,栃木,群馬,埼玉,千葉,東京,神奈川,新潟,富山,石川,福井,山梨,長野,岐阜,愛知,三重,滋賀,京都,大阪,兵庫,奈良,和歌山,鳥取,島根,岡山,広島,山口,徳島,香川,愛媛,高知,福岡,佐賀,長崎,熊本,大分,宮崎,鹿児島,沖縄,材木,木材,製材.サークルK,すまけい,鈴鹿,生桑,ハローワーク,求人,介護,時給,オープニング,介護予防,通所,看護師,PT,OT,マッサージ師,柔道整復師,生活相談員,アイスランド共和国,アイルランド,アゼルバイジャン共和国,アフガニスタン・イスラム共和国,アメリカ合衆国,アラブ首長国連邦,アルジェリア民主人民共和国,アルゼンチン共和国, アルバニア共和国,アルメニア共和国,アンゴラ共和国, アンティグア・バーブーダ,アンドラ公国,イエメン共和国,グレートブリテン及び北アイルランド連合王国,イスラエル国,イタリア共和国,イラク共和国,イラン・イスラム共和国,インド,インドネシア共和国,ウガンダ共和国,ウクライナ,ウズベキスタン共和国,ウルグアイ東方共和国,エクアドル共和国,エジプト・アラブ共和国,エストニア共和国,エチオピア連邦民主共和国,エリトリア国,エルサルバドル共和国,オーストラリア連邦,オーストリア共和国,オマーン国,オランダ王国,ガーナ共和国,カーボベルデ共和国,ガイアナ共和国,カザフスタン共和国,カタール国,カナダ,ガボン共和国,カメルーン共和国,ガンビア共和国,カンボジア王国,ギニア共和国,ギニアビサウ共和国,キプロス共和国,キューバ共和国,ギリシャ共和国,キリバス共和国,キルギス共和国,グアテマラ共和国,クウェート国, グルジア,グレナダ,クロアチア共和国,ケニア共和国,コートジボワール共和国,コスタリカ共和国,コモロ連合,コロンビア共和国,コンゴ共和国,コンゴ民主共和国,サウジアラビア王国,サモア独立国,サントメ・プリンシペ民主共和国,ザンビア共和国,サンマリノ共和国,シエラレオネ共和国,ジブチ共和国,ジャマイカ,シリア・アラブ共和国,シンガポール共和国,ジンバブエ共和国,スイス連邦,スウェーデン王国,スーダン共和国,スリナム共和国,スペイン,スリランカ民主社会主義共和国,スロバキア共和国,スロベニア共和国,スワジランド王国, 赤道ギニア共和国,セーシェル共和国,セネガル共和国,セルビア共和国,セントクリストファー・ネイビス連邦,セントビンセントおよびグレナディーン諸島,セントルシア,ソマリア,ソロモン諸島,タイ王国,大韓民国,タジキスタン,タンザニア,チェコ,チャド,中央アフリカ共和国,中華人民共和国,チュニジア,朝鮮民主主義人民共和国,チリ,ツバル,デンマーク,ドイツ,トーゴ,ドミニカ共和国,ドミニカ国,トリニダード・トバゴ,トルクメニスタン,トルコ,トンガ,ナイジェリア,ナウル,ナミビア,ニカラグア,ニジェール,日本,ニュージーランド,ネパール,ノルウェー,バーレーン,ハイチ,パキスタン,バチカン,パナマ,バヌアツ,バハマ,パプアニューギニア,パラオ,パラグアイ,グアラニー,バルバドス,ハンガリー,バングラデシュ,東ティモール,フィジー,フィリピン,フィンランド,ブータン,ブラジル,フランス,ブルガリア,ブルキナファソ,ブルネイ,ブルンジ,ベトナム,ベナン,ベネズエラ,ベラルーシ,ベリーズ,ペルー,ベルギー,ポーランド,ボスニア・ヘルツェゴビナ,クロアチア,ボツワナ,ボリビア,ポルトガル,ホンジュラス,マーシャル諸島,マケドニア共和国,マダガスカル,フランス語,チェワ語,マリ共和国,マルタ,マレーシア,ミクロネシア連邦,南アフリカ共和国,ズールー,南ンデベレ,ペディ,ソト語,スワジ語,ツォンガ語,ツワナ語,ヴェンダ語,コサ語,南スーダン,ミャンマー,メキシコ,モーリシャス,フランス,モーリタニア,フランス,モザンビーク,モナコ,モルディブ,モルドバ,モロッコ,モンゴル国,モンテネグロ,ヨルダン,ラオス,ラトビア,リトアニア,リビア,リヒテンシュタイン,リベリア,ルーマニア,ルクセンブルク,ドイツ,ルクセンブルク,ルワンダ,レソト,レバノン,ロシア,アブハジア,ロシア,ドニエストル共和国,モルドバ,ウクライナ,北キプロス,トルコ共和国,クック諸島,コソボ,セルビア語,西サハラ,スペイン,ソマリランド,中華民国,ナゴルノ・カラバフ共和国,ニウエ,パレスチナ国,南オセチア共和国,amazon,比較,ランキング,2ch

 

株式会社インベスのコインランドリー事業:ふわりん関連記事

 

コインランドリー集客の秘訣

昨今は比較的工夫を凝らした店舗展開を行う様子が増加傾向にあるので印象が変化してきているものの、相変わらずコインランドリーに対して根強く抱かれているのは狭い上に薄暗く、洗濯機を所有していない男性が出入りする店舗という印象です。
その他にも他者と共同で洗濯機を利用する事や、操作方法が難しく感じられてしまうといった衛生面や操作面も影響し女性客が集めにくく定着させ難くなっています。
つまり、男性客に限らず女性客も同様に集客する事ができれば売上を倍以上に高められるようになるので、コインランドリーで効果的に集客するための秘訣としてはメインとなるターゲットをはっきりと定める事です。
メインターゲットを絞り込めていないとコインランドリーのコンセプトもはっきりとしないものになり、伴って集客性自体が落ち込みこれまで利用して頂けていた方も利用して頂けなくなってしまいます。
メインターゲットを女性に絞ったのなら女性に好まれて入店して頂けやすい外観と内装を意識する必要性があり、基本になるのは清潔感が強く感じられる内装と共に照明はできるだけ明るくする事です。
お洒落な空間に仕上げた方が良いと考えた場合、つい照明の明かりを落としてしまいがちになりますが、薄暗い店内は不安感を与える起因に繋がるので、照明の数を多めにし色調も爽やかに感じられるタイプを選びましょう。
そして、コインランドリーに導入されている洗濯機はコインランドリー用に設計製造されているとは言っても業務用である事には変わりなく、家庭用に比較すると難しく感じられてしまうので、洗濯機自体に説明文が記述されているとしても合わせてポップや看板をデザインして傍らに置いておくと利用方法が優しく伝えられるようになります。
また、店舗の面積を広く確保する事ができるのならメイクやヘアスタイルを直す事ができるパーソナルスペースを用意し、待っている間にお直しができるようにしたり、子連れの方がおむつを替えたり授乳できるスペースを設けると尚良いです。

コインランドリー、今、昔

昔のコインランドリーと言えば置かれている洗濯機や乾燥機は一般家庭にあるものと何ら変わらない場合が多く、利用者層も主に洗濯機や乾燥機が家に置かれていない独身男性が中心でした。
店内も薄暗く入りにくい雰囲気のお店が多かった事もあり主婦などのファミリー層にとっては利用しづらく、ファミリー層が利用するという時は家の洗濯機や乾燥機が壊れた時ぐらいでした。
ですが今のコインランドリーというのは、洗濯機や乾燥機があるファミリー層であっても利用する事が多くなっています。
その理由として挙げられるのは置かれている洗濯機や乾燥機の高性能化で、家庭用の洗濯機では真似できないほど綺麗に汚れを落とす事ができ、家では乾かす事ができない大きな物であってもコインランドリーの乾燥機では乾かす事が可能です。
昔と今の違いとして挙げられるのは機械の進化だけではなく店舗の雰囲気も昔と今では違い、昔は洗濯機や乾燥機だけ置かれた殺風景な風景でしたが、今は女性でも入りやすいように明るい店作りを心掛けている店舗が多く、結果女性一人でも気軽に入れるようになりました。
昔と今ではコインランドリーの店舗の数にも違いがあり、今は昔に比べて店舗が増えてきていていますので、徒歩でも洗濯物を持ち込みやすくなり誰でも気軽にコインランドリーに通いやすい環境ができたと言えます。
現代は昔と違い共働き家庭が急増している事からなるべく洗濯も短時間で済ませたいと考えているファミリー層が増えてきているのも利用者増の要因で、仕事の前や買い物の前にコインランドリーに寄って洗濯物を入れておいて、帰りに取りに行く事で効率的に洗濯を終わらせるという人が増えてきました。
昔のコインランドリーでは洗濯機が家にないから利用するという人も少なくありませんでしたが、今のコインランドリーは洗濯物を徹底的に綺麗にしたい人達や、効率よく時間を使って洗濯したい人達が積極的に利用する状況となっています。

閉鎖したコインランドリー、その理由

近年コインランドリー投資が話題になっています。駐車場経営やアパート経営などに比べ初期投資が少なく、また利用客の単価に応じて利益が上がる仕組みとなっているため、効果的に経営を行えば高い利益を得ることができると言う仕組みです。一般的な駐車場経営やアパート経営は毎月の収入が決まっているほか、日常的な営繕費用や固定資産税の問題など様々な資質が膨らんでしまうことが多いのに対し、コインランドリーは初期の設備投資だけで利用客が増えればその分利益が高まるといった構造や、店舗の中で洗剤やその他の付帯的な商品の販売を行うことでさらに利益を高めることができると言うメリットが謳われ非常に人気になっているのです。
また最近では自らの初期投資を抑え効率的に利益を得ることができるフランチャイズの仕組みを提供する会社も非常に増えており、これに加盟することで洗濯機や乾燥機などの設備を準備するための費用を低く抑えることができると言うことからこのビジネスに投資を行う人も非常に増えています。
しかしその中で閉鎖したコインランドリーも実は非常に増えているのです。中には開店後1年も経たずに閉鎖をしたと言うところも多く、実際には決して儲かるだけのものではない、様々な問題を抱えていることがわかっています。
閉鎖したコインランドリーの最も大きな理由は、思うように利益が上がらないと言うことです。実際にはコインランドリーのビジネスの人気が高まりいろいろなところに店舗が回転していることから、利用客はより便利なところを求めて利用するようになり、立地条件の悪いところはどんどん淘汰されていくことになります。加えて新たな店舗が開店し新しい洗濯機などの設備が導入されると、古い設備のところよりも新しいところ利用する人が増えることになり、古い設備を導入している所は顧客が少なくなってしまうのです。しかしそのために新たな設備を導入するとさらに投資が増えることから利益率が悪くなり、結果的には赤字となって閉鎖と言うことになるのが非常に多いケースとなっています。

集客倍増するコインランドリーの特徴

コインランドリーの需要は年々高まっており、立地がいいところであれば多くの人が利用しお昼ごろになればすべての機械が稼働するような状況になることも珍しくありません。中には集客倍増が見られるところもありますが、こうしたコインランドリーの特徴を見ていくと単に立地がいいからそうなるわけではないことが分かります。例えば、同じような立地であったとしても、駐車場があるかないかで全く違います。コインランドリーに持ち込む人はそれなりの量を一気に片付けようとするためにやってくるので、駐車場は必要不可欠です。

 

その駐車場に関しても集客倍増のところとそうでないところで大きな違いが見られます。それは駐車しやすいかどうかです。コインランドリーを利用する人の多くは主婦などの女性です。女性の中には運転が苦手という人も少なくありません。ゆとりを持って駐車ができる環境であれば積極的に利用しようと思うようになります。コインランドリーは便利であり、うまく有効活用すれば時間を有意義に使えます。その代償として駐車場が停めにくいということがあった場合にそちらのデメリットがアダになるケースがあるため、駐車場の環境は非常に重要です。

 

一方でそこそこの洗濯の量になると乾燥などを含めれば1時間程度かかるケースがほとんどです。できれば待ち時間をコインランドリーで過ごすのではなく、買い物などを行っておきたいと考えるのが普通です。このため、周辺に買い物が出来るところがあれば完璧です。一番いいのは空いている商業施設のテナントにコインランドリーを置くことです。地方に行くと、有効活用されていないところがあるのでそこを活用できれば相乗効果は相当なものです。

 

主婦のネットワークは素晴らしいものがあり、あそこは便利だというのが分かれば口コミで広まるようになります。主婦にとって使いやすいコインランドリーが集客倍増の特徴であり、車を意識した形が求められます。

日本のコインランドリービジネスの現状

日本におけるコインランドリービジネスの現状は、主婦の人たちからたくさん利用されるようになってきています。駐車場が広いという郊外型の店舗が増加している傾向にあり、気軽に行くことができる環境が整備されてきています。女性が社会に進出する割合が高くなったり、共働き世帯が増えてきているということも大きく影響しているでしょう。できるだけ家事を簡単に済ませることができるように、コインランドリーを活用して洗濯物を一気に洗ってしまいたいと考えている人も増加しています。家庭の洗濯機ではなかなか洗うことが難しい布団や毛布などといった大きなものも洗うことができるため人気です。
また、郊外に店舗を構えている数が増えてきており、さらに大型化してきています。これまでは都市部に多く存在していたコインランドリーですが、近年は幹線道路沿いなどの郊外にも店舗を拡大してきています。大型で洗濯機だけでなく乾燥機も完備されているということが大きな特徴です。現代は大物や大型の洗濯物を洗う需要が高まってきており、花粉・ハウスダストに対するアレルギーを有する人も増加しています。そのため布団・カーテン・毛布などをしっかりと定期的に綺麗にしたい考える人が増えてきているのが現状です。このことから今後もコインランドリービジネスは大きく成長していくと推測されており、店舗の大型化によるサービスの充実が求められています。
日本においてコインランドリーを利用している人の割合はおよそ6%だと考えられています。一方でコインランドリーに関して先進国であるアメリカでは、利用率が20%を超えるとの推定です。近年日本は欧米のライフスタイルを取り入れている傾向があるため、これからもコインランドリーを利用する人の割合はどんどん増えていくと推測することができるでしょう。コインランドリービジネスは将来も有望であり、発展していく可能性が高いビジネスとなっています。

コインランドリー差別化の知恵について

コインランドリーを差別化する方法や知恵のひとつとしてターゲットの顧客を絞ることが有効です。特に最近では洗濯機の低価格化が進んできておりコインランドリーを利用する利用者が減ってきている傾向にあります。この状態が長引いてしまうと廃業に追い込まれる事業者も少なくありません。そこでコインランドリーを利用する利用者を限定することによって囲い込みをすると良いでしょう。具体的な方法としては女性が安心して利用できるように女性専用のコインランドリーを設立させるという方法があります。予め会員登録を済ませた顧客にICチップが埋め込まれたカードを使用して入店し、利用することによって安全と安心が守られるのです。もちろんICチップ搭載のカードには現金をチャージすることができるので、利用の際に現金を持っておく必要はありません。他にも大型の布団用の洗濯機を多数配備すると良いでしょう。布団用の洗濯機は一般家庭では導入が困難で未だにコインランドリーに頼っている方が数多く存在します。布団専用のコインランドリーを作ってしまうことで利用者の絞り込みを徹底することが良いでしょう。できれば布団や寝具の専門店の近くに設置すると有効です。コインランドリーの利用を個室にするという手段もあります。洗濯機に入れる洗濯物はプライバシーの塊であり、横並びになった洗濯機に誰でも見えるような場所に洗濯物を入れてしまうと、盗まれてしまう可能性もあるのです。だから予め個室にして鍵を設置するようにすれば利用者のプライバシーと安全を同時に守ることができます。他にもコインランドリーの差別化の知恵はたくさんあります。特に利用者の殆どは過去と殆ど変わらない点とプライバシーと安全が守られない点から敬遠している傾向にあります。この問題を解決するためにも利用者目線で他の店舗と差別化をしていくことが重要になるでしょう。最低限、合板などを使用して個室にするだけでも利用しやすくなります。

コインランドリーにおけるITの活用について

コインランドリーは社会が情報化しても相変わらずIT化が見られない唯一の業界として認知されてきましたが、昨今は極めて短期間のうちにコインランドリーの業界全体が従来の様相とは様変わりしており、ITを基本とした事業形態に変化しています。
しかも、コインランドリーにおいてITを活用すると恩恵に授かることができるのは経営者に限らず利用者も例外ではないため、長年変わる事がなかった仕様に対してこ入れを行う事で、新たな活路を開く事に成功している事業主も少なくありません。
IT化が行われているコインランドリーにて見られるのは操作パネルが搭載されているコントロール機器に対し、各洗濯機や乾燥機をネットワークで接続するというシステムです。
利用者はコインランドリーに訪れた際に各洗濯機や乾燥機に硬貨を投入していくのではなく、コントロール機器を操作し行いたい作業を選択した上で料金を支払います。
入店した段階で料金の支払いや各種設定を完了させるので、各ステップが終了した際に洗濯物を取り扱いしながらお金の管理をしたり操作をするといった作業を同時進行させる必要が解消させられるため、利用者は非常に負担が小さな状態で全ての工程を完了させて店舗を後にすることができ顧客満足度が高められます。
事業主側としては、全ての利用者がコントロール機器を利用するという特性から全利用者のデータを一括で蓄積させられる事に繋げられるので、求められている事柄について正確に理解しやすくなりますし天気や気温、季節などによる差異にも気がつけやすくなるので効果的なアプローチが柔軟に行いやすくなり安定的な売上に繋げられます。
さらに、コントロール機器を導入すればポイントカードの発行や取り扱いも可能になるのでリピーターを増やす事もできますし、プリペイドカードに対応していれば小銭を準備したり取り扱う煩わしさも解消できます。
合わせて洗濯や乾燥が完了した段階で利用者のスマートフォンに通知が届くようにすると、大きな懸念材料にされている待ち時間をIT化で解消可能です。

コインランドリーの賢い使い方

従来のコインランドリーに比べ現代は印象が刷新されており、まるで雑貨店やカフェのようにお洒落な外装と内装でデザインされている店舗も多く、実際にカフェが併設されている事例もあります。
カフェが併設されているタイプの店舗であれば、洗濯中や乾燥中に時間を持て余す事なく美味しい飲食物を頂きながら待機する事ができ、時間を有効活用する事が可能です。
併設されている店舗はカフェである事が多いですが、昨今ではコインランドリーの利用者は比較的若年層が多いという特性上ネイルサロンが設けられている場合もあり、デザインと乾燥時間に時間を要するネイルとの相性が良く効率的に時間が過ごせます。
同じく待機時間という観点では、たとえカフェなどが併設されていなくても明るく清潔感が溢れる店内にお洒落なデスクや椅子が設けられている事例もある上、店内には安定的かつ高速なWi-Fiも完備されているのでスマートフォンで情報収集を楽しんだり、パソコンやタブレット端末を持ち込み仕事に励むという賢い時間の使い方をする事もできます。
そして、今日のコインランドリーでは導入されている機器にも変化が見られるようになっており、これまでは洋服を洗う事を基本にした洗濯機が導入されていましたが、今では洋服以外を目的にした洗濯機も多数導入されています。
特に利便性の高さと共に金銭面でも魅力的なのは布団を洗う事ができる洗濯機の存在で、通常布団は洗濯する場合にはクリーニング店に依頼する事になりますが、一つあたりが大きい上に手間がかかるという点から一度あたりに数千円単位で費用が生じてしまいます。
一方、コインランドリーの布団用の洗濯機を利用すれば著しく安価な価格で布団を洗濯する事ができますし、預け入れと受け取りという2度にわたる手間を解消する事ができます。
さらに、コインランドリーにはスニーカーなどを洗濯する事が可能な洗濯機もあるので、特に汚れやすく臭いも気になりやすい靴を躊躇せずに洗えます。

三重県鈴鹿市のコインランドリーの現状

三重県鈴鹿市は比較的コインランドリーが多く、また同じ地域に複数の店舗が集中している傾向があるため、その競争が非常に激しくなっている地域でもあります。そのため利用する側にとっては様々なサービスを展開している店舗が多く、また設備も新しいものを導入しているところが多いため非常に利用しやすい状況となっている反面、営業する側にとっては他の地域に比べて利益を上げることが難しいと言う現状があるのです。
コインランドリーは近年少ない投資で簡単に利益を上げることができる効果的な土地活用として注目されています。またフランチャイズを利用して自分で設備を購入するのではなくリースの形で洗濯機や乾燥機などを導入し、毎月の利益からリース料を支払う形で非常に開業しやすいこともあるため非常に店舗数が増えている傾向があります。そのためそれぞれの店舗の競争が激しくなり、顧客を呼び込むために様々なサービスを展開することからそのためのコストがかさみ非常に経営が厳しい状態となっているところも少なくありません。
三重県鈴鹿市はコインランドリーが非常に多く、その競争も非常に激しくなっている傾向があります。立地条件の良い所は非常に繁盛するのですが、多少条件が悪いところでも価格が安かったり、新たな設備を導入することで顧客がそちらに流れてしまうことも少なくありません。コインランドリーの多い三重県鈴鹿市では特にその現象が顕著で、それぞれの店舗が競って新たな設備を導入したり、価格を引き下げたりなどといった集客戦略を展開していることから、利用者にとっては非常に利用しやすい環境となっているのが特徴です。しかし中にはこのような競争に対応できずに並走してしまうところも多く、現場では一時期ほど営業している店舗が少なくなっているのが実態で、今後のコインランドリー業界の方向性を示しているものとなっているのが特徴となっています。
三重県鈴鹿市のコインランドリーは他の地域に比べて料金も安く設定されており、また洗濯に係る重要時間も新たな設備の導入により非常に少なくなっている状況があります。

21世紀のコインランドリー、その特徴

21世紀のコインランドリーは生活様式の変化により様々な面で変化をしています。短時間で洗濯や乾燥ができる洗濯機や乾燥機のほか、その感想の度合いも従来のような量が多いと生乾きになってしまうようなものではなく、乾燥の度合いをセンサーで検知しながら状況に応じて上手に工夫することができる仕組みが導入されていることが少なくありません。そのためその利用の仕方も従来に比べて大きく変化しているのです。
洗濯は古くから主婦の非常に重要な仕事となっていましたが、その仕事量は非常に大きなものがありました。毎日洗濯をして洗濯物を干すと言う作業は多くの時間を費やすとともに、肉体的にも多くの負担を強いるものとなっていたのです。それでも専業主婦が多かった時代にはその作業を行う時間がありましたが、女性の社会進出が進み共働きで遅くまで働いている女性が多い現代では、物理的に選択をする時間が確保できないため、休みの日にまとめて行わなければならない状況となってしまいせっかくの休みが選択で潰れてしまうと言う問題を抱えるようになっていったのです。
そのため従来はコインランドリーは洗濯を休むためのものとしてたまに使うと言う人が多かったのですが、21世紀では必需品となっており時間を有効に利用するために週に1回まとめて利用すると言う人が非常に増えてきたため、より早く確実に洗濯を行い乾かすことができる機器が求められていたのが実態です。そのため21世紀のコインランドリーは従来に比べ非常に効率が良く時間が短縮できるものであることが必要条件として求められてきました。
また操作が簡単なことも大きな特徴となっています。最近では女性が選択をすると言う常識はほとんどなく、男性がコインランドリーを利用して週に1回洗濯をすると言うことも非常に増えており、また出かけるついでにコインランドリーによって簡単に洗濯を済ませてそのまま出かけてしまうと言う人も非常に多いのです。これによりそのニーズに応えることができるコインランドリーが21世紀でも広く求められるものとなっています。

インベス,カーブス,元気広場,ワンツーワン,コインランドリー,情報,仮面ライダー,北海道,青森,岩手,宮城,秋田,山形,福島,茨城,栃木,群馬,埼玉,千葉,東京,神奈川,新潟,富山,石川,福井,山梨,長野,岐阜,愛知,三重,滋賀,京都,大阪,兵庫,奈良,和歌山,鳥取,島根,岡山,広島,山口,徳島,香川,愛媛,高知,福岡,佐賀,長崎,熊本,大分,宮崎,鹿児島,沖縄,材木,木材,製材.サークルK,すまけい,鈴鹿,生桑,ハローワーク,求人,介護,時給,オープニング,介護予防,通所,看護師,PT,OT,マッサージ師,柔道整復師,生活相談員,アイスランド共和国,アイルランド,アゼルバイジャン共和国,アフガニスタン・イスラム共和国,アメリカ合衆国,アラブ首長国連邦,アルジェリア民主人民共和国,アルゼンチン共和国, アルバニア共和国,アルメニア共和国,アンゴラ共和国, アンティグア・バーブーダ,アンドラ公国,イエメン共和国,グレートブリテン及び北アイルランド連合王国,イスラエル国,イタリア共和国,イラク共和国,イラン・イスラム共和国,インド,インドネシア共和国,ウガンダ共和国,ウクライナ,ウズベキスタン共和国,ウルグアイ東方共和国,エクアドル共和国,エジプト・アラブ共和国,エストニア共和国,エチオピア連邦民主共和国,エリトリア国,エルサルバドル共和国,オーストラリア連邦,オーストリア共和国,オマーン国,オランダ王国,ガーナ共和国,カーボベルデ共和国,ガイアナ共和国,カザフスタン共和国,カタール国,カナダ,ガボン共和国,カメルーン共和国,ガンビア共和国,カンボジア王国,ギニア共和国,ギニアビサウ共和国,キプロス共和国,キューバ共和国,ギリシャ共和国,キリバス共和国,キルギス共和国,グアテマラ共和国,クウェート国, グルジア,グレナダ,クロアチア共和国,ケニア共和国,コートジボワール共和国,コスタリカ共和国,コモロ連合,コロンビア共和国,コンゴ共和国,コンゴ民主共和国,サウジアラビア王国,サモア独立国,サントメ・プリンシペ民主共和国,ザンビア共和国,サンマリノ共和国,シエラレオネ共和国,ジブチ共和国,ジャマイカ,シリア・アラブ共和国,シンガポール共和国,ジンバブエ共和国,スイス連邦,スウェーデン王国,スーダン共和国,スリナム共和国,スペイン,スリランカ民主社会主義共和国,スロバキア共和国,スロベニア共和国,スワジランド王国, 赤道ギニア共和国,セーシェル共和国,セネガル共和国,セルビア共和国,セントクリストファー・ネイビス連邦,セントビンセントおよびグレナディーン諸島,セントルシア,ソマリア,ソロモン諸島,タイ王国,大韓民国,タジキスタン,タンザニア,チェコ,チャド,中央アフリカ共和国,中華人民共和国,チュニジア,朝鮮民主主義人民共和国,チリ,ツバル,デンマーク,ドイツ,トーゴ,ドミニカ共和国,ドミニカ国,トリニダード・トバゴ,トルクメニスタン,トルコ,トンガ,ナイジェリア,ナウル,ナミビア,ニカラグア,ニジェール,日本,ニュージーランド,ネパール,ノルウェー,バーレーン,ハイチ,パキスタン,バチカン,パナマ,バヌアツ,バハマ,パプアニューギニア,パラオ,パラグアイ,グアラニー,バルバドス,ハンガリー,バングラデシュ,東ティモール,フィジー,フィリピン,フィンランド,ブータン,ブラジル,フランス,ブルガリア,ブルキナファソ,ブルネイ,ブルンジ,ベトナム,ベナン,ベネズエラ,ベラルーシ,ベリーズ,ペルー,ベルギー,ポーランド,ボスニア・ヘルツェゴビナ,クロアチア,ボツワナ,ボリビア,ポルトガル,ホンジュラス,マーシャル諸島,マケドニア共和国,マダガスカル,フランス語,チェワ語,マリ共和国,マルタ,マレーシア,ミクロネシア連邦,南アフリカ共和国,ズールー,南ンデベレ,ペディ,ソト語,スワジ語,ツォンガ語,ツワナ語,ヴェンダ語,コサ語,南スーダン,ミャンマー,メキシコ,モーリシャス,フランス,モーリタニア,フランス,モザンビーク,モナコ,モルディブ,モルドバ,モロッコ,モンゴル国,モンテネグロ,ヨルダン,ラオス,ラトビア,リトアニア,リビア,リヒテンシュタイン,リベリア,ルーマニア,ルクセンブルク,ドイツ,ルクセンブルク,ルワンダ,レソト,レバノン,ロシア,アブハジア,ロシア,ドニエストル共和国,モルドバ,ウクライナ,北キプロス,トルコ共和国,クック諸島,コソボ,セルビア語,西サハラ,スペイン,ソマリランド,中華民国,ナゴルノ・カラバフ共和国,ニウエ,パレスチナ国,南オセチア共和国,amazon,比較,ランキング,2ch

 

鈴鹿木材株式会社関連記事

 

木のぬくもりについて

急速な経済成長を遂げた日本。
私たちの生活は便利になり、生活が楽になった半面、鉄筋コンクリートにビニールクロス、ステンレスにプラスティックが生活空間を覆い、情報化社会の到来によって大人だけではなく、子供たちまで現代病と言われるストレスや心身症を抱える人が多くなりました。
そんな中、木材は、人にやさしい感触を持ち、見た目に美しく、木で作られたもののそばに身を置くとストレスはやわらげられ、私たちに安らぎを感じさせてくれます。
これは、木に「ぬくもり」があるからです。
日本では、最近、木造の校舎が増えています。
肌触りがよく、温かみがある教室は勉強する子供たちの気分を和やかにし、木の香りは気持ちを落ち着かせます。
木目の美しさは目をやさしく包み、木の遮音・吸音効果が耳障りな音を減らします。
木の床は、肌にやさしく快適な歩き心地を提供します。
木材の吸放湿効果は室内の湿度を調整し快適な空間をつくりだし、金属やコンクリートにみられる結露を防ぎます。

JIS規格について

住宅の省エネ性能を高めるためには、アルミサッシや断熱材などによる高気密化が重要になっています。
しかし、高気密化によって壁紙の接着剤や接着剤を用いて作られる合板、フローリング、パーティクルボード、集成材、単層積層材(LVL)などの木質製品から「ホルムアルデヒド」という化学物質が出て、部屋の中に充満し濃度が一定以上になると、目がちかちかするとか、鼻・喉に刺激を感じるといった症状が出ます。
また、長期間これらに接すると発癌する場合もあることが指摘されています。
このような接着剤は住宅建材だけではなく、家具や壁紙など様々なところに使われています。
日本では、日本工業規格(JIS)が整備されていて、規格に適合した製品はホルムアルデヒドが少なくなっていますが、実際はすべての住宅や家具に使われている木質製品がJIS規格に適合しているかどうかは分かりません。
しかし、弊社では、世界の人々に快適な住まいづくりのお役にたてるよう日本のJIS規格に適合した木質製品を輸出しています。

日本の木材と住宅建築技術について

日本では、木造住宅を希望する人が多く、依然として木造住宅は高い人気があります。
木造住宅を希望する方の多くの理由は、「心が和らぐ」「健康的」「自由な形状の家が建てられる」などがあります。
日本では古くから、優れた建築技術を持ち、数多くの大型の建築物は長い年月を経ても、いまなお、十分に利用されています。
日本の気候の特徴は、春・秋は快適ですが、梅雨から夏の高温・高湿が問題とされてきました。
このため、日本の住宅は昔から「夏をもって旨とすべし」で建てられてきました。
現在では、湿気をとり、通気を良くするために、建物に大きな開口部を設ける一方で、アルミサッシや断熱材によって気密性を確保し、一年中快適に生活できる木造住宅が普及しています。
また、近年、日本人の都市への人口集中とそのコンクリート化によって、人々は心のやすらぎを何かに求めています。
それが、自然であったり、ログハウスだったり、木造住宅のもつ「心が和らぐ」につながっています。
住宅にかける人々の願いは、画一的で没個性的な「箱」のような住宅ではなく、一人一人の想いを反映した「住空間」です。
つまり、人は、そのような願望を実現してくれそうな木造に期待を託し、それが圧倒的に高い木造志向となって表れていると言えましょう。
弊社は、この伝統技術に裏打ちされた日本の木材を世界の人々に供給し、理想の住環境づくりのお手伝いをしたいと考えています。

木造住宅と地震の関係:耐震性について

一般的に木造住宅は地震に弱いというイメージがありますが、決して弱くはありません。
日本各地に建てられた木造の神社・仏閣が数百年を経ても残存している事実がそのことを物語っています。
地震の振動エネルギーは建物の重力に比例するため、重い建物ほど大きく揺れます。
しかし、木材は鉄やコンクリートに比べて軽いため、同じ大きさの建物では木造の揺れが一番少ないのです。
しかも、木材は曲げの力にも強いのです。
同じ重さでの材料の強さを比較すると、圧縮に対する強さは鉄の約2倍、コンクリートの約9.5倍、引っ張りに対しての強さは鉄の約4倍、コンクリートの225倍もあります。
鉄やコンクリートは、ある一定以上の曲げの力が加わると突然破壊しますが、木材は少々の曲げの力が加わっても耐久性があり、また同じ状態に復元する力があります。
地震などの大きな力を受けたときも、木材はある程度変形しながら力を逃すという性能があるのです。

木造住宅と地震の関係:耐火性について

金属材料は熱によって軟化してしまうのに対し、木材の表面からの炭化速度は比較的遅く、1分間に0.6mmくらいといわれており、30分間経過しても18mm、木材の両側からみても36mm減るだけですから、木材が十分太いか、十分厚ければ、木材の力は急激には減りません。
木造住宅の大きな火災被害は、大きな断面の木材を使えば、かなり防げます。
火災を防ぐには、住宅の外部をモルタル塗り、不燃性材料の防火サイジング、金属板張り等の燃えにくい材料で外壁を造ったり、屋根は日本瓦、スレート瓦、金属板等の不燃材料と呼ばれる材料で葺くことが必要です。
また、類焼のおそれのある部分のドアや窓等の開口部も防火戸とすることが必要で、日本では熱膨張材を有効に使用した無垢の木製ドアが防火戸として認められています。
共同住宅の場合は、隔壁や天井・床部分は耐火性能の高い不燃材料等を張って区画する必要があります。
日本では建物の室内でも大きな断面の集成材を用いると耐火性能があると判断され、使用が認められています。
木造3階建て戸建て住宅の場合は、小径12cm以上の柱や、梁は露出して使用することも認められています。
また、台所のように火を使うような場所では、壁や天井に燃えにくい不燃材料を張ることが必要です。
弊社は、世界の人々に地震大国である日本で培った住宅の耐震技術と耐火技術を背景に、地震や火災に強い住まいづくりのお役にたてるよう木造住宅設計建築技術の情報提供に努めてまいります。

 

エッセイぽい記事

 

 

インベス,カーブス,元気広場,ワンツーワン,コインランドリー,情報,仮面ライダー,北海道,青森,岩手,宮城,秋田,山形,福島,茨城,栃木,群馬,埼玉,千葉,東京,神奈川,新潟,富山,石川,福井,山梨,長野,岐阜,愛知,三重,滋賀,京都,大阪,兵庫,奈良,和歌山,鳥取,島根,岡山,広島,山口,徳島,香川,愛媛,高知,福岡,佐賀,長崎,熊本,大分,宮崎,鹿児島,沖縄,材木,木材,製材.サークルK,すまけい,鈴鹿,生桑,ハローワーク,求人,介護,時給,オープニング,介護予防,通所,看護師,PT,OT,マッサージ師,柔道整復師,生活相談員,アイスランド共和国,アイルランド,アゼルバイジャン共和国,アフガニスタン・イスラム共和国,アメリカ合衆国,アラブ首長国連邦,アルジェリア民主人民共和国,アルゼンチン共和国, アルバニア共和国,アルメニア共和国,アンゴラ共和国, アンティグア・バーブーダ,アンドラ公国,イエメン共和国,グレートブリテン及び北アイルランド連合王国,イスラエル国,イタリア共和国,イラク共和国,イラン・イスラム共和国,インド,インドネシア共和国,ウガンダ共和国,ウクライナ,ウズベキスタン共和国,ウルグアイ東方共和国,エクアドル共和国,エジプト・アラブ共和国,エストニア共和国,エチオピア連邦民主共和国,エリトリア国,エルサルバドル共和国,オーストラリア連邦,オーストリア共和国,オマーン国,オランダ王国,ガーナ共和国,カーボベルデ共和国,ガイアナ共和国,カザフスタン共和国,カタール国,カナダ,ガボン共和国,カメルーン共和国,ガンビア共和国,カンボジア王国,ギニア共和国,ギニアビサウ共和国,キプロス共和国,キューバ共和国,ギリシャ共和国,キリバス共和国,キルギス共和国,グアテマラ共和国,クウェート国, グルジア,グレナダ,クロアチア共和国,ケニア共和国,コートジボワール共和国,コスタリカ共和国,コモロ連合,コロンビア共和国,コンゴ共和国,コンゴ民主共和国,サウジアラビア王国,サモア独立国,サントメ・プリンシペ民主共和国,ザンビア共和国,サンマリノ共和国,シエラレオネ共和国,ジブチ共和国,ジャマイカ,シリア・アラブ共和国,シンガポール共和国,ジンバブエ共和国,スイス連邦,スウェーデン王国,スーダン共和国,スリナム共和国,スペイン,スリランカ民主社会主義共和国,スロバキア共和国,スロベニア共和国,スワジランド王国, 赤道ギニア共和国,セーシェル共和国,セネガル共和国,セルビア共和国,セントクリストファー・ネイビス連邦,セントビンセントおよびグレナディーン諸島,セントルシア,ソマリア,ソロモン諸島,タイ王国,大韓民国,タジキスタン,タンザニア,チェコ,チャド,中央アフリカ共和国,中華人民共和国,チュニジア,朝鮮民主主義人民共和国,チリ,ツバル,デンマーク,ドイツ,トーゴ,ドミニカ共和国,ドミニカ国,トリニダード・トバゴ,トルクメニスタン,トルコ,トンガ,ナイジェリア,ナウル,ナミビア,ニカラグア,ニジェール,日本,ニュージーランド,ネパール,ノルウェー,バーレーン,ハイチ,パキスタン,バチカン,パナマ,バヌアツ,バハマ,パプアニューギニア,パラオ,パラグアイ,グアラニー,バルバドス,ハンガリー,バングラデシュ,東ティモール,フィジー,フィリピン,フィンランド,ブータン,ブラジル,フランス,ブルガリア,ブルキナファソ,ブルネイ,ブルンジ,ベトナム,ベナン,ベネズエラ,ベラルーシ,ベリーズ,ペルー,ベルギー,ポーランド,ボスニア・ヘルツェゴビナ,クロアチア,ボツワナ,ボリビア,ポルトガル,ホンジュラス,マーシャル諸島,マケドニア共和国,マダガスカル,フランス語,チェワ語,マリ共和国,マルタ,マレーシア,ミクロネシア連邦,南アフリカ共和国,ズールー,南ンデベレ,ペディ,ソト語,スワジ語,ツォンガ語,ツワナ語,ヴェンダ語,コサ語,南スーダン,ミャンマー,メキシコ,モーリシャス,フランス,モーリタニア,フランス,モザンビーク,モナコ,モルディブ,モルドバ,モロッコ,モンゴル国,モンテネグロ,ヨルダン,ラオス,ラトビア,リトアニア,リビア,リヒテンシュタイン,リベリア,ルーマニア,ルクセンブルク,ドイツ,ルクセンブルク,ルワンダ,レソト,レバノン,ロシア,アブハジア,ロシア,ドニエストル共和国,モルドバ,ウクライナ,北キプロス,トルコ共和国,クック諸島,コソボ,セルビア語,西サハラ,スペイン,ソマリランド,中華民国,ナゴルノ・カラバフ共和国,ニウエ,パレスチナ国,南オセチア共和国,amazon,比較,ランキング,2ch