株式会社インベスのフランチャイズ事業:通所介護施設:元気広場関連記事→記事一覧

宮城県では、県から許可されている通所介護施設が多数存在しているということが現況です。通所介護施設とは、介護に関する支援を行う専門的な知識を有する相談員が在籍している施設のことを言います。介護に関わるプランを作成したり、他のサービスと連携して連絡などを仲介する役割があります。宮城県から認められている通所介護施設は県の公式ホームページに掲載されているので、そこから確認することが可能です。通所介護施設の...

通所介護施設とは、デイサービスと呼ばれる介護サービスを提供している施設です。食事・入浴・レクリエーション・機能訓練などリハビリを中心とした介護を受けられます。体を動かすことで心身の機能を維持したり、社会的孤立感の解消や家族の介護負担の軽減などを目的としています。福島県の通所介護施設の現況はというと、年々ニーズが高まってきています。福島県の高齢化率は30%を超えており、全国平均を上回っている状況です...

茨城県の2019年・令和元年における通所介護施設の現況を見ると、デイサービスセンターなどの名称がついた通所介護施設の数は865か所あります。最も多いのは、県庁所在地のある水戸市であり100か所以上施設があります。ほかに多くの施設があるのは日立市・つくば市・土浦市・ひたちなか市などが挙げられ数は増加傾向です。こうした通所介護施設の現況を見ていくと、現在はほぼすべての事業所が人手不足の状況になっている...

埼玉県の2019年・令和元年時点における通所介護施設の現況を見てみると、施設の数は1,881軒と全国的にみてもかなりの数が存在しています。このうち県庁所在地であるさいたま市には実に300軒近くの通所介護施設が存在しており、かなり身近な存在として機能していることがいえます。さいたま市以外にも、150軒を超える通所介護施設がある川口市や草加市・川越市・所沢市などといった都市部にあたるエリアにおいては施...

世界一の福祉先進都市を目指す東京都では、増加する高齢者に対し多くの介護施設を整備しています。老人デイサービスセンターなどで提供されている入浴・排泄・食事などの介護、その他の日常生活で必要なサービスや機能訓練を行う通所介護施設も、東京都内の現況は1,500を超えるまでになりました。通所介護施設は23区内を中心に多摩地方、島嶼地域でも整備が進められており、現在お住まいの地域内で見つけられるでしょう。特...

長野県は山間部も非常に多く、高齢化に伴う過疎地域も近年多くなっている傾向があります。このような地域では自動車の運転ができない高齢者も非常に多く、また若い人たちがその地域から離れてしまっていることも多いため、日常的な生活もあまり活発に行うことができない現況があるのです。そのため、このような地域の高齢者の活動の場所として通所介護施設は非常に重要な意味を持っており、古くから朝帰ってきた状況があります。こ...

奈良県には通所介護施設が数多くあり、日帰りで介護施設に通って食事や入浴など日常生活での介護や機能訓練などのサービスを利用希望者に提供しています。施設を利用する事で閉じこもりがちになりがちな被介護者の引きこもりや孤立を防げますし、他の利用者とのコミュニケーションも可能になるなど、社会参加や交流の場としての役割も担っています。その他に家族の介護負担を軽減するという側面もあり、介護をする家族にとっても、...

山口県にある通所介護施設の数は、2019年の現況では700件ほどです。山口県内で最も多いのは下関市で、160件ほどになります。そのため下関市内ではさまざまなタイプの通所介護施設があるので、希望に合わせた施設に通いやすくなっています。下関市以外で多いのは、宇部市と県庁所在地である山口市です。現況では宇部市と山口市にはそれぞれ100件前後の通所介護施設があり、その他の地域よりも多くなっています。山口県...

徳島県の2019年・令和元年の時点においての通所介護施設の現況を見ると、まず施設の数は県内全域で270軒程度あります。このうち3分の1近くにあたる84軒が徳島市内にあり、近郊を含めるとその4割以上が徳島市かあるいは近い街に集中しています。徳島市を離れると、通所介護施設が少なくなっており山間部に関しては施設数は多くありません。山間部や田舎部の場合、高齢者にとっては施設までの移動がなかなか難しいことも...

福岡県の通所介護施設の現況は、1206の施設が登録している状態です。通所介護は、デイサービスセンターなどで提供されるサービス全般を示します。デーサービスに通所して、入浴や排泄、食事などの介護や常生活を送るうえで必要となるサービスや機能訓練を行います。福岡県の通所介護施設には、利用定員が19名未満の施設は換算されていませんので、実際に施設数は、現状より多いものと見込まれます。通所介護を利用できるのは...

全国的に少子高齢化が進んでいる現在の日本では、介護施設やサービスの充実が急務となっています。東京や埼玉、神奈川、それに大阪、福岡など大都市圏のある都道府県を別とすれば、高齢化と同時に人口減少も各地で進んでいるため、介護の人材不足が深刻です。長崎県においてもそれは同様であり、特に若者が福岡などの大都市に流出してしまうため、介護ケアのための労働力が大きく不足しています。外国人労働者の受け入れが始まった...

熊本県にある通所介護施設は、2019年の現況で約800件あります。800件のうち300件近くは熊本市内で運営されていて、各区ともに大きなバラツキはありません。熊本市内では、比較的バランス良く通所介護施設が整備されている現況です。熊本市の他に熊本県で多いのは、八代市です。熊本県の南部に位置する八代市は、県内でも2番目に人口が多くさまざまな施設が充実しています。そのため通所介護施設の数も県内で2番目に...

通所介護、いわゆるデイサービスは要介護者がデイサービスを行なっている施設に通い、入浴・排泄・食事など日常生活の一連の介護、訓練を受ける日帰りの介護サービスのことで、一般的なスケジュールは、サービスを行なう施設担当者が9時頃自宅を訪問し、施設に案内、健康チェック・入浴・昼食を摂ります。午後から訓練・娯楽・趣味の時間を経て夕刻16時頃に自宅に送るというのが流れになります。宮崎県の介護サービスには、居宅...

通所介護は日帰りで施設に通い、食事を始めとした身の回りの世話や日常生活上の介護を含めた機能回復訓練を受けることができるサービスです。介護が必要になると外出することも少なくなり、家族との接触が主になってしまい引きこもりになりがちですすが、施設で他のサービス利用者とコミュニケーションを取ることでストレスの解消にもなり、介護する家族にとっても負担を軽減できることから利用者が年々増加傾向にあります。鹿児島...

通所介護施設とはデイサービスセンターなどに介護を希望する老人などが通い、日帰りで食事や入浴などの日常生活の補助が受けられる施設になっています。自動車による送迎がついていることが大半なので、一人では遠出できないような独居老人でも、自宅ではなく施設で介護職員による支援が受けられるというのが特徴になっているのです。老人ホームのように施設に泊まることは余程のことがない限りありませんので、基本的には朝かお昼...

多くの通所介護施設では、それほど1日の流れに差はありません。どこを利用しても同じような流れなのであれば、できる限り自分に合った通所介護制度を利用したいところです。近年では介護通所施設にも、オリジナリティーあふれた強みを取り入れているところが多く見られます。つまり通所介護施設も競争の時代であり、競争に打ち勝とうとするために、それぞれの特色を出しているということです。例えば次の週に自分が利用する際の昼...

通所介護施設とは、日帰りで様々な介護サービスを受けられる施設のことをいいます。食事や入浴、レクリエーションなどの介護を受けることができ、送迎も付いているので安心して利用できます。通所介護施設を利用するメリットには、体を動かしたり他の利用者や施設のスタッフと交流することで心身のリフレッシュが図れるということがあります。自宅にこもって外に出る機会が減ると筋力も衰えやすくなりますし、他人と全く触れ合わな...

通所介護施設では、多くの場合レクリエーションが取り入れられています。レクリエーションを取り入れることによって、脳機能や身体機能を発生することに期待できます。例えばクイズなどの頭を使った遊びや言葉を使ったゲーム、何かを作るなどの指先を使った作業をすることによって、脳が活性化することになります。これが認知症の予防や進行を食い止めることができると期待されています。また脳だけではなく、健康を維持する方法と...

青森県の2018年度の調べでは青森県の人口は約120万人、そのうち老年人口が40万人で毎年右肩上がりで増加しており、少子高齢化の流れもあり今後もさらに増えることが予想されています。通所介護施設の数はおおよそ400弱で、需要に対してその数が懸念されているのが現況です。県の調査でも施設や人員の不足から申し込みがあっても断ってしまったり、交通手段が無いことから遠方の施設に通ったり、訪問を依頼することがで...

岩手県内の通所介護施設で、現況最多の数があるのは盛岡市の133件です。続いて奥州市の46件と花巻市の42件が続きます。デイサービスと予防デイサービスが殆どの施設で行われており、これに訪問介護と予防訪問介護がそれぞれの施設毎に加わって行く事が多くなっています。盛岡市や奥州市等は施設も多いですが、施設が多いという事は選択の必要があるという事です。その為には通所介護とはどういう物であるかという事を、まず...

秋田県は雪深い地域ではありますが、海に面していることもあり、比較的自立を意識している高齢者が多いです。日本を代表とする祭りなども多いので、観光も盛んで高齢者の割合が年々増加しているにも関わらず、自分で生活をしていこうという意識が高いです。秋田県の場合秋田市の他、大館市や男鹿市など大きな市があります。こういった比較的大きな市では通所介護施設も多いのが現況で、秋田市の場合は2019年100を超える数が...

山形県では、現況で通所介護施設を最も多く持っているのは山形市の71件となります。これに鶴岡市の53件と酒田市の43件がトップ3です。他にも米田市の31件等もかなり多い方と言えます。通所介護施設を使う場合には、どういった目的で使うのかを事前にある程度明確化し条件に一致した施設を探すのが基本ですが、そのサポートをしてくれるケアマネージャーの選択もとても重要になります。通所介護施設を利用するには、まず介...

平成30年の1月に、新潟県は高齢者保健福祉計画という指標を発表しました。分かりやすく言ってしまえば高齢化社会が益々深刻になるため、介護や福祉の分野に県として力を入れているといった計画です。このことも踏まえて令和元年の新潟県における通所介護施設の現況は決して悪くなく、設備強化や介護人材の定着促進、認知症の人やその家族を支える環境づくりなどが活発になされていると言えます。特定の老人ホームやケアハウス、...

栃木県の通所介護施設は128ありますが、そのうち95は宇都宮市に集中しており地域格差が大きな課題となっています。人口約6万人の下野市、約8万人の日光市のようにそれぞれ1つの事業所しか存在しない市もあるほか、認可事業所が存在しない市町村も多数あり、宇都宮市を除きその多くを認可外の事業所に頼っているのが現況です。特に通所介護施設の少ないエリアでは申し込みが殺到し、遠方から通わなければならなかったり長距...

群馬県は山間部も多いことから介護施設は多種あります。通所介護施設の現況は、2019年現在600か所が対応しており、高崎市や伊勢崎市といった市街地以外の、邑楽郡や佐波郡、甘楽郡といった地域においても平均して10か所ほどは対応しています。通所介護施設はデイサービスとも呼ばれており、自立した生活を送ることができるよう、そして家族の介護に対する負担を軽減するように設置されており、要支援1や2の方は利用する...

千葉県の通所介護施設を利用する高齢者は増えているのですが、施設の現況は実はこれまでは増え続けていたのですが近年は減少していると言われていて、中でも小規模な通所介護施設が少なくなっていると言われてます。厚生労働省の調査でも2016年には少数ですが前年と比べて減ってます。超高齢社会が問題になっている中で千葉県など地域の施設はとても重要ですが、それに伴うのが税金の負担です。年金や医療など社会保障費は増え...

令和になり、高齢化社会もますます進展する日本では介護に対する関心も高まっています。神奈川県で通所による介護サービスを提供している介護事業所は現在、約1900件ほどあります。また、予防のための通所リハビリが可能な事業所が約270件あり、全体的に神奈川県は他県と比較すると通所介護施設数は多いという特徴があり、このような通所型の介護施設では機能訓練や集いの場などの日常生活支援が行われています。そして、今...

通所介護施設は要支援3〜5までの人が利用でき、可能な限り日常生活を送れるよう実施されます。自宅にひきこもった人の孤立の解消・心身機能の維持、家族の介護の負担の軽減を目的として準備・実施されるものです。一般的な利用の流れは朝の9時頃、施設担当者が自宅に迎えに来て施設に移動、入浴・食事・静養・娯楽などを行い、夕方4時頃に自宅に送り届けます。高齢者同士の交流も図ることができ、趣味を深めることにも繋がりま...

山梨県のデイサービス、通所介護施設の現況は350件以上の施設が立ち並び、甲府市を中心に各地で利用できるようになっています。350を超える施設の内、最も数の多い甲府市は約100件となっていて、沿線の各駅にあまり関係なく、広範囲に施設が点在している状況です。一方で人口が次ぐ南アルプス市については、通所介護施設の数は半数以下の40件ほどで、こちらも広く分布する形となっています。甲府市と南アルプス市はちょ...

富山県内には、おおよそ200の通所介護施設が開設されていますが、そのほとんどは社会福祉法人やNPO法人が運営しており、その次が生活協同組合で株式会社などの企業が運営しているのはごく僅かとなっているのが現況です。富山県の人口は1980年代に110万人と突破してから現在まで100万人前後で推移し、年齢別の人口比では平成30年度の調べで65歳以上の老年人口が31.9%となっており、今後ますますの通所介護...

石川県の通所介護施設いわゆるデイサービスは、令和元年2019年現況において、約400件ほどの施設が確認されています。一番施設が集中しているのはやはり人口の多い金沢市で、180件から200件の間で推移している状況です。金沢市に次ぐのは小松市と白山市で、いずれの地域でも約30件の通所介護施設が点在します。加賀市は20件台で、野々市市と能美市や河北郡に七尾市、かほく市と羽咋、鳳珠郡はいずれも10件ほどに...

岐阜県では現況では、推計人口が2035年までに、およそ46万人ぐらい減少していくことが予測されています。しかし1947年から1949年までの3年間に誕生した団塊の世代が高齢者になることもあって、今までよりも高齢化が急速に進んでいるのです。2020年に65歳以上の人口がピークを迎え、2030年に75歳以上の人口がピークになることが予測されています。2035年には、およそ3人に1人ぐらいが高齢者になる...

愛知県では急速に進行する高齢化に備えるため、高齢者の方が住み慣れた家庭や地域で人として尊厳を持って生活をしていくことが可能な社会づくりに全県的に取り組んでいます。愛知県ではそのために、介護保険サービスの充実や地域包括ケアシステムの県内全域での構築を進め、通所なども含めた介護サービスに取り組んでいる状況です。愛知県では、現在、通所型の介護を受けらえる施設は約1300あり、通所型介護サービス施設では入...

三重県の通所介護施設の現況は、2019年時点で800件を超えています。県庁所在地の津市と四日市市に120件ほどあり、この2市の数は他の地域に比べると多めです。その他の地域では松阪市と鈴鹿市に80件ほど、桑名市と伊勢市には70件ほどの通所介護施設があります。三重県の通所介護施設では一般的なデイサービスの他に、ショートステイや予防デイサービスなどが提供中です。予防に力を入れている通所介護施設も多いので...

滋賀県は面積が4000平方キロメートルで全国的に見ると小さい部類に入り、人口は140万人と全国のちょうど中間に位置しています。滋賀県内の人口を見ると大津市の34万人を筆頭に草津市の14万人、長浜市と彦根市の113万人と続きます。滋賀県の特徴としては、全国的に人口が減少している中で増加していることで、総務省が発表した人口推計によると47都道府県で人口が増えた8都県のひとつに挙げられています。他は東京...

福井県は、若狭湾が有名な場所で、一つの県に海と山とを感じることができる地域となっています。様々な町が合併し新たな市を形成していますが、それでも市と町がだいたい同数あり、海の地域と山の地域では生活環境が異なることがあります。福井県は観光も盛んなため、高齢者も比較的自立しています。特に海沿いの場合はその傾向があり、自分の足で動く、ということを意識しています。ですが、福井県自体も福祉に力を入れており、通...

和歌山県には現況、数多くの通所介護施設があります。その数は5百箇所以上にもなり、和歌山市には2百箇所以上もあります。次に多いのが田辺市で、40箇所ほどです。紀の川市にはおよそ30で、海南市や橋本市にもほぼ同じ数があります。西牟婁郡や有田郡・日高郡および岩出市には二十数箇所あります。東牟婁郡にはおよそ20ほどあり、有田市や伊都郡および新宮市には十数箇所です。御坊市には10箇所ほどあり、海草郡には5箇...

平成の時代が終わり令和の時代が既にスタートしていますが、大阪府の通所介護施設に関する現況には年号の変化は影響を与えていません。大阪府は人口そのものが多いことも影響して高齢者や認知症の患者数が多く、通所介護施設の数も東京に劣らないほど多くなっています。社会保障費をめぐる現況は決して良好とは言えないものの、通所介護施設で受けられるサービスの質そのものは平成の頃と変わらず良くなっていますので、大阪府なら...

京都府の面積は4600平方キロメートルで全国でも小さい部類に属していますが、人口はおよそ260万人と多く、人口密度としては全国10位にランクインしています。前年度と比較した人口増加率はマイナス18500人と減少傾向にある中、総人口に占める65歳以上の割合はおよそ30パーセントで、全国的に増加傾向にあるものの全国平均と比べても3パーセントほど高くなっていることが特徴です。今後も高齢者率は高くなると予...

兵庫県内で開業している通所介護施設は1700以上あり日本国内では首都圏に次ぐ数を誇っていますが、他の都道府県と同様に人口比から見てみると需要に対してまだまだ数が少ないのが現況です。その中でも医療法人が経営しているサービスの人気が高く、万が一体調不良や疾病などがあった場合に系列の医療機関で適切な診断や治療を迅速に受けることができたり、必要があれば入院もできるなど総合的な医療体制が整っていることで安心...

岡山県の人口はおよそ190万人と全国でも上位に位置しているものの、人口増加率ではマイナス1.1パーセントと減少傾向にあります。その中で高齢者人口は昭和25年から現在まで年々増加しており、現時点での高齢化率はおよそ30パーセント、人口にして約180万人と、全国的に見ても高い割合です。岡山県内で見た場合、県の中心である岡山市の高齢者率は25パーセント前後と低いながら、高梁市や新見市、美作市などは40パ...

広島県の人口は1995年をピークに減少し続けていて2010年から2015年までの5年の間に、およそ1万7千人ぐらいが減少しました。そして2015年から2025年までの10年の間に、およそ15万5千人ぐらい減っていく見通しです。その一方で1995年の時点では45万6千人であった高齢者の人口は、団塊の世代の人たちが高齢化することによって2015年には77万4千人にまで増加しています。その後2025年ま...

鳥取県の通所介護施設は、厚生労働省の検索サイトで検索を行うと345の施設が登録されている現況です。2015年の鳥取県の人口に対して65歳以上の割合は29.7%ですので、高齢化率が全国平均の26.6%よりも高いことが分かります。さらに今後も、高齢化率が上がると予測されているので、鳥取県の通所介護施設の設立は急務でしょう。現況では、345の施設が登録されているので、地方の都道府県では平均的な登録数です...

令和を迎え、高齢化が進む島根県でも介護サービスに対するニーズや期待はますます高まっています。島根県では通所介護は居宅サービス事業とされ、訪問介護と同様にニーズが増えている現況です。これは地域包括ケアシステムの構築を目指す上でも重要な視点で、住み慣れた地域で生活することを希望する高齢者の方が安心して居宅した状態で介護サービスを受けられることを目的にもしています。島根県で最も多い居宅介護の形態は、訪問...

愛媛県は、特に高齢者の状況を詳細に分析している傾向があり、それに伴って通所介護施設などの充実や現況をどのように扱うのかを年度ごとに計画している傾向があります。現実的にも介護保険事業に力を入れていますので、その推移と現状を確認すれば適所介護施設の現況も確認しやすい状況になっています。愛媛県の試算では2025年に高齢者のピークを迎えることがわかっているため、通所介護施設における介護職員の充実や補填に力...

香川県の介護施設は、厚生労働省の検索サイトを閲覧すると現況では1598件が該当しています。その中で、通所介護施設は、432件ですので他の四国近県と比べてもやや少ない数字となっています。これは、香川県が全国一面積の狭い都道府県であることから納得が行きやすくなるのではないでしょうか。しかし、過去には香川県の介護老人保健施設普及率は全国8位にランクインしているほどなので、老人介護福祉への取り組みは広く行...

通所介護は一般的にデイサービスと呼ばれているもので、利用者が自宅で可能な限り自立した日常生活を送れるように定められて制度です。自宅の高齢者の孤立感の解消・心身機能の維持や、家族の介護負担軽減が主な目的です。利用する施設は19人以上の利用ができ、施設内では入浴・食事・機能訓練などを日帰りでサービスの提供を行ないます。一般的なデイサービスの流れは、朝9時頃自宅を訪問し施設に移動、入浴・食事・機能訓練・...

大分県は日本の九州地方の東に位置する県で、大分市が県庁所在地になります。日本では高齢化が叫ばれていますが、大分県も例外ではありません。むしろ、全国の中でも高齢化が進む地域で、高齢化率は全国平均を大きく上回っています。県内の人口に占める65歳以上の割合はすでに30%を超えていて、今後もさらにその割合は増えると予想されます。高齢者の福祉で重要なのは介護施設ですが、その中には日帰りで利用できる通所介護施...

佐賀県には現況、通所介護施設が557箇所あります。佐賀市には最も多い150箇所があり、次いで唐津市に85箇所、伊万里市に51箇所あります。鳥栖市と武雄市には40箇所ずつがあり、嬉野市には30箇所、小城市には27箇所となっています。杵島郡には26箇所で三養基郡には24箇所、神埼市には23箇所、鹿島市には19箇所です。多久市には15で西松浦郡には11あり、藤津郡には6箇所、神埼郡には5箇所となっていま...

北海道は日本で一番大きい都道府県であるため、通所介護施設の数も大変多いのが現況です。2019年の現況で、札幌市だけでも580か所を超える通所介護施設があり、旭川市では110か所、帯広市や小樽市でも50か所を超える数が存在しています。北海道という地形上海に囲まれ山も豊かであるので、市ばかりではなく郡も多いのですが、大きな市に関わらず郡においても通所介護施設は多くあり、福祉に力を入れている印象となって...