株式会社インベスの太陽光発電関連記事→記事一覧

青森県は本州最北端にある県ですから、冬になると積雪が発生する地域になります。太陽光発電において雪がパネルに積もることは、もっとも大きな敵となりうるものです。このため降雪地帯に太陽光発電を設置することは、あまり効率的ではないというイメージがあります。しかし、設置するさいの工夫として角度を付けることやパネルの滑りやすさのあるものにすることによって積雪が発生しても勝手に滑り落ちるようにすることは可能です...

岩手県の太陽光発電の現況は、2019年度においても順調に数を拡大させているという背景があります。これは、岩手県特有の事情が存在することとも無関係ではありません。そもそも、岩手県では2011年に東日本大震災という大規模な災害に直面したこともあって、自主発電による備蓄の重要性が叫ばれました。電力会社から電力を安定して供給してもらうことは確かに大切ですが、それ以外にも災害時に自分たちで賄うことができる電...

太陽の光のエネルギーを電気に変えて使用することができる太陽光発電は、地球温暖化の原因と言われている二酸化炭素を出さずに電力を生み出すことができる発電システムです。全国的に導入が推進されており、補助金制度がある自治体も多いのですが、秋田県でも太陽光発電システムを推進しているため補助金を交付している自治体が多い県になっています。秋田県は、全国的にも豪雪地帯として知られている雪国で冬期間は日照時間短い傾...

山形県は、平成24年に太陽光発電元年と言う施策を打ち出し、非常に太陽光発電に力を入れている間でもあります。広大な経由地をモデルケースとし、大規模な太陽光発電の施設を設置して、その発電量は原発行分を目標に様々な実証実験を繰り返しているのが実態です。さらに各家庭に対する太陽光発電の推進に関しても、積極的に補助金を提供するなどの視察を打ち出しており、これにより山形県の太陽光発電の現況は非常に芳しいものと...

宮城県は東北最大の都市でもある仙台市を含む県で、北側は岩手県・南側は福島県・西側は山形県・北西部は秋田県と県境を持ちます。宮城県の東側は日本海や仙台湾に面しており、東北地方最大の離島といわれている気仙沼大島や奥州三霊場の一つとされる黄金山神社がある金華山と呼ぶ島、田代島・網地島・宮戸島や複数の島で構成されている浦戸諸島などの島々も含まれます。島の中には本土から橋を渡り行き来が可能なところもあります...

エネルギー問題が叫ばれている昨今、太陽光発電も全国的にだいぶ広がりを見せてきました。事業者が手掛ける大型のメガソーラーから、戸建て住宅用の物やポータブルな物まで多岐にわたる太陽光発電が存在します。福島県の太陽光発電の現況はどのような状況になっているのでしょうか。福島県には東日本大震災で甚大な被害を受けた福島第一原子力発電所があります。福島県では県内で再生可能エネルギーがまかなえるように様々な取り組...

新潟県でも太陽光発電は再生可能エネルギー発電として将来の環境負荷を低減させる手段として注目され、設備を導入して発電に取り組みたいという人々によって個人や企業として導入されています。そうした人々をとおして再生可能エネルギーの取り組みを促進するために、新潟県では促進事業補助金の募集も行われました。2019年には新潟県再生可能エネルギー発電設備導入促進事業補助金の募集なども行われています。新潟県での補助...

茨城県は関東エリアの北東部に位置する県で、県庁所在地は水戸市です。水戸市は県内最大の都市でもあり、人口約27万人(2019年6月時点)の市です。水戸市の1年間の日照量は、全国平均と比較した場合上回っているのが特徴で、2011年から2013年の茨城県茨木市の日照量平均時間は2180.9時間、全国平均では1973.3時間です。茨城県内の発電所の数は749か所あるといわれており、総出力は13,670.4...

茨城県は関東エリアの北東部に位置する県で、県庁所在地は水戸市です。水戸市は県内最大の都市でもあり、人口約27万人(2019年6月時点)の市です。水戸市の1年間の日照量は、全国平均と比較した場合上回っているのが特徴で、2011年から2013年の茨城県茨木市の日照量平均時間は2180.9時間、全国平均では1973.3時間です。茨城県内の発電所の数は749か所あるといわれており、総出力は13,670.4...

群馬県の太陽光発電は、2019年に至っても順調に拡大あるいは優位に保持できているといえます。実際に、10kW未満の整備導入件数は全国規模でみてもトップクラスで5年前と比較すると5倍から10倍程度にまで増えています。2019年度には、余剰電力の高価買取政策が終わってしまう背景がありますが、こういった事情をきちんと説明したりどういった対策をとれば良いのかをアナウンスしている努力もしています。ただ、群馬...

埼玉県は日本でもっとも太陽光発電に適している気候条件を持っているかもしれません。埼玉県の太陽光発電の現況から、その理由を見ていきましょう。2011年は太陽光発電にとって大きな曲がり角になった年です。東日本大震災とそれに伴う原子力事故により電力のバランスが見直されました。埼玉県は計画停電が実施された地域であり、エネルギーのバランスの大切さに直面した地域といえます。これまで主流だった火力や原子力といっ...

東京都は日本の首都で人口密集地であり、多くの企業が集中しているので電力消費量も高くなっています。このような地域なので発電所を設置するにはスペースが無い上に、設置するために必要な広大な土地を確保できないという理由から、別の地域で発電したものを送電線を使って送って使用することが多いでしょう。太陽光発電では巨大な太陽光パネルを広範囲に設置するのが一般的であり、東京都では条件的に難しくなっているのですが、...

千葉県は、関東の東南部に位置している県で、房総半島を擁しています。千葉県といってもその県域で性質が大きく異るもので、東京に近い西部においては、ニュータウン開発が進み、また東京湾沿岸には工業地帯やウォーターフロントが広がっています。このため都市化が進んでいる地域ですから、太陽光発電を設置する余裕はなく産業用に関しては工場跡などを除けばほとんどありません。一方で、県東部は平野が続いており、農村地帯が広...

神奈川県の太陽光発電は、事業として行われる場合に県による補助が実施されています。ただし、現況では補助を受けるために停電時にも電力を利用するための蓄電設備を併設することが条件となっており、申請時に契約書などの書類を提出しなければなりません。これは神奈川県での「かながわスマートエネルギー計画」として実施されており、太陽光発電設備のさらなる普及に向けての取り組みとして行われています。具体的な補助内容とし...

エネルギー問題が議論されている昨今、太陽光発電がだいぶ広がりを見せてきています。企業の取り組みで比較的大掛かりな太陽光発電や、また個人の家の屋根などにも太陽光発電機が取り付けられているのを良く目にするようになりました。東京から東海道新幹線に乗って西へ向かうと東京から離れるにつれ、車窓から田園や畑などののどかな風景が見られるようになるのですが、近年はそのようなひらけた土地に大きな太陽光発電機が設置さ...

山梨県は東京都の南西に位置する県です。総面積はおよそ4465平方キロメートルで都道府県別面積ランキングでは32位と平均よりやや下の順位ですが、富士山を始めとして八ヶ岳や南アルプスといった山々がその約8割を占めているため、可住地面積での順位は下から3番目の45位、人口ランキングでも42位となっています。県中央部には甲府盆地が形成されているため盆地特有の内陸性気候を呈しており、年間降水量が少なく日照時...

長野県は東京の西側内陸部に位置する県で、日本でも数少ない海に接していない内陸県です。およそ13600平方キロメートルと国内でも5本の指に入るほどの広大な面積があるものの、北アルプスや飛騨山脈、明石山脈などの大規模な山岳地がそのほとんどを占めているため、可住地面積はおよそ3300平方キロメートルと総面積のわずか24パーセント程度まで縮小されています。しかしながら、緯度は高いものの山間部を除いた地域の...

富山県は北陸地方に位置していて、日本海に接しているのでカニやイカなどの水産業が盛んであり、農業も米を中心に行っていて、第一次産業が活発な地域です。また精密部品などの工業製品や古くから行われている製薬の関連会社も多く、働く場所が豊富なので経済的に豊かな地域の代表だと言えるでしょう。これは持ち家率と住宅の大きさで日本では常にトップクラスにあることが証明していて、娘が嫁入りする際には豪華な嫁入り道具を持...

石川県は北陸の能登半島にある県であり、戦国時代から前田利家によって栄えてきた場所です。大手の建設機械メーカーが本拠地にしている他、工業製品の製造が盛んに行われているだけでなく、輪島塗りや加賀友禅といった伝統工芸品も有名であり、漁業と農業でも特産品があるといったバランスの取れた地域と言えます。石川県は産業的にはとても充実していますが、北陸の日本海に面しているという地政学リスクから降雪量が多い雪国にな...

岐阜県は本州に中間に位置する県であり、山地が九割以上を占める地域ですが、精密機器を中心とした工業が盛んな場所になっています。平野部が少ないので農業人口はそれほど高くなく、古くは山地を利用した林業が基幹産業になっていました。しかし材木価格の低迷と後継者不足が顕著になり、現況では従事する人も少なくなっているので、中心になる産業は工業になっています。岐阜県は戦国時代から優れた刀剣を作るとして有名であり、...

愛知県は自動車を中心にした工業が盛んに行われていて、工場を見ることが多くなっています。ただ平野部がほとんどで山地が少なく、河川にも恵まれているのいるので農業従事者も多く、とてもバランスの取れた地域です。太平洋に面しているので晴天になることも多いのですが、近くに岐阜県や長野県の高い山脈があるため、そこから吹き下ろす冷たい空気で以外に雪が降ることが多くなっています。ただ降雪量が多いわけではなく、冬以外...

自然エネルギーとして注目される太陽光発電システムは、休耕地や空き地等を有効活用する無駄のない最も身近な電力供給手段として昨今各地において急速普及を向かえ増え続けている現況を懸念し、三重県では美しい自然や周辺の景観に配慮する必要性を案じ、太陽光発電施設を今後新たに設置する際決められた様式による専用書類や見取図の他現場写真等の届出が必要でありこの審査を行っています。三重県が独自に定める景観計画及び各ガ...

滋賀県は海に面していない内陸の県ですが、日本一の大きさを誇る琵琶湖が有名であり、全体的に緑が多い自然豊かな場所です。大阪府と東海地方の中間に位置しているので、その利便性で古くから発展を続けてきた場所でもあり、工業と琵琶湖の水と肥沃な大地を利用した農業が盛んに行われています。滋賀県は琵琶湖が中央にあるので気候的には安定していますが、場所によって気候には差があります。その理由は中部地方にある高い山脈か...

福井県でも国のクリーンエネルギーの推進の動きが見られ、自治体向けの補助金制度と固定買取制度が魅力的だったことで拡充し、太陽光発電設備は県内の各地で見ることが可能です。一般住宅の屋根に設置されたり、物流・工場などの産業拠点の屋根に見られる他に、空き地や日当たりの良い山間部などの場所、市内の平野部で農地転用で有効活用による設置を見ることができます。ところが福井県内では、現況では太陽光発電の2019年問...

奈良県は、近畿地方にある内陸の県で奈良公園の鹿や東大寺の大仏で有名です。一方で、地理的に見ると可住地面積は全国でもっとも少なく、その殆どが奈良盆地に集中しています。奈良県の太陽光発電の現況としては、非常に盛んで住宅向けや産業用メガソーラーの設置も行われています。理由としては気象条件で、山間部では霜が降りるものの積雪は県南部のより標高の高い地域を除けばほとんど発生しません。また日照時間も奈良県平均で...

日本の最北端に位置する北海道は、およそ83500平方キロメートルと日本で最大の面積を誇ります。都道府県別面積ランキングでも2位の岩手県から8位の青森県までの合計面積と匹敵するほどの広大な土地を有していますが、可住地面積はおよそ22000平方キロメートルと総面積のわずか26パーセント程度で、人口密度も1平方キロメートル当たり70人と、東京の6015人と比較してわずか86分の1と全国で最下位に甘んじて...

太陽光発電はクリーンな電力源として昨今注目度が高くなっており、太陽光発電設備の導入なども進んできました。太陽光発電は、発電時に温室効果ガスの排出なしに自然資源を活かせることなどから、その普及を促進するための取り組みが全国的に行われています。和歌山県でも持続可能な社会の実現に向け、様々な取り組みが官民セクターで行われています。こうした和歌山県の太陽光発電の現況として、昨今この県の環境にふさわしい太陽...

大阪府の太陽光発電は、過去の推移からみても非常に順調な経緯を辿っている現況です。これは、太陽光発電によってもたらされる出力の推移をみていけば一目瞭然です。基本的に、大阪では府全体で供給されている太陽光発電の出力量が、住宅専用のものと非住宅専用のものと2つに分けて統計的なデータがとられています。この点、太陽光発電の出力限定でみても住宅用も非住宅用も著しくその数値が伸びていることがわかります。例えば、...

京都府は、他の県と比較しても太陽光発電の設備認定件数が多い傾向あります。他県では導入累計数は多くても1万は超えないことが多いのですが、京都府に関しては2010年代の前半に1万を超えていて、2016年には2万を突破しています。この流れで2019年も順調にシェアを拡大している傾向がありますので、日本国内でも有数の太陽光発電の産業を確立させている都道府県であるといえます。京都府がこういった現況になってい...

兵庫県は近畿地方の最西端にある県で、南側は瀬戸内海に面し、北側は日本海に面しており、また日本最大の島である淡路島を有する面積の広い自治体です。このため、県が行う行政サービスでも一箇所に集中するのではなく、総合出先機関として7つの県民局と3つの県民センターが設置されているなど地域によって特色が大きく異ります。兵庫県での太陽光発電の現況としては、都市化が進んでいない地域や山間部などに多く見られます。特...

岡山県は、晴れの国と呼ばれるほど晴れの日が多く、日射量も多い地域です。日射量が多いだけでなく、月別の日射量が全国平均を上回っており季節ごとに極端な差が無いので、一年を通して比較的安定した発電量を確保しやすく、太陽光発電に向いている地域になっています。また晴れの日が多く、日射量も多いということに加えて、雨や雪が少ない地域でもあることが大きなメリットで、雨や雪による発電ロスを抑えやすいため年間を通して...

自然エネルギーである太陽の光を利用して電気を生み出す太陽光発電は、地球温暖化の原因になる二酸化炭素の排出量を削減することができる発電方法です。広島県は人口が多く、企業や工場なども多いため二酸化炭素の排出量は増加傾向にあるため、太陽光発電を推進しています。広島県は、全国第3位の日射量を誇る太陽光に恵まれた地域で、比較的雪が少ない地域が多いのでパネルの破損や雪による制限が少ないので太陽光発電に向いてい...

鳥取県は日本海に接した山陰地方にある県であり、日本で一番人口の少ない県になっています。全国的に有名なのは鳥取砂丘であり、他にもカニなどの水産物や梨などの農産物が広く知られていて、製造業が少なく第一次産業を中心にした地域です。西部に中国地方ではよく知られた大山があり、中央部から南は中国山地が連なっているため、半分以上の面積を山地が占めています。この山陰地方の特徴として挙げられるのは、年間を通じて雨が...

島根県は日本海に面した山地が八割以上を占めているという特徴を持ち、人口が日本の中でも少ない県に属していて、企業数もあまり多くなく、農業や漁業といった第一次産業で生計を立てている人の割合が高くなっています。人口が少ないのに面積が広いことから、利用されていない土地は相当な面積があり、高齢化から農地を所持していても耕作できない場所が拡大していることも起因して、休耕地が拡大傾向にあります。土地があって産業...

山口県は本州の最西端に位置していて、明治維新で活躍した長州藩が基盤になっています。多くの偉人の出身地でもあり、古くは平家と源氏が戦った壇之浦や宮本武蔵と佐々木小次郎が決闘をした巌流島があり、観光地としても有名です。そして特徴的なのは北部と南部では産業や天候など違いが多く、全く違う顔を見せているということでしょう。南部地域は瀬戸内海に面していて、山陽新幹線の開通や中国自動車道の影響で発展が続き、特に...

最近は暑さが本格的になり、直射日光が厳しいと感じていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。そんな中、この太陽を逆に便利なほうへ活用しようというのが太陽光発電です。太陽光発電は火力発電や原子力発電のように燃料を必要としないため排気ガスやCO2、燃えカス、使用済み燃料の処理なども発生しません。ですので、各自治体によって違いがありますがソーラーパネルの設置において補助金が出る仕組みがあります。愛媛県も...

香川県は、他県と比較しても太陽光発電に関して積極的な取り組みを行っているといえます。現況も順調で、2019年現在においてもシェアを増やしている傾向があり、再生可能エネルギーへの住民の理解は広がりつつあります。こうした再生可能エネルギーの事業が良好なのは、香川県全体で太陽光発電などへの理解を深めるための取り組みを行っているからです。例えば、ガイドラインの策定です。基本的に、太陽光発電については国の政...

高知県の太陽光発電の導入件数は、年々増えている現況があります。2014年4月の段階では累計数が1000程度だったものが、2017年では3倍の3000にまで上がっています。2019年現在でもこの傾向は変わっておらず、再生可能エネルギー全般への関心は高い現状を保つことができています。高知県のこういった現状が存在するのは、太陽光発電などの再生可能エネルギーへのガイドラインがきちんと決められているからに他...

徳島県は、年間の平均日照時間が全国的にも長い地域なので、太陽光エネルギーに大変恵まれています。深刻化している温暖化問題の原因のひとつとされている、二酸化炭素を排出しないクリーンな太陽光発電に取り組んでいる地域でもあります。化石燃料を使用する火力発電とは異なり、太陽光発電は自然エネルギーを使って発電を行うので、二酸化炭素を排出しないため地球温暖化防止に効果的で、徳島県の家庭や企業において利用すること...

福岡県は九州の北部に位置する人口約511万人(2019年6月時点)の都市で、全国第9位の人口を持つ県です。福岡県の北部は響灘や玄界灘などの日本海に面し、東部は周防灘の瀬戸内海、大牟田市などの築後地方においては有明海に面しているのが特徴です。県中央部は筑紫山地が連なるエリアで、筑後川・矢部川・遠賀川などの流域や宗像・京築エリアは平野が広がる水田地帯が形成されています。また、福岡県には能古島・玄界島・...

九州地方は太陽光発電が進んでいる地域です。2010年までの普及率の全国平均は3.9%ですが、九州地方はすべての県で平均を超えています。トップは6.4%の佐賀県で、熊本県が6.1%、宮崎県が5.9%と続きます。大分県は4.7%で第4位となっていますが、これから成長が期待されています。大分県の太陽光発電の現況をもとに、これからの展望を描いてみましょう。大分県は温暖で晴天率が高い地域です。年間の日照量は...

佐賀県の太陽光発電の現況を説明します。実は全国でもっとも太陽光発電が普及している都道府県は佐賀県です。住宅用の太陽光発電の補助金申し込み件数のデータによると、全国平均が3.9%のところ6.4%を記録しています。申し込み件数は3179件です。なぜ佐賀県は全国でもっとも太陽光発電が普及しているのでしょうか。地域性や佐賀ならではの事情をもとに紐解いていきましょう。佐賀は九州地方の北西部に位置します。長崎...

長崎県は九州の北西端に位置する県で、県庁所在地および最大の都市は長崎市です。県の特色としては、五島列島や対馬、壱岐島などの離島が含まれている、島の数は47都道府県の中でも最も多いことやリアス式海岸を有することからも海岸線の長さは全国で1位もしくは2位といわれている点です。離島が多い県などからも島での生活に欠かせない電気は、それぞれの島の中で発電が行われているのが特徴でもあり、長崎県の発電所の数は1...

世界的に問題になっている地球温暖化の原因になる二酸化炭素の排出量を削減する方法として、自然エネルギーである太陽光を活用して電気を作り出すのが太陽光発電です。二酸化炭素を出す燃料を必要とせず、空気汚染もないため地球環境に優しい発電システムで、熊本県でも助成金を交付するなどして設置を推進しています。熊本県の日照時間は、全国順位で17位であり、快晴日数も年間で約33日と比較的多いこと、日照時間が長いこと...

宮崎県は九州の南部に位置していて、天候が安定して太平洋に面しているため、暖流の影響を受けて一年を通じて温暖な気候を維持しています。九州は中心の役割を担っている福岡県以外は農業や漁業が基幹産業になっていて、宮崎県は温暖な気候と平野部の割合が高くなっていることから、農業の盛んな地域になっています。そのために農地はかなりの面積がありますが、他の地域と比較しても高齢者の割合が高くなっていて、後継者不足から...

鹿児島県の太陽光発電の現況ですが、2019年8月時点での発電所の数は364か所あり、総出力量は約912MWを保持しています。太陽光発電以外の再生可能エネルギーでは、地熱発電が6カ所で約63MW・風力発電が28か所で約262MWです。鹿児島県は九州南部に位置するエリアで、九州の県本土以外にも薩南諸島も含まれており、屋久島・種子島・奄美大島などの離島も県領域です。鹿児島市の2013年度での年間の日照時...

沖縄県での太陽光発電の現況は、2009年度から2019年度では接続量で10倍以上もの数値になっています。10年前と比較すると遥かに接続量が増えている現状にあり、それだけ再生可能エネルギーが沖縄県に浸透してきている現状があるといえます。これは、余剰買取における太陽光発電の設備導入件数をみても明らかです。2014年当時では4700程度だったものが、3年後の2017年には7000以上になっています。より...